泥をかぶるのも勇気
2012年08月08日(水) 12:35
本業の歴史の話

 この写真の人物は誰だかわかりますか?この男の名前は榎本釜次郎。そう、後の榎本武揚です。ここ北海道にも縁のある人物ですが、昔から私の中で、今一つ印象が悪いんですよね。幕末、明治政府に抵抗し蝦夷共和国を樹立するも、あえなく降伏。そしてその後は、明治政府に仕え要職を歴任した政治家。そういうイメージがあるためか、世間からは「裏切り者」とか「保身術に長けた男」などという見方をされているのも事実。

ただ最近、彼についてちょっと調べてみた時、私の中に、そんなイメージとは別の榎本像が浮かび上がってきたわけです。

 
 時は文久2年(1862年)、榎本はオランダへ留学することとなります。

5月に江差に行った時に知ったことですが、幕府はオランダに軍艦『開陽』を発注しておりました。榎本らはこの開陽の受け取りの任に絡めての留学だったようです。そこで国際法や軍事知識、造船や船舶に関する知識を学んだわけです。ですから当時の国際情勢を知っていた貴重な人材だったわけです。

 慶応4年(1868年)1月の鳥羽伏見の戦いが起こり、榎本はこの開陽の艦長として参戦するも、大坂城を守るはずの徳川慶喜は将兵を見捨て極秘裏に逃亡。上陸中で榎本が艦を離れているうちに、これに乗り込み江戸へ向かわせます。

 世界を知り、国際感覚を持った榎本の目に、果たしてこの徳川慶喜という男はどのように映ったのでしょうか?

 江戸城を無血開城の際、勝海舟は西郷にこう言いました。

「薩摩や長州はそのまんまなのに、徳川家だけが領地没収、武装解除と、どう考えてもおかしいじゃねぇか!」

 そこで勝は西郷に「無血開城するかわりに、徳川家にはそれなりの待遇を用意するんだろ?だったら、それに応じた兵力は持ったままでかまわないんじぇねか。」という妥協点を探り了承させました。

 この段階で、徳川家の最大に切り札が軍艦『開陽』だったわけです。これ一隻で制海権を握れるというわけです。

 しかし、旧幕府残党の彰義隊が、新政府の大村益次郎の前にわずか1日で壊滅させられると、状況は一変。勝は徳川家に200万石はあてがうだろうと皮算用していましたが、何と70万石。そうなると『開陽』は明治政府に引き渡しとなります。

 榎本はこれを不服として抗戦派の旧幕臣とともに開陽、回天、蟠竜、千代田形、神速丸、美賀保丸、咸臨丸、長鯨丸の8艦から成る旧幕府艦隊を率いて脱走します。私の感覚では、幕府とか徳川家がどうのこうのではなく、自分たちが手塩にかけた、軍艦をむざむざ薩長に取り上げられるのは、我慢ならないという心境だったと思います。
 
 途中、新選組や奥羽越列藩同盟軍、桑名藩藩主松平定敬らを収容し蝦夷地(北海道)に逃走するのは周知のこと。土方や中島三郎介、ブリュネなどの意地と信念の人たちとともに。

 明治2年5月、箱館湾海戦により艦隊を失い戦局は劣勢が決定的となり、ついに榎本は降伏。榎本は、オランダ留学時代から肌身離さず携えていた「万国海律全書」を、蝦夷征討軍海陸軍総参謀黒田了介(黒田清隆)に送った。黒田はその行為に感激し、自らの頭を丸め、熱心に助命嘆願活動を行いました。この辺りは、意地と死地を求め、斬り込みを敢行し戦死した土方や、降伏勧告を断り、最後まで戦い散った中島らと違い、榎本はどうも卑怯者に見えてしまう部分です。私も若いころは「何逃げてんだよ、責任者だろ、お前は!」という見かたしかできませんでしたが、年を取ると違って見えます。

“泥をかぶるのも勇気なんだよなぁ”

当時の人間も彼のこの行動は評価しないものも多かったはず。実際福澤諭吉もそのように彼を批評しました。なぜ降伏したのか…そこまで格好悪いことを選んだのも、彼が“日本の近代化”を強く願ったからなんでしょうね。死んでいく者には、その仕事はできないわけだから。


榎本公園へ


 しばらくして、黒田の誘いもあり榎本は新政府に仕官し、大臣の要職を歴任。“戊辰戦争で死んでいった者は地下で地団駄を踏んでいることだろう”と言われる所以ですが、その彼は、我々にもなじみ深い仕事もしてました。

 彼が逓信大臣の頃、「〒」のマークを発案したそうです。当初「T」でしたが料金不足の表記と混同するおそれがあるため、一本追加して「〒」。逓信の「テ」にも通じる見事なマークです。

 ここから現在の話です。わが町江別に「榎本公園」なる公園があります。とはいえ、非常にマイナーな公園で37年住んでいる私も当初ぴんと来なかった公園です。場所は国道275号線新石狩大橋の手前を東に600mの所にあります。実はここがわが町“江別発祥の地”なのです。

 江別開拓は明治4年(1871年)に宮城県人21戸76人が、対雁(ついしかり)に入植したのが始まり。…でなぜそこが現在榎本公園なのかというと。

 箱舘で敗れ、降伏した榎本は捕えられていましたが、「これからの日本に必要な人間(そりゃそうだ、当時の国際法を学んでおり、外国との交渉には必要だろう)
として3年後釈放。中央での仕事を断り(遠慮して)、北海道開拓使長官の黒田の誘いに応じ開拓使に勤務するかたわら、対雁に個人的に10万坪の土地を取得して農園を開いた。この跡地が「榎本公園」というわけ。

 そんないわれの公園ですが人っ子一人おりません。周りは現在は工業団地なので、もしかしたら昼食時に工員たちが集うのかもしれません。

 そこには何と騎乗姿の榎本武揚の勇ましい像があるとの事。それがこれ!

 ベンチから見上げるにはちょっと高すぎるところにある銅像。幕末好きな方には、見逃せないポイントです。
 
 西洋通な彼は、実はべらんめぇな江戸っ子。当時流行な欧化政策に批判的で、園遊会などではいつも和装だったから意外です。薩長の藩閥の中、旧幕臣という立場は肩身が狭かったろうに思えますが、私心のない姿勢が当時の人の心をとらえたのかもしれません。教科書では足尾鉱毒事件を教える際に、田中正造はやりますが、農商務大臣だった彼の仕事ぶりは出てきません。

 榎本は政府として初めて予防工事命令を出し、私的ながら自ら初めて現地視察を行いました。そして国が対応すべき公害であるとの立場を明確にし、抜本的な対策に向けて行動し、道筋をつけると自身は引責辞任。

 晩年、奇行から同郷の薩摩閥からあまされた黒田を気遣い、彼の葬儀委員長も務めることとなりました。こんなエピソードを知ると、「卑怯者」「保身術の男」などというイメージが払しょくされるのではないでしょうか。
Drinking Alone with the Moon
2010年11月30日(火) 12:03
大人になってわかること…

 数年前、自作のスタンドを作ってみた。時代劇に出てくるような行灯が欲しくて。まだまだ、腕も未熟だったため、本当見よう見まねで作りました。そのとき、行灯に何を書こうかと…、と考えたとき、頭に中で好きな漢詩が浮かんできました。

「よし、それで行こう」

そう思ったのが、李白の『月下独酌』でした。
高校時代、漢文は大好きでした、とはいえ漢文の文法とか何やらは正直ちんぷんかんぷんです。ただ、中国史が好きだったおかげで、『史記』やら『十八史略』とかは興味津々で読んでおりました。ですから教科書の『四面楚歌』なんかはもう黙っていても暗記していたほどです。

ただ、悲しいことに受験向けの漢文の授業が面白いはずがありません。
漢詩なんかも、当時は大して興味ももっていません。ですから李白とか杜甫とか聞いても「ふーん」でした。

 ちなみに北宋の時代、保守派の政治家であり詩人の蘇軾は王安石の新法にやぶれ、左遷されちゃいます。左遷地で蘇東坡と名乗り、そこで豚の角煮を作ったからその料理を「東坡肉(トンポーロー)」って言うんだと世界史の授業で話したりすると結構生徒は「へー」っと関心を持ってくれます。ただ蘇軾という詩人が『赤壁賦』という漢詩を作ったというより、その人物が見えてくる気がします。

 高校生の時分、酒を飲むという行為の本当の意味を知っていたとは思えません。ですから李白の漢詩を読んでも何だかよくわからなかったのだと思います。


遥かなる雲漢に…



『月下独酌』

花間一壼酒 (花間一壷の酒、)
獨酌無相親 (独り酌んで相親しむもの無し。)
舉杯邀明月 (杯を挙げて名月を迎え、)
對影成三人 (影に対して三人と成る。)
月既不解飮 (月既に飲を解せず、)
影徒隨我身 (影徒らに我が身に随う。)
暫伴月將影 (暫く月と影とを伴い、)
行樂須及春 (行楽須らく春に及ぶべし。)


我歌月徘徊 (我歌えば月徘徊し、)
我舞影零亂 (我舞えば影零乱す。)
醒時同交歡 (醒むる時ともに交歓し、)
醉後各分散 (酔うて後は各々分散す。)
永結無情遊 (永く無情の遊を結び、)
相期遥雲漢 (相期す遥かなる雲漢に。)

花が咲いている場所に酒を持ってきたのだが
そこには、共に飲んでくれる友もいない(ま、いいか。)。
だったら杯を高々と挙げて、夜空の月と飲もうじゃねぇか!
おお、月と俺と俺の影、これで仲間が三人になった。
ま、月は酒を飲まないし、
影はひたすら俺の周りに随うだけだ。
ともかくこの春の夜、しばらく月と影と一緒に楽しもう。

俺が歌えば月がゆらゆら、
俺が舞えば影は激しくゆらめく。
しらふの時は一緒に楽しみ、
酔った後はそれぞれが別れていくもんだ。
月と影という、この無情なやつらと楽しんだあと、こう言うんだ。
「また遥かな天の川で一緒に飲もうぜ!」


月と飲む


 独りで酒を飲む…少なくとも高校生の飲み方ではないですよね(注:法律により未成年の飲酒は禁止されております。念のために!)
李白は、おそらく周りにいつも人が集まってくるタイプの男だったでしょう。だから、楽しく陽気に馬鹿騒ぎしながら酒を楽しんでいたはずです。

 酒の上での失敗も多かったようで、宮仕えした時、玄宗皇帝お気に入りの権力を持った宦官に対し、酔って「おい、宦官!俺の靴を脱がせろや!」と叫び、満座の前でそれをやらせたそうです。おそらく評判の悪い宦官でしたので、周囲は李白の行為に溜飲が下がったことでしょう。でも彼は即、左遷されてしまいます。こんなエピソードを知ると、たちまち李白という男が魅力的になりますよね。

 高校の受験国語の時間の彼は、取り澄まして「詩仙」とかいう肩書きで呼ばれる偉い男でした。でも少し調べてみると、ソグド人系(イラン系)の男で、身体も大きく、若いころは無頼で任侠の世界にいたこともあったようです。イラン系となると何だかダルビッシュなんかをイメージしてみたりすると面白いかもしれませんね。そして、その後、仙人になるため道士の修行に入ったそうです。

 その後の彼は漂泊を続け、詩と酒と旅と女、そして月を愛していきます。

玄宗皇帝に気に入られ、宮廷に仕えるも、そんな生活に彼が耐えられそうにもありません。宮廷にはおそらく彼の求める自由は無いだろうし、心から信じられる友もいない。そこにいるのは彼におべっかを遣い擦り寄ってくる類の人間と彼の才を妬み、足を引っ張って追い落とそうとする輩たち。

 そんな煩わしい人間関係の中で飲む酒が旨いはずはありません。月と影とに飲む李白はどこか自由でどこか悲しげです。先の宦官とのトラブルはそう考えると、都から離れ自由になろうとした為の行為だったのかもしれません。

 李白の最期は病死のようですが、異説があります。私は出来ればこの異説を信じたいです。

 李白は、船を浮かべ、独り水面に映る美しい月を楽しみながら、独り酒を飲んでいた。そして、彼は水面に映る月を取ろうと手を伸ばし… 水中に消えていった。そういう最期だそうです。

 何だか間の抜けた、でもどこか悲しいラストです。でもこちらの方が李白らしいんです。

 月と飲む…酒を飲んで半殺しにされた、どこぞの天狗歌舞伎役者にゃわからん、酒の楽しみ方じゃないですかね。
ロシア皇帝の密かな愉しみ…
2009年07月04日(土) 00:02
破天荒な皇帝!


 世の中にはお節介な人っていますよね。中には悪気が全然ない分だけ始末の悪いという場合も多々あります。

 歴史上にもそんな迷惑な人物ってたくさんいますが、少なくとも先輩や上司にいて欲しくない人物といえば、ロシア皇帝「ピョートル1世(大帝)」でしょう。どんな人物かというと17世紀ロマノフ朝第5代のツァーリ、初代のロシア皇帝であり身長2mを超す巨体(足のサイズは30cm)で、ロシアを西欧化するため様々改革を断行した行動力あふれるリーダーです。当時のロシア貴族の特徴でもあったアゴヒゲを禁止する『髭税』なんかも断行しています。

 そういう意味では偉人なんですが、このお方、とにかくやる事が破天荒なんですよ。


 彼が26歳の時、ヨーロッパ文明を学ぶため、ロシア皇帝でありながら自ら偽名を使って使節団の一員となり、ヨーロッパ各国を回ったそうです。

 訪問したオランダ、アムステルダムでは造船技術を学び、何と造船所で船大工として働いたそうです。巨体の皇帝は自らハンマーを振るって、作業をしていたそうで、周囲の人間は、うすらでかいこの男がロシア皇帝だなんて誰も思いもしなかったでしょう。他にも医学や天文学、植物学などを貪欲に学びます。

 こうして書くと知識欲・好奇心旺盛な英明な君主のイメージがしてきます。このイメージ、けっして間違いではないと思います。…でもね…。

 外科手術や歯科医療をロンドンで学んだ彼は、抜歯器具を買い込みました。当然道具があれば使ってみたくなるのが人情。帰国後、家臣たちの虫歯を麻酔なしで抜くのを趣味にしたそうです。 もちろん当時の抜歯術は今とは比較にならないほど荒っぽいもので、虫歯どころか歯茎までも損傷する勢いでした。

 友人が「ねぇ、虫歯抜かせて?」と聞いてきたら迷わず「嫌だよ、冗談じゃない!」と断れますが、相手は困った事にロシア皇帝です。もう最高にパワハラですよね、これって。
 本人は特段サディスティックな嗜好の持ち主と言うわけではなく、純粋に身に付けた技術を実践したいという向学心の延長だったのでしょう。悪意がない分始末に負えません。屈強なロシアの男たちも、皇帝の前ではさぞや震え上がったことでしょう。

 この破天荒な皇帝の最期も当然我々を驚かせてくれます。伝えるところによると、晩年のピョートルは膀胱炎を患っていたのですが、真冬の海に入って溺れた漁師を助けたために病気が悪化し、1725年1月28日に死去したという記述があります。

 …病気なのに、真冬のロシアの海に飛び込んだ?しかも溺れた漁師を助けるため?…この皇帝陛下は正気なんでしょうか?全く意味がわかりません。誰か、家臣を使って救助させようとは考えなかったのか?だって皇帝なんだから周りに人はいるでしょうに。周囲の警護の人間も、いきなり病を患った皇帝が海に飛び込むのを黙って見ていたのでしょうか?人間、体力だけは過信してはいけませんね。このエピソードを聞くと、家臣の歯を抜こうとする彼って、ある意味とても純粋な男だったんだなぁと思えてきます。残念なのは学んだのが歯科医療ではなく、料理とかだったら、家臣たちも幸せだったかもしれませんね。


恐い人…
2008年11月13日(木) 22:48
 今日は車ネタではありません。皆さんには「恐い人」っていますかね。人生の中でたくさんの人と出会いますが、恐い先輩、恐い先生、恐い上司…一人くらいはいますよね。しかし「恐い」にもいろいろ種類がありますよね。私の本業は歴史の先生なんで、歴史上の人物で恐い人といったら、それはもう数え切れないくらい登場します。そこで私が思う恐い王様は?

清国皇帝 雍正帝



 えっ、この人恐いの?という声が聞こえてきます。「何だか優しそうじゃない、このおじいちゃん」…この顔にだまされちゃいけません。

 この雍正帝は勤勉で真面目な皇帝で「名君」という評価が一般的です。昔、麻雀が流行したこと憂慮した雍正帝は麻雀禁止令を出したそうです。しかしそういっても麻雀好きな人々はそう簡単にはやめられません。そこで麻雀大好きな大臣たちが深夜自宅に皇帝に内緒で集まり、ジャラジャラ始めたそうです。何局も打っていたのですが、そのうち何故か牌が1枚なくなってしまい、「仕方ない、今日はもうお開きにしよっか。」ということになったそうです。
 翌日、眠そうな大臣達に雍正帝が「お前達、ずいぶん眠そうだが昨夜はどこで何をしていたのだ?」と尋ねた所、大臣は正直に「実は昨夜…」と答えました。すると雍正帝はにこりと笑って「ほどほどにいたせよ。」と言いながら大臣の手に何かを握らせて、去って行きました。怒られる…と思い固まっていた大臣もちょっとだけホッとしました。「皇帝陛下は許してくれた…」そう思い、何かを握らせた掌をそうっと開いてみました。すると皇帝が握らせたものはというと、昨夜大臣宅で紛失した一枚の麻雀牌でした…。その瞬間、大臣たちは冷や汗をダダーってかいたのは言うまでもありません。
「馬鹿モーン!」と磯野波平がカツオを怒るように怒鳴ってくれた方がまだましですよね。こんな上司はちょっと嫌です。

 | HOME | 

▲RENAULT LUTECIA3 RS ▲RENAULT Kangoo1 1.4 ▲FIAT MULTIPLA 
▲HONDA BEAT ▲Bianchi ROMA2 ▲Bianchi ALCAVALLO
第1位
最も人気のある記事
フレンチベーシック  ルーテシア3が短期...(→続き)
第2位
最も人気のある記事
4桁プジョー  世の中には、邪道と呼ばれるも...(→続き)
第3位
最も人気のある記事
CLIO PH1〜2  ルーテシア(クリ...(→続き)
第4位
最も人気のある記事
 ここ北海道で、輸入車といえばドイツ車を指すことが...(→続き)
第5位
最も人気のある記事
花見がしたい…  ここ北海道もすっかり桜がき...(→続き)
第6位
最も人気のある記事
小雨になったぜ!  風と雨にやられて、全...(→続き)
第7位
最も人気のある記事
タクシーのお話…  といっても、普段自分で運...(→続き)
第8位
最も人気のある記事
仏蘭西から来た男 FBPネタ第三弾です。今回...(→続き)
第9位
最も人気のある記事
蝦夷地名物、ブラックアイスバーン!  雪道運...(→続き)
第10位
最も人気のある記事
 1007もご帰還 ということで、ちょっと遅くな...(→続き)

momo-cafe
Special Thanks to 通信制高校

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET