大人の社会見学…
2005年11月26日(土) 02:30
裁判所に行こう…

 10月17日にオービスによりフライデーされたビートですが、11月24日の日、いよいよ簡易裁判所に行ってまいりました。
 善良な市民の皆様方には、まるで無縁な世界だと思いますのでレポートしたいと思います。




 以前のブログで紹介した通り、オービスで撮影されると、1週間以内に、まず警察署に出頭を命じられます。よく忘れた頃に、ハガキが来るなどと言われますが、最近は早いです。何でも撮影されると、その画像データーが警察署に転送され、オービスに不具合がなかったかどうか確認をしたら、すぐに呼び出されるようです。(オービスは制限速度プラス30km/hくらいで作動します。ちなみに自動車のメーターは100km/h付近では、実際の速度より10km/hくらい高めにでるそうです。)で、写真の人物とナンバープレートを確認し、今後の日程などの話がされました。

 それから約1ヶ月後くらいに、簡易裁判所に行き、罰金を支払う手続きとなります。札幌簡易裁判所の地下1階の交通待合所に赤キップを持って行きます。午前の部と午後の部があり、仕事の都合上午後の部へ。1:00から始まるのですが、ついたら1:15。かなり混んでおりました。

 警察と書かれた1番窓口に、赤キップを出し、待合室で待ちます。すると名前が呼ばれ「1番までお越しくださーい。」とアナウンス。中で警察の方と軽く話して免許書を渡します。そして、また待合室。しばらく待つと、また名前が呼ばれ「2番までお越しくださーい。」とアナウンス。
 
 2番は検察です。再度オービスの写真を確認され、さっき渡した免許書を受け取り、またまた待合室。しばらく待つとま、またまた名前が呼ばれ「3番までお越しくださーい。」とアナウンス。

 3番は裁判所です。名前をフルネームで名乗り、赤キップをもらいます。裏に罰金として福沢諭吉が4人と書いてます。

 で、4番窓口でお姉さんに4福沢を手渡し、その横のおじさんから領収書をもらいすべて終了。何だか病院みたいです。そういえば、私の前のおじさんは福沢諭吉を30人連れて来ーいって言われてたっけ!窓口には親切にも、裁判所付近の地図が貼ってあり、銀行やATMの場所がマークされてます。
大体ここまでの所要時間は1時間。ここに行かれる方は、暇つぶしに本などを持っていくとよいと思います。

 裁判が無事終わると30日の免停を1日に短縮してもらうため、自宅近くの江別署へ。そこで、短縮講習の日程は12月2日と決まりました。ちなみ講習料金はうちの子供がサンタさんにお願いしている任天堂DSとほぼ同等(涙)。
 講習は8:40〜4:40とまる一日。どうせ講習を受けるのならB級ライセンスなんかの方が嬉しかったですが…。こちらの講習の模様は、またレポートしたいと思います。
Congratulations!
2005年11月17日(木) 20:37
エンスーな広告

 16日、各紙で紀宮清子様と黒田慶樹さんとのご婚礼の記事を報じていました。
その中で朝日新聞を見てたら、衝撃の紙面が。




紙面の1/3にも及ぶ大広告。
ロータスカーズの広告で、エクシージの写真が大きく目をひきます。いまだかつて、このようなエンスーな車の広告がこんなに大きく載ったことがあったでしょうか。しかも”Congratulations!”のコピーですからね。
正直「宣伝うまいなぁ」と同時に「あざといなぁ」と思っちゃいました。黒田さんの愛車が「ロータスエリーゼ」ということで、世間様に、このようなエンスーな車の存在が一躍認知されたのでは、と思います。
15日の朝日テレビの「報道ステーション」のスタジオにも、黄色いエリーゼがなぜか置かれてましたし。

もし黒田さんがムルティプラのオーナーだとしたら、一躍世間の皆様から認知され、道路を走っていても、周囲のドライバー及び同乗者の方々に奇異の目で見られることはなかったでしょうに…。

ちなみにここ札幌ではFIAT専売店である正規ディラー「アレーゼ札幌」(専売ですが、実はALFAも大々的に扱ってます。)では最近、ロータスエリーゼ&エクシージの販売も始まりました。一体どんな繋がりなんでしょうね。
ムルティプラより目立ちます!
2005年11月15日(火) 20:43
夢の交通機関に遭遇!




 仕事の帰り道。国道275号線と国道274号線が交わったところで2台のDMVと遭遇。一見普通のバスに見えますが、このDMVとは「デュアル・モード・ビークル」の略で、マイクロバスを改造し、線路と道路の両方で走ることができる両用車のことです。道路では通常のマイクロバスとして走り、線路では、鉄の車輪を出して前輪を浮かせ、後輪のゴムタイヤを駆動して走ります。線路から道路へのモードチェンジも約10〜15 秒と短く、鉄道とバスを融合するシステムとして、その 将来が期待されています。JR北海道では、2007 年の実用化を目指し、走行試験を行っている所です。

ちなみに、参考までにDMVの全体写真をどうぞ。




デザイン上の特徴は、くちばしのようなノーズです。このノーズの中に、線路走行時に必要な鉄輪が収納されています。
赤字路線を次々廃止したJR北海道にとって、低コストのDMVはこれからの交通機関の主役になるかもしれませんね。
またまたタイヤ交換
2005年11月11日(金) 20:48
週末また降るそうです。




 先日、ネイキッドのタイヤ交換をし、ムルティプラの交換はもう少し後かなと思っていたのですが、週末雪がまた降りそうです。天気予報では道路にも積もるそうなので、これはムルチも交換だなぁということで、帰宅後作業開始。

 ホイールをナットで締める国産車と違って、ボルトでホイールを止めるタイプです。以前ウーノに乗ってた時、そんなこと知らなかったので、タイヤ交換の時、ナットだと思ったら、ボルトだったんでビックリした記憶があります。




 とりあえず、二台とも換えたので、あとは雪が積もるのを待つだけです。本当に雪が降ったら、ワイパーも冬用に交換しなくちゃですね。(ムルチは何故か、冬用のリヤワイパーの設定がありません。)
昨年より、13日も遅れて。
2005年11月10日(木) 06:13
とうとう降りました。




 昨日ネイキッドのタイヤ交換を済ませました。天気予報通り今朝は気温がぐっと低くなり、昨夜の大雨は雪に変わりました。昨年より13日遅れの初雪です。そして今日一日湿った雪が降り続いていました。
 幸い、気温が0℃以下にはならなかったみたいで、道路に積もることはありませんでしたが、職場の駐車場のムルチのおでこに白い雪が積もってました。エンジンの熱のせいか、ボンネットの雪に指でなぞったような跡がついております。




 車外の温度はどうやら0℃のようです。ムルティプラは、3℃以下になると、ピーと警告音がなり路面凍結のおそれを教えてくれます。冬になるとこれが結構うるさく感じます。鳴るたびに「どこ壊れた?」とどっきりし、路面凍結注意と気がつくと「寒いのぐらい知ってるよ!」とうっとうしく思ったりします。今週末また降るそうですのでムルチの方のタイヤ交換も考えなくてはなりません。
冬が来る前に…
2005年11月08日(火) 06:20
明日、初雪?

 北海道はここ数日妙に暖かい気温が続き、地球温暖化を実感している毎日です。しかし、天気予報によると明日あたりから寒気が入り込み、雪になるとの予報が伝えられています。




 毎年冬タイヤをいつ交換するか?これが悩みどころです。職場でも「もう換えた?」「いつ換える?」みたい話題がそろそろ出始めています。今頃初雪が降りますが、すぐにとけてしまい、根雪になるのは12月中旬。だいたい初雪程度では、幹線道路は夏タイヤでも走行が可能なので、交換しなくても何とかなりますが、たまに初雪でも積もってしまうこともあります。そうなると夏タイヤで走るのは自殺行為。まったくグリップしません。ですから朝起きてみると銀世界!では出勤できず大変なことになります。そのためたいてい、私はとりあえずネイキッドだけは、初雪の前日にタイヤ交換をすることにしています。(もしもの時でも出勤できます。車複数所有のありがたみです。)

冬タイヤあれこれ





 スタッドレスタイヤ。スパイクタイヤの禁止により、冬タイヤの主役となり、毎年各メーカーが改良し、かなり性能面も向上しています。私が免許を取った頃の初期のスタッドレスなんて、今考えると恐ろしくて使えたものではないでしょう。
しかし、近年禁止されたスパイクタイヤを使用しているドライバーも結構見かけます。やはり、実際罰則もあるにはあるのですが、それで警察に捕まったって話はほとんど聞きません。
またどんなに性能が向上しても、アイスバーン、ブラックバーン、ミラーバーンなどの路面では、制動力に不安が残るため、スパイク使用になるのでしょう。ただ、やはり環境面を考えると、スパイクはまずいだろうし、何よりもスパイクとスタッドレスが同道路に混在し、走行することは、最高に危険です。(スタッドレス車の長い車間距離の間に、スパイク車がスピードをあげて入ってきてブレーキを踏まれたら…)
 また車を購入する際、駆動形式にも道民はこだわります。スポーツカーはFR!というわれても、まずこっちじゃ、冬、坂道あがれません。やはり四駆、最低でもFF。FR、MR、RRはまず雪道では厳しいです。(したがってビートは雪が積もると冬眠させます。これは駆動形式がMR、というより最低地上高の問題で、腹が雪につかえて埋まる危険性が高いので…もちろん雪道を疾走するビートも多いですが。)
変わっていくもの
2005年11月07日(月) 06:27

さらばヤマト…





 先日、ムルティプラで職場付近を走っていて、「おっ!」と思ったもの。「おっ!」と思ったのは、私が熱烈な宇宙戦艦ヤマトマニアだったわけではありません。この電気屋さんが閉店セールをしているからです。この店がある通りは、高校時代のバスの通学路。当時高校生だった私は、毎日超満員の混雑した通学バスに揺られ、この通りを3年間通っていました。当然「ヤマト家電」という店名と「宇宙戦艦ヤマト」をかけた、店の外壁。当時の私は「松本零士氏」に版権取っているのかなぁ…」などとぼんやりと考えたりもしていました。
 そして、この間、偶然通りかかると、何と閉店セールが…。45年間もお店をやっていたのですね。この店で買い物したことも、入ったことも無い店でしたが、何故か気になるお店でした。いざなくなると、とても気になってしまいました。そういえば、近頃では大型家電量販店があちことにでき、個人の電器屋さんに行く事もなくなりましたよね。

 このバス通りは、古い商店が立ち並んでおり、これからも、どんどん町並みも変わっていくと思います。また、先月自分が幼稚園ころに住んでいた家の付近を歩く機会があり、記憶を頼りにゆっくり歩いてみました。30年以上も経っているため、あたりの景色は全く変わって面影もありませんが、ゆっくり歩くと所々に、昔と変わらない風景を見つけて懐かしく感じました。
たまには車を降りてゆっくり歩くと、日ごろ見えなかったものが見えてきますよね。
あなどれないブリキのオモチャ
2005年11月03日(木) 06:33
ダイハツの無印良品




 タントの登場により、一代限りで消滅したネイキッド。本来は1997年の東京モーターショーに向けて開発されたコンセプトカー。しかも、そのボディは一般的なFRP製ではなく、ハンドメイドによる板金仕上げ。当時のダイハツの気合の入り具合が伝わってくる車でした。ですから、コンセプトカーの時点で、「いいなぁ。」と感じたことを思い出します。
 
 当時乗っていたフィアットウーノターボの車検が切れた事、トラブルが出尽くして壊れにくくなったものの、免許取立ての嫁さんの足には、ちょっと向かないなということが重なり、2000年にネイキッドを購入。この時はマスタードイエローの外装色にMT、4WD、ターボという組み合わせをディーラーに伝えると納車まで少々かかりますということでした。しかし、この初代ネイキッドは、その後壮絶な最期を遂げたため、現在の2代目ネイキッド(シルバーの外装色以外は初代と同条件)が我が家の一員となっております。
 
 軽自動車というと、当時はファンシーグッズみたいなカタチや色で、中年男性が乗るのにちょっと気恥ずかしさを感じるモデルも多く、かといってアルトワークスのようなスポーツモデルまではちょっとと考えると、シンプルで無印良品のようなネイキッドが刺さってきたようです。ちょっとやりすぎな感じのデザインですが、所有し使ってみると、かなり機能的だということがわかります。特に、子供が生まれて、ベビーシートが必要になると、90°まで開閉するドアのありがたみがよくわかりました。タワーパーキングにも入り、後席を取り外せば、自転車も積めるなどの実用性があり、当時セダンとつがいで乗っていたので、大変重宝しました。パワーウィンドゥのスイッチが集中してシフトの後ろにあるのは、不自由でしたが、軽量化や簡略化がその理由、と聞くと途端に気にならなくもなりました。
 
 その後、ネイキッドはマイナーチェンジを繰り返し、シンプルで機能的なコンセプトを少しずつ失って行ったのは残念な気がします。発売当時はある程度、評価を受けましたが、実際の販売台数には必ずしも結びつかなかったみたいです。またムーブベースのため、ムーブのモデルチェンジと同時に姿を消すこともある程度予想できました。カスタム自在と謳いながらも、逆にノーマルで乗られた車体が多かったかもしれません。あらゆる面で実験的な要素を持っていた車だったのかもしれません。 
 
 キャンバストップや、モーターショーにあったピックアップ版や、もっと明るくビビッドなボディカラーなんかがもっと似合ったかもしれません。メーカーとユーザーがじっくりと育てれば、日本のフィアットパンダになりうる可能性を多少なりとも持つ車だった気がします。最近のダイハツの意欲作コペンも、なんだか作りっぱなしになり、進化されていない気がします(コストをこれ以上かけられないのでしょうが…)。是非、こういったモデルもじっくりと進化させてもらいたいです。

 | HOME | 

▲RENAULT LUTECIA3 RS ▲RENAULT Kangoo1 1.4 ▲FIAT MULTIPLA 
▲HONDA BEAT ▲Bianchi ROMA2 ▲Bianchi ALCAVALLO
第1位
最も人気のある記事
4桁プジョー  世の中には、邪道と呼ばれるも...(→続き)
第2位
最も人気のある記事
CLIO PH1〜2  ルーテシア(クリ...(→続き)
第3位
最も人気のある記事
フレンチベーシック  ルーテシア3が短期...(→続き)
第4位
最も人気のある記事
契約解除の真相は?  今日仕事から戻ると、株...(→続き)
第5位
最も人気のある記事
実はこのブログ、本日をもちまして…  200...(→続き)
第6位
最も人気のある記事
 クルマを洗うと雨が降る…、これいつものパターンで...(→続き)
第7位
最も人気のある記事
年休とって運動会!  小学生にとって一年の最...(→続き)
第8位
最も人気のある記事
気がついたら…  先日、ビートの幌を上げ、オ...(→続き)
第9位
最も人気のある記事
2台のムルに遭遇!  今日は隣町の北広島市に...(→続き)
第10位
最も人気のある記事
ホンダ復活ゥ?  2014年にエンジンレ...(→続き)

momo-cafe
Special Thanks to 通信制高校

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET