4.9%
2005年02月28日(月) 22:24
もはや絶滅寸前?!




 タイトルの数字”4.9%”。これは2004年の日本でのMTの比率です。ってことは100人中95人はATなんですね。あらためて数字をみると凄いですね。日本ではMT車は絶滅に近いじゃないですか!

 そういえば、うちの高校の女子生徒が「運転怖いからAT免許にしたー(怖いなら免許とるなよ)」というのは、まぁ理解できますが、男子生徒も結構「どうせMT乗らないからAT免許。MTめんどくさいし。」という声が多いです。「おいおい、お前何言ってんだよ!MTしか設定されていない車を選べないだろう!」と突っ込んで、はッと気づきました。今やセミATが普及してるから、スポーツカーもAT免許に乗れるんですよね。というか、今の子たちはスポーツカーなんかに興味がないみたいです。関心あるのはミニバンやVIP・car。こりゃMTが絶滅するのもわかるかも。

 で、ムルチにはMTしか設定されておりません。いくらフィアットに現在売る車がないからといって、はなから商売あきらめてるかもと疑いたくなりますね。こいつをMTで売るならプントにも全グレードMT設定したほうが良いのではといらぬ心配しちゃいます。しかし、ムルチがATだったらおそらく買ってませんね、私は。1.3t、1600cc、103psという日本車だったら絶望的なスペックのムルチですが、5MTを駆使して走ると、まるで2000cc、140psくらいに体感します。

 それにしても、我が家のビートもMTしか設定なく、嫁さんのネイキッドもなぜかMT。家に3台あってなぜ一台もATがないのでしょうか。左足骨折したら一台も運転できません。
正しき家族車
2005年02月27日(日) 22:31

3人がけっていいですよ!





ムルチを購入する前は、後部席にチャイルドシートを装着した、嫁さんのダイハツネイキッド(ターボ・4WD)が我が家の家族車であり、当時我が家で一番大きな車であったはずのスバルレガシィB4(RSK)は長距離以外家族で乗ることはありませんでした。これは、私がレガシィを通勤に使っていたため、チャイルドシートをいちいち付け替えるのが億劫だったからなのです。ネイキッドで出かけるとたいてい運転手=私、助手席後部=娘、運転席後部=嫁さんという状況となります。そうなると私はまるでタクシーの運転手のような状況になります。嫁さんがたまに助手席に乗ると、今度は娘がポツンと一人チャイルドシートに縛り付けられた形になり、何だか可哀そうにも思えます。

そんな事を考えると、3X2=6シーターという特異なパッケージングを持ったこのムルティプラがぴったりだったみたいです。巷によくある2+3+2=7シーターだと確かに1人多く乗れちゃいますが、一番後ろに押し込まれたパッセンジャーはかなり疎外感をもつのではないかと思ったりもします。(それ以前に悪く言うと荷物扱い?と感じたり、追突や事故の時に身の危険を感じそうです…)その点ムルチは、とりあえず乗員全員平等な室内空間を享受でき、パッセンジャーたちの会話が弾むというのも美点の一つではないでしょうか。
ミニチュアガレージ 2005/02/24
2005年02月24日(木) 22:33
1/43の愛車




 ムルティプラのミニカーを手に入れたのは今から3、4年前。この車のデザインに関心があったが、当時実車を見る機会がないため、ミニカーを入手。でもまさかその数年後に実車を購入することとなるとは全く思ってませんでした。(しかも同じ色)
 
 一方、ビートはミニカーがいろいろ出ているだろうと思ったら、実は以外に少ないみたいです。トミカの黄ビートを持ってましたが、当時幼児だった甥っ子の手により傷だらけに。まぁ単価も安いし、どこでも買えるやと思っていたら、気づけば黄色は絶版に…。ヨネザワのダイヤペットも今では手に入らず…。そこでネットの”たのみこむ本舗”で頼み込んでようやく製品化。しかし注文入れてから、「SARS」の流行で中国工場での製造が大幅に遅れたため、納車に半年以上かかりました。やはり自分の愛車のミニカーは欲しいですよね。
ムルティプラたおる? 2005/02/22
2005年02月22日(火) 22:49
四国物産展に…




このタオル、職場の先輩からもらったものです。何でも札幌駅前の某百貨店で四国物産展がやっていたそうで、その催事場で売っていたものだそうです。四国の大浜という所はタオルが有名らしく、このムルティプラ・タオルもそこの品物だそうです。おそらくこれはフィアットで販売促進用のプレゼントとして配っていたものではないかと思いますが、そもそもこのような濃いものが百貨店の特別催事場で売っていること自体かなり不思議です。
方向音痴
2005年02月21日(月) 22:54
ナビゲーションはどこに?




 広い北海道。普段走る街中ではナビゲーションの必要性は少ないのですが、いったん地方に行くと、真っ直ぐな道が続きます。そのため”あっ、道間違った!”と思っても、なかなか迂回路がなくかなり遠回りをしてしまいます。そのためナビは必需品となっております。前車のレガシィB4で使っていたカロッツェリアのDVDナビを取り外して、そのままムルチに移植しようと考えましたが、ムルチのインパネには1DIN分のスペース(しかも、専用オーディオのため若干サイズが大きい!)しかなく、結局オーディオやナビは助手席の足元に吊り下げとなりました。しかし、CD等の操作がかなり困難となっているため将来的にはi-podなどを導入したいものです。
ムルティプラってどんな車?
2005年02月15日(火) 22:59
 


昨年3月突然ムルティプラが欲しくなりました。実は本国デビューした頃から雑誌等で紹介されていたので面白そうだなぁと思ってましたが、まさか買ってしまうとは本人も思いませんでした。
 雑誌でマイナーチェンジの記事を見たのがいけなかったのか、今買わずしていつ買うんだぁ!みたいに突然盛り上がり、まさかディーラーにそんな奇天烈な車飾ってないよなーと思いつつ、行ってみるとあるじゃないですか。とりあえず車は乗ってみないとわからないけど、まさかこんな素っ頓狂な車の試乗車なんてないよなーと思いつつ、聞いてみるとあるじゃないですか。で乗るとものすごく良かったんですよ。
 何かちょっとデカいパンダかウーノ?みたいなキビキビ感。こりゃミニバンじゃなく、ハッチバックだと実感しました。

 | HOME | 

▲RENAULT LUTECIA3 RS ▲RENAULT Kangoo1 1.4 ▲FIAT MULTIPLA 
▲HONDA BEAT ▲Bianchi ROMA2 ▲Bianchi ALCAVALLO
第1位
最も人気のある記事
CLIO PH1〜2  ルーテシア(クリ...(→続き)
第2位
最も人気のある記事
4桁プジョー  世の中には、邪道と呼ばれるも...(→続き)
第3位
最も人気のある記事
フレンチベーシック  ルーテシア3が短期...(→続き)
第4位
最も人気のある記事
契約解除の真相は?  今日仕事から戻ると、株...(→続き)
第5位
最も人気のある記事
 ここ北海道で、輸入車といえばドイツ車を指すことが...(→続き)
第6位
最も人気のある記事
蝦夷地名物、ブラックアイスバーン!  雪道運...(→続き)
第7位
最も人気のある記事
久しぶりのビートでしたが…  昨日、風が...(→続き)
第8位
最も人気のある記事
連日の報道で…  トヨタ車の不具合に関する国...(→続き)
第9位
最も人気のある記事
旅はいつも行き当たり ばったり…  1...(→続き)
第10位
最も人気のある記事
思い立ったら…  ここのところ本業が…とは前...(→続き)

momo-cafe
Special Thanks to 通信制高校

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET