閉店
2013年05月04日(土) 18:34
懸案事項…


 今朝、所用で郵便局に行きました。駐車場に停めると隣のアルトのおじさんが、しげしげとルーテシアを見ています。正確に言うと、ルーテシアの足元をです。
 結構信号待ちで隣のクルマがルーテシアの足元に視線を送っているのに気が付くことが多いです。そのおじさんもしばらく眺め「ほほぅ」とい顔をしておりました。

やはりルーテシアRSのフロントフェンダーの“穴”が気になるのかな?

 実は私はこれとは違って気になることがあります。どこかというと、タイヤ…。
この間夏タイヤに換装しましたが、どうも調子が悪いのです。まずはロードノイズと細かなヴァイブレーション。ホイールバランスの狂いも考えられますが、どうやらタイヤの減りが主要因ではないかと。けっこう気にし出したらもう気になります。近いうちにタイヤ新調検討しないとならないようです。


長沼へ…


 昼ごろ、ルーテシアでぶらりドライブ。方面は渋滞と無縁な所がいいと長沼へ向かいました。実は長沼に行こうと思ったのはもう一つの理由が。
 お気に入りの長沼の絵本屋さんぽこぺんさんのHPが最近なくなってしまったのです。もともと更新されていなかったのでしたが、なくなったということはお店閉めてしまったのか?もともと土日にしか営業していないお店なので、そうしょっちゅう行くことが出来ないのですが、いつも行くと店主の飛島さんがにこやかに迎えてくれ、とても居心地の良いお店です。

 お店の前を過ぎた時、一台の青いパンダが停まってます。「あれ、あそこがぽこぺんのはず…」何だかいつもと違う雰囲気。とりあえずまずは昼食ということで、ぽこぺんの近くのレストラン『里日和』へ。



 そこで料理を待っているうち、スマートフォンでサイト閲覧していて知りました。

 ぽこぺんの飛島詩子さん、4月中旬に亡くなられていたことを。


 食事後、改めてぽこぺんへ。


 ここにあった大きな看板はすでに外されておりました。


 そして先ほど見た青いパンダが停まっています。おそらく片付けの方のクルマかな。


 そして、閉店を知らせるホワイトボードが。


閉店のお知らせ
                    2013年3月1日より

 2002年春、札幌で絵本屋ぽこぺんを開店し、2004年 初秋長沼に移転してから地元、苫小牧、岩見沢、美唄、札幌等から、遠所から来て下さりました。
 赤ちゃんから子育てのお母さんお父さん、恋人さん、読み聞かせの方、教師たち、読書運動をしている方たち、又、人生にふと立ち止まった時、“ぽこぺん”の本を求めにいらして下さった皆さまに、愛された、絵本屋でした。
 店主の一身上の都合により閉店することになりましたが、長い間皆さまに助けられ、それを喜びと力にし続けられたことを、深く深く感謝しております。
ありがとうございました。

                            店主 飛島 詩子

というメッセージが書かれておりました。

素敵なお店で、まだまだ欲しい本もたくさんあったお店でした。

本当に残念ですが、飛島さんの御冥福をお祈りいたします。


 江別市内の本屋で発見して「おおおお!」と思ったのがこちら。『からすのおかしやさん』。何とあの名作『からすのパンやさん』の続編です。何と40年もの歳月を経て、かこさとし氏が書き下ろした新作。しかも新作はこれだけではなく、4冊のからすのパンやシリーズが出ます。あのパン屋のこどもたちが大人になったお話。これは是非とも揃えねば。
モデルハウスへ行こう!
2012年09月18日(火) 23:30
お部屋改造は…

 合宿明けの敬老の日、オフなのでゆっくり寝られます。しかし、年を取ると昔みたいには寝られないもので、7時頃には目が覚めてます。

 朝食後、塗り終わっていない居間の漆喰塗りを行い、昼ごろ完了!塗ったばかりの場所と乾燥した場所とで、色がずいぶん変化するのわかりますよね。この勢いで次々漆喰の場所を増やしたいですが、今回はここで一旦終了とします。壁を乾燥させる間、どこか行こうということでやってきたのが、ここです。


BESS札幌展示場へ…



 ログハウスなどの家を販売するメーカー、「BESS」。札幌展示場と謳ってますが、江別にあります。うちからすぐそばで、毎日通勤で通るので気にはなってました。5棟のモデルハウスがあり、受付をすませたら、後は自由に見てきていいそうです。スタッフも付いて来ないので冷やかし全開な私らにはありがたいシステムです。

 これが、ここのマップです。

 手前のまん丸いのが『ドームハウス』。丸い住宅です。この建物は事務所として使用されております。その隣が『ハンドヒューンログハウス』。典型的なログハウスです。

 中はこんな感じ。何だか気分はCWニコルといった所でしょうか?

 さらにその隣の『カントリーログハウス』まではウッドデッキでつながってました。

 さっきの『ハンドヒューンログハウス』と比べて、ぐっとカントリー風なログハウスです。ベッドから空の見える子供部屋なんて、子供なら楽しそうです。

 私の個人的な趣味で言うと、好きなのはこの『ワンダーデバイス』というガルバリウム鋼板と木材で囲まれた住宅。

 入り口に大きな黒板のパネルが。これなら作れるので、パクリましょうか。

 ソファーの部分は土間になっており、外から靴ままアクセスできます。窓を開けたら、ウッドデッキとつながる仕掛け。1階の隠し部屋が作られており、「どんでん返し」のような仕組みで部屋に入れるなど、遊び心満載。どんでん返しに憧れているんだよなぁ。

 2階の天井には蜘蛛の巣と蜘蛛がぶら下がっております。そして2階から1階までは“すべり棒”で降りることもできます。ハンモッグ何かもあり、人を呼ぶと、ニヤッとされそう。

 最後は『ジャパネスクハウス 程々の家』。これも好きだなぁ。リゾート地のペンションのよう。ウッドハウスで「和」を表現した何とも素敵なお家です。


ちょっと一息


 BESSから出て、近所に最近オープンしたお店へ行きました。『日本茶 甘み処 あずき』(江別市野幌寿町9−8 011−375−8764)

 新しいお店なので、きれいで落ち着いた店内の雰囲気です。BGMのJAZZも心地いいですね。オープンしたばかりなので、まだまだオペレーションがどこかぎこちありませんが、それまた新鮮です。

 注文したのは私は「抹茶白玉あんみつ」、モモヤナギは「白玉あんみつ」。和の水オーツもおいしいです。われわれはこのスイーツはもちろんですが、漆喰塗りの内壁に興味がいってました。

 何か、雑貨・家具が欲しくなって、あれこれ周りましたが、結局行きついたのはホーマック。そこで木材とペンキを購入してテレビの上の、壁に飾り棚を作ってみました。結局またまたDIYとなっちゃいました。
郵便局と雑貨な日
2012年08月02日(木) 23:23
カングーといえば…

 以前、ブログをリンクさせて頂いている“髭さん”から、作成してもらったステッカー。早く貼りたいなぁという事で、まずは洗車から。ワックスがまだ効いているので、水洗いです。カングーは全高が高いので、天井洗うには、このように脚立が必要です。

 洗車が終わると、ようやくステッカー貼り。ステッカーをどの位置に貼るかで、センスが問われます。今回、黄色のカングーですので、“LA POSTE”=フランス郵便局バージョンです。とはいえ、大人ですので完全レプリカする気はないので、エッセンスだけ戴きなコンセプトです。

 まずはテールゲート左の“RENAULT”ロゴの上にペタリ。

 そして、ルーフレールの部分にもペタリ。

 反対側にも、ペタリ。

 こんな感じです。一見目立ちませんが、そのさりげなさがいいのです。よく見ると、ビート、ルーテシアという黄色軍団がチラリ。

 リア周りはこんな具合です。うーん、いいねぇ。黄色のボディに青いステッカーが映えます。髭さんありがとうございます。

 …で、気になるトラブルはというと、明日夏休暇明けのルノーへ行き、修理の打ち合わせをしに行こうかなぁと思います。お金はないですが、けっこう頻繁なので、安心のためにも修理が必要ですし。


気になるお店へ


 カングーを郵便屋さんにした後、以前から気になっていたお店『PASTILLE』(江別市大麻桜木町18−9 011−386−6866)へ。いつも通り過ぎてしまうんですよね。

 お店の由来は、フランス語で“ドロップ”の意味。缶の中から何が出てくるかわからないドキドキ感を表現しているそうです。

 お店の中には、ちょっと懐かしい生活雑貨がいっぱい。田舎のおばあちゃん家にあったり、子供のころ家にあったグラスや食器などが目をひきます。

 開店してから6年目だそうですが、以前は下宿屋さんを改装したものだと伺いました。

 レジの横にあったホーロー看板が目に入ります。「緑町東3丁目」。聞いてみると、偶然お店のご主人がここを通りかかった(江別市の地名です)時、家屋の取り壊し工事をしていたそうです。そこで、頼んでこの看板を譲り受けたそうです。おそらく戦後間もない頃に作られたものでしょうね。
 で、なぜ気になるかと言うと、モモヤナギ曰く「この住所、ばあちゃんの住所だ!」という事。偶然なのですが面白い。ちなみに今日はそのじいちゃんの85回目の誕生日祝いにこの後、ケーキを持って尋ねる予定です。



 で、戦利品はというと…アルコロック ブルーのカップ&ソーサー。お店に入った時から実は気になっておりました。とてもきれいな青色。
 
 ちなみにアルコロックは1825年創業のフランスの大手業務用食器メーカのブランド。このブルーのカップはすでに生産が中止になっておりデッドストックものだそうです。もちろん耐熱ですので、温かい飲み物もOKですが、アイスティーや冷たいハーブティーなんてのを飲むとおいしそうです。
週末のドライブ
2012年07月09日(月) 22:04
コーヒーでも飲みながら…

 予約していたDVDがAmazonから届きました。北海道の月浦を舞台にした映画『しあわせのパン』。以前、このブログでこの映画を観に行ったお話を書きましたが、DVD出たら欲しいね、という話になってました。

 今回の初回限定盤では、劇中に原田知世扮する「りえさん」がカフェでつくる、季節の野菜の料理のレシピの入ったブックレットと、北海道地元放送局が制作し、道内のみで放送された、この映画のメイキングオブ番組を収録しております。

 ちなみに、この映画を観た後、監督によります原作小説を読むことをお勧めします。映画の劇中では、詳細は語られていませんでしたが、大泉洋扮する「水縞くん」と「りえさん」の関係が明らかになります。

 まだ映画を観られていない方、家族や大切な人とコーヒーでもおとしながら、ゆったりとDVD鑑賞してはいかがでしょうか。


『かわいそうなぞう』


 先日、札幌の白石にある『劇団一揆』による『一揆生芝居 VOL.16』に行ってきました。この劇団の代表の橋田志乃舞さんとこの3月から一緒にお芝居をつくる機会があり、その関係で今回の案内が来たわけです。

 劇団一揆の稽古場である地下で、皆さんご存じのお話『かわいそうなぞう』を上演したわけです。ちなみに『かわいそうなぞう』と言えば、我々の年代では、小学校の教科書にも載っていた有名作品。もう涙なくしては観られないわけです。ちなみに今の高校生に聞くと「え、それどんな話なんですか?」と聞き返されました。ちょっとびっくりです。

 小さな舞台ですが、その分、役者の気迫と熱気がびりびりと満員の客席に届いてきます。やはり生で観る舞台はいいものですね。


CDが鳴りました!


 前回お話したRENAULTの高級純正オーディオの続きです。「オーディオが届きました」という電話が、仏蘭西帰りのT野さんから入りました。お、これで、CDが聴けるぞ、ということでルノー札幌へ。作業をお願いし、その間、T野さんの仏蘭西土産話を伺っていると、FBPのCoogyさんと、おかずさんが登場です。

 今回は、中古オーディオが18900円、取り付け料2100円の計21000円也。ちなみにルーテシアのオイル交換もしなきゃならないのですが、忙しいので夏休みに入ったらすぐにお願いしようと思います。


さぁ、ドライブへ!


ルノーが出て、クルマを支笏湖方面へ向かわせました。その間、ちょっと遅いけど昼を買おうと立ち寄ったお店。『Vergine Baccano』(札幌市南区常盤1条2丁目1−17 011−593−5858)という石窯でやいたパン屋さんです。

 モモヤナギがカングーのドアを開けると、自転車に乗った小さな男の子が「パン屋さんだよ」と話しかけてきます。どうやらこのお店のお子さんのようです。


 お店の前には、今やオブジェと化したカマロが鎮座しております。
 いくつか、すぐに食べるパンと翌朝食べる「カンパーニュ」を購入。

それでは支笏湖方面へ向かいましょう。支笏湖までの道のりは、軽いワインディングです。カングーは絶対的なスピードは遅いもののコーナリングでは重心の高さを感じさせません。このコーナリングの安定性を楽しみながら、支笏湖湖畔に到着。

 今年も「葉っぱ星人」襲来です。支笏湖方面はクルマで通過はよくありますが、湖畔を歩いたりはずいぶんひさしぶりです。この日は曇りのせいか、視界は悪く、樽前山などは見えませんでした。

 この鉄橋の下は、千歳川。支笏湖を源流として流れています。

 湖畔のお店やホテルなども、新しい今風な所が増えておりびっくり。でも私のイメージの支笏湖湖畔はこんな土産物屋が立ち並ぶ景色。

 お次は『千歳アウトレットモール Rera』。そうここは、FBPが行われる会場です。ルノー札幌でCoogyさんと、ここの話をしているうちに、ちょっと行こうか、となりました。駐車場で偶然、シトロエンプリエルと遭遇。以前、豚丼屋さんで遭遇した個体でしょうか?


 二人でいろいろ見て歩きましたが、二人の共通の関心は生活雑貨。ということで、『mini puu』という北欧ブランドを中心としたセレクトショップへ。6月29日オープンのお店です。そこは大好きなムーミングッズも充実しており、アウトレットのムーミンのホーローのカップを購入。ちょっとだけ傷あり(ほとんどわかりません)なので格安(定価の1/3くらい)で販売しておりました。

 こちらは『フラン フランバザー』で買ったマグカップ。ついつい安かったので買っちゃいます。

そうそう、今年のFBP(フレンチブルーピクニック)は9月9日(日)に決定。場所は、ここ『千歳アウトレットモールRera』です。フランス車乗りの皆さん、ここ北海道ではマイナー存在ですが、この日のこの空間だけは、めちゃ熱いです。是非是非参加しちゃいましょう。なお、ディーラーではプジョーさんがなかなか、重い腰を上げてくれないため、プジョークラブ以外のオーナーさんは、その存在を知らない人が多いそうです。ぜひ、家族連れでも楽しめるイベントですよ。

ちなみに我が家は2台の仏蘭西車で参加予定ですよ〜!
カングーCAFEめぐり
2012年06月27日(水) 21:52
初夏の休日

 昨日今日と、ここ札幌近郊は、雲ひとつ無い晴天で気温も上がり、すっかり初夏がきたようです。今日は平日なのですが、開校記念日でお休みです。夜に長沼で所用があるので、日中はお出かけとなります。

 まずは長沼の「あいすの家」で、アイスクリームをいただきます。気温は午前中から上がってますので、絶好のアイス日和。

 その後、由仁にある『ゆにガーデン』へ。

 平日なので、他にお客さんも少なく、何だか貸切のようです。ふかふかした芝生の上を歩くのが何だか気持ちいです。

 



 ゆにガーデンの中に教会があります。ここでガーデンウェディングなんてにも行われているようです。

 この庭園内をぶらりと見て回った後、花の種をいくつか購入し、次なる場所へ向います。時間は昼なので、何か食べたいな、ということで探しましょう。

 暑いのでつるつると食べられる蕎麦屋を探し、ナビでルート探索。

ゆにガーデンを出発してほどなく、あまり嬉しくないこととなりました。何かって、頼んでませんが、日産スカイライン(現行)の後部座席の試乗に招待されたわけです。ドライバーと助手席の人は、言葉遣いもとても丁寧で、腰が低い方々。しかも二人は仲良く、水色のペアルックを着ております。

男同士でペアルックとは…。

スカイラインの後席はかなり広く、ゆったり。シートもしっかりしていて好印象。ただね、外装が白黒のツートンってのが、今いちセンスを感じませんね。帰り際、青色のチケットを頂きました。

 あ、ちなみにその後、到着した蕎麦屋は見事定休日…。

 もうこうなると、蕎麦などどうでもよくなり、以前から行こう行こうと思っていた、「こぐま座」(長沼町東2線北9 0123−88−1765)というカフェへ。

 古い民家を改装したカフェですが、何だかノスタルジックな店内で知り合いのお家に遊びに行ったような感じです。二階はギャラリーとなっており、色々な作家さんの作品(雑貨や服など)を展示販売しておりました。

 ランチを注文すると、調理担当のオサム氏は「うん、そう来たか。ご飯がちょうど切れていて、28分くらいかかるんだよ」と答えます。ホント何だか親戚の家みたい(笑)。その間、二階のギャラリーでも見に行ってごらんということで二階へ。

 そんなこんなで、ランチが完成。新鮮野菜に炊き立てのご飯。美味しいし、お腹いっぱい。で、お値段は1000円です。

 この後、コーヒーでも飲もうと、千歳市泉郷にある『cafe Harmony』へ。しかし、ここも残念ながら定休日でした。そこで気を取り直し恵庭へ向います。

 到着です。ここは『cafe 福座』(恵庭市恵南6−12 0123−32−0293)という落ち着いたカフェです。ここは、みんカラでお友達となっているシトロエンDS3オーナーの、petite souriさんのブログで紹介されていました。

 店内はとてもいい雰囲気です。店内だけではなく庭を見ながらテラスでも頂くことができます。



 日頃は忙しいんで、こんなにのんびりとカフェで過ごすことは難しいのですが、たまにはいいもんですね。
PIZZA no WA
2012年03月02日(金) 22:29
更新サボリがちですが…


 ここのところ、更新が停滞してます。なぜって、古い古いPCが絶不調。実は今しがたこのブログを書いて、更新ボタンを押した瞬間、全て消えてしまいました。そして更新するだけで1時間くらいかかる状況。水没事件で、業者がPC弁償代を二月中に振り込みます、と言ってましたが未だ音沙汰ナシ…。

 そんな中、この間気づきましたが、2月でこのブログを始めて7年目に突入するということ。よくもまぁダラダラと続けているものだと、自分でも驚いております。といことで、ゆるゆるとお付き合い願えればと思います。


オープンしたPIZZA屋さんは…
 


 今日は仕事の後、所要でヨドバシカメラへ行き、ちょっと遅くなったので帰りに何か食べて行こうということになりました。そんな中、昨日地域のフリーペーパー「まんまる新聞」で野幌にオープンしたピザ屋のチラシがあったので「お、ピザいいね」という話になってました。
 そこで、そのお店に行ってみようかと思い、野幌駅の南口方面に向かいます。


 こちらのお店は『PIZZA no WA』(江別市あさひが丘1番1号 011−389−4000)。テイクアウト専門のお店です。
 メニューは「なっとう」「ごま」「こんぶ」「おくら」「ごぼう」「とまと」「りんご」「さくらえび」「しいたけ」「じゃがいも」の10種。いずれもヘルシーピザと銘打ってます。そしてピザのサイズは23cm。


 で気になるお値段は、1枚一律800円。そしてオープン記念で3月中は700円となります。またオープン記念なのか、アンケートに答えたら次回、ピザ一枚無料のサービスがつきます。お店のお姉さんも愛想よく接客もいいです。


 ピザを買うとクルマの中は香ばしいピザの焼けたいい香りで一杯になります。私は“とまとPizza”を注文。バジルソースにトマト・ローストガーリックで食欲をそそります。

こちらはモモヤナギ嬢の選んだ“ごぼうPizza”。これはお店のお姉さんのお薦めメニューです。味噌ソースにごぼうという、和風な感じです。そして味噌ソースがどことなく甘く美味しいです。

 まだまだ気になるメニューもありますので、また近いうちに行ってみようかと思います。新しいお店がオープンしても、数年後なくなるケースが多いのですが、ぜひとも頑張ってもらいたいですね。
ソラヲ、ミル…
2011年08月31日(水) 22:23
この間の日曜日は…


 早いもので今日で8月が終わり明日から9月のようです。そういえば、先月の末、2回目のオイル交換を終えたルーテシアもそろそろ3度目のオイル交換のタイミングとなってしまいました。まぁ、8月ひと月で約5000kmは走った計算になりますので、いた仕方ありません。

 この間の土曜日、ムルプチ呑みオフを終えた翌日…。2週間ぶりの休みでしたので、さすがにいつもより遅い目覚めです。休みだから行きたい場所はあれこれありますが、この日は近場の出撃予定。

 8月28日、札幌マラソンが開催されているので、交通規制を避けるため、千歳方面へルーテシアを走らせます。とはいえ、目的はいつものごとくありません。そういえば次の日曜日はFBPで、また千歳に着ますから、まぁ予行演習みたいなもんですね。


 で、ついた場所は新千歳空港。ま、天気がいいので、飛行機でも眺めながら空港内をぶらりと観光客気分で見物してやれ、というわけです。
 そういえば、新千歳空港、気がつけば7月上旬にあれこれ改装されて、いろいろなアトラクションやショップが増えたみたいです。


 空港の展望台は、日曜ということもあり、家族連れでや航空機マニアで賑わってます。けっこう頻繁に離着陸を繰り返す、北の空。ボーッと眺めるにも楽しいものです。


 飛行機を眺めた後は、空港見物。新しく空港内に映画館や温泉も出来たようです。さらに人気だったのは『ドラえもん わくわくスカイパーク』というアトラクション。家族連れで賑わっております。ここはドラえもんのひみつ道具をはじめ、ドラえもんの世界が再現されているゾーンや、各国の言葉に翻訳された漫画、そしてドラえもんのグッズを販売しているショップもあります。


 眺めていると、いきなりのび太が出現。かなりの人気でした。思わず「のび太のくせに〜」とつぶやきそうになります。で、こののび太、相当デカイです。


 ここ来る前、車の中で「工場見学とかいいよね」なんて話をしていたら、空港内の、「Royce Chocolate World」では、チョコレート製造を見学できました。機械により次々とチョコレートが製造され、包装・箱詰めされる行程は大人も子どもも楽しめます。で、この行程にそって歩くとロイズのショップに到着し、さっきロボットが作っていたチョコが並んでいるという戦略です。

 帰り道、食材を買おうと、ジョイフルAKに行く途中、国道36号線がかなりの渋滞。この時高速の恵庭−北広島間が通行止めになっていた影響かもしれませんが、かなりの渋滞…。何とかジョイフルに着き、買い物をし、帰ろうと羊が丘通りで信号待ちしていたら、後ろから見た事のあるクルマがスーッと接近し並びました。そのブルーの車体に、鮮やかなオレンジの「ハロウィーン」マーク。そう、ご存知、過走行倶楽部の重鎮、DAHLIAさんの「パンプキン・トゥインゴ号」でした。

 今度の日曜日、また会いましょう(笑)でも、何か雨みたいですね、私雨男なんですよね、かなりの。
絵本にかこまれて
2011年04月28日(木) 00:29
丘の上の小さなお店


 オドメーターのぞろ目。前回の池田行きで4000kmジャストを撮り逃しました。ですから、今回は4444kmをパチリ。


 今回の目的地は『絵本屋ぽこぺん』。絵本好きな私らが以前から来たかったお店。夕張郡長沼町の丘陵地にある小さな絵本屋さんです。国道274号線から来るとわかりやすいのですが、江別市から行ったため、迷う迷う(笑)。何でナビゲーションがあるのに君は迷うのだい?といわれそうですが、ナビに「ピンポイント検索はできません。」とフラレてしまったからです。それでも何とか無事に到着しました。


 お店は、こんな感じの建物です。もう少し暖かくなると庭の花が咲いてきれいになります。

 このお店は、金曜日〜月曜日まで開店しています。この日は開店日なのですが、何故か、看板は「閉店」です。

 お店の中は、赤ちゃん向け、幼児向け、大人向けや、生命、平和など、ジャンルごとにたくさんの絵本や児童書、教育書が置かれております。お店には店主の飛鳥詩子さんがチョイスしたこだわり絵本でいっぱい。


 もう、絵本好きな人なら一日いても飽きません。新刊から、子どもの頃読んだナツカシの絵本まで幅広く用意されております。
 あれも、これも欲しいという気持ちになりますが、その中からとりあえずお互い一冊をチョイスしました。私が買った本の紹介は、また後ほどに。


田園レストランで…


 ぽこぺんで絵本を見終わった後、近くにあったレストランで昼食です。ここ『里日和(さとびより)』(夕張郡長沼町東7線南3号 TEL 0123-82-5257)は田園の中にあるお店。大きな窓と高い窓が印象的です。

 ランチは、野菜スープ・温野菜のパレット・メイン料理・デザート・ドリンクという構成です。
 温野菜のパレットには、複数のドレッシングから一つを選ぶことができます。ここは基本の白みそベースのドレッシングで頂きます。

 
 選んだ料理は長沼ハンバーグ。おむすびみたいな丸いハンバーグが特徴的です。


 デザートと食後のコーヒーを頂いて、1580円也。おいしかったです。ご馳走様でした。


選んだ絵本は?



 ぽこぺんで私が選んだのは『ルリユールおじさん』(いせ ひでこ作)。いせさんの絵本は以前から興味がありました。なんだかガブリエル・バンサンの絵にも通じる何かを感じておりました。
 店主の飛鳥さんも、いせ ひでこさんをイチオシしてました。

ページをめくると、彼女の作風である、「蒼」がとても印象的です。

 
 まるで、映画を観ているかのような絵本です。パリを舞台としており、一人の少女と老人の交流を描いています。
 大切にしていた植物図鑑が壊れてしまった少女は、本を修繕してくれる職人「ルリユールおじさん」を訪ねます…。

 近頃、電子書籍が発達してきましたが、本好きにはやはり紙の本に惹かれます。いまやフランスにも本を修理できる職人さんがほとんどいない状況も描かれております。読んだあと、心が暖かくなる絵本です。ぜひ機会があったら読んでみて下さい。
春の準備!
2011年02月27日(日) 22:29
2月ももうすぐ…

 ドアに何かイタズラを…ということで、定番の黒板消しです。とはいえ、今時こんなイタズラ、学校ではありませんが(笑)。

 そろそろ2月も終わり。もうすぐ、こいつの出番も近いです。3年目のビアンキ・ローマ2。今年はこいつでの通勤の回数を少し増やしたいものです。


タイヤを運んで…


 北海道でクルマを買うという事は、タイヤをもう1セット買わなきゃならないという事。2月納車ということは、スタッドレスタイヤは絶対必要ということです。困った事に、輸入車のホイールは、適合するサイズが少ないということです。
 営業のTさんから、ルーテシアRSに適合するホイールは「OZウルトラレッジェーラ」くらいだと聞いて、早速注文。
 ホイール・スタッドレスはディラーより「Fuji5days」がかなり安いという情報を得ました。スタッドレスの方が先に来ましたので、納車前にディーラへ持ち込んでます。で、アルミも国内に在庫があったため、結構すぐに入荷してました。

 ルーテシアの後席をたたんでお店へ向かいました。市内数店ありますが、一番自宅と職場に近い「札幌東店(札幌市東区東苗穂8条3丁目3−5 011−791−5555)」にお願いしました。スタッドレスタイヤ、本当はブリジストンの「ブリザックREVO GZ」を考えていましたが、これが結構いい値段。ブリジストンに近い性能と考えられるヨコハマなら安い安い。ということで「ice GUARD iG30」にしました。

 OZ ULTRALEGGERAはこんなホイールです。ディーラーに着いてクルマから降ろす時、「うわ、軽い軽い!」というのが感想。ルノーのメカニックの方も持った瞬間、「軽〜い」という声が挙がりました。という事で、このOZを夏タイヤに組み合わせてもらう事にします。

 ホイールを届けついでに、Tさんに、ここまでのルーテシアの報告をしました。一番のウィークポイントは初日に気がついた、ドア閉めずらいの件。コメントくださった「永尾」さんは、この問題をアームレストをディーラーで改造してもらい解決されたそうですが、HPで見る限り、かなりのクオリティで、本当に羨ましいです。Tさんには、このHPを見てもらい、何かいい方法はないかな?という雑談をしました。

 『三栄書房 RENAULT SPORTのすべて』と『MEGANE RENAULT SPORTのすべて』を購入。メガーヌの本にはDVDも付録で付いております。こういったムックは、あとあと楽しめますので、手に入れたかったものです。後は1/43のルーテシアRSのミニカーが欲しいなぁ。
江別おいしいとこ!
2010年10月17日(日) 20:57
SWEETS AND CURRY

突然ケーキを食べたくなりました。江別市緑ヶ丘24−9(tel 011-385-8903)にある『お菓子のアトリエ カリブー』。江別市内にはいくつかおいしいケーキ屋さんがありますが、個人的に好きなお店です。

 お店の中には、ケーキとコーヒを楽しめるカフェスペースもあります。

 ケーキの種類は多くはないですがどれも美味しいです。夜だったため、すでに売り切れた商品もありました。秋らしくモンブランを購入です。

 続いて、カリブーのそばにあるスープカレーのお店『CHUTTA(チュッタ)江別店』(江別市緑ヶ丘4番1号 TEL 011−389-4025)。札幌近郊チェーン展開をしているスープカレー店です。もともとはここは別のレストランでしたが、チュッタに変わったようです。ちょうど今1周年記念のキャンペーンを行っております。

 注文したのは「豚竜田」(1,050円)。辛さ・スープ(オリジナルorトマトベース)・ライスの量と種類(白米or玄米)が選択できます。美味しくいただけました。江別は昔、食事をする場所が少なくそこだけが問題でしたが、最近ではあちこちに美味しいお店があってうれしいもんです。


今日の独逸男爵!


 1007の横にあったのは「フォルクスワーゲン・タイプ2」、通称“ワーゲンバス”。

 移動販売車としても人気のタイプ2です。確かに目立つし可愛いですよね。そういえば日本では、スバルサンバーベースのレプリカ(?)が多く走っていますよね。あれのフロントに大きく「VW」のロゴがありますが法的にOKなんでしょうかね。


今日の仏蘭西伯爵!


 街で発見の「カングー・クルール」。やはりオレンジカラーは目立ちますよね。まさにミカングーです。日本車ならしょぼく見えるブラックバンパーが逆に粋に見える…この辺りが洒落者仏蘭西車ですよね。

momo-cafe COOK


 ちょっと前、リンゴを何個か頂きました。そのまましゃきしゃき食べてもいいんですが、ちょっと手を加えてみましょうか。今回は「焼きリンゴ」。バターでリンゴを炒め、砂糖を少々、レモン汁を少々。簡単ながらめちゃくちゃ美味しいです。食パンにこの焼きリンゴのっけてトースターで軽く焼くと…絶品です。冷蔵庫にリンゴが余っている方いかがでしょうか。

 | HOME |   NEXT>>

▲RENAULT LUTECIA3 RS ▲RENAULT Kangoo1 1.4 ▲FIAT MULTIPLA 
▲HONDA BEAT ▲Bianchi ROMA2 ▲Bianchi ALCAVALLO
第1位
最も人気のある記事
CLIO PH1〜2  ルーテシア(クリ...(→続き)
第2位
最も人気のある記事
4桁プジョー  世の中には、邪道と呼ばれるも...(→続き)
第3位
最も人気のある記事
フレンチベーシック  ルーテシア3が短期...(→続き)
第4位
最も人気のある記事
契約解除の真相は?  今日仕事から戻ると、株...(→続き)
第5位
最も人気のある記事
“Blue Ezo-chi”  冬の朝...(→続き)
第6位
最も人気のある記事
話題のup!って? 先日、冬タイヤの件でルノ...(→続き)
第7位
最も人気のある記事
厚別通りでムル発見!  昨日は職場の慰労会で...(→続き)
第8位
最も人気のある記事
蝦夷地名物、ブラックアイスバーン!  雪道運...(→続き)
第9位
最も人気のある記事
アバカン(網走監獄)に行こう!!  前回...(→続き)
第10位
最も人気のある記事
フランスのすごいクルマ  気が付けばFBPか...(→続き)

momo-cafe
Special Thanks to 通信制高校

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET