輸入車の維持費安いか高いか?
2007年03月30日(金) 20:07
輸入車の車検って高い?




 3月に入って初めての日記です!といってる間に3月が終わります。今月は仕事が忙しく、プライベートでパソコンに向かう機会なく、当然、どこにも行っておらず、気が付くとひと月サボっちゃいました。
 前回あたりで、ムルの車検+サイドブレーキ交換の報告が終わってませんでした。これから輸入車のオーナーになる方、もしくはなってみたい方の中に維持費を心配されている方も多いのでは。イタリア製跳ね馬車や、ドイツ製馬エンブレム車などの浮世離れした車ならば、誰が見てもそれなりの維持費を覚悟しなければならないと思います。では、我々庶民の乗る欧州製大衆車の場合はどうなんでしょうか?冷静に考えたら、向こうでも我々のような庶民が乗り倒してる車種だろうから、常識的な維持費だということは想像つくでしょう。ただ昔からこの国では、「輸入車はすぐ壊れるゾ!しかも部品がなかったり、維持費が高いゾ」的な噂が流布しております。では実際の所、ムルティプラの車検っていくらだったかを記録しておきます。何かの参考にどうぞ。

●自賠責保険料…30,680円
●重量税…37,800円
●印紙代… 1,100円
●検査代行手数料…10,000円
●リサイクル預託代行…800円
●自動車リサイクル料…18,640円
●消費税…540円
●サイドワイヤー部品代… 5,880円
●エンジンオイル代… 1,225円
●シャシーラッカー代… 1,500円
●スモールパーツ代… 1,200円
●廃棄物受託処理料… 200円
●工賃・点検技術料…13,950円

合計 124,712円(ディラーではなく、民間の工場に車検を依頼)

どうですか?高いと見るか安いと見るかは人ぞれぞれですが、見ての通り約10万円は国が定めた税金等ですので、そう考えると別に国産車とほとんど変らないはず。日記を見てもらえればわかりますが、この3年間故障らしい故障はなく、順調にここまできております。パーツに関しても正規輸入されている車種であれば、問題ないかとは思います。この春から輸入車オーナーになろうという方も安心されたのではないでしょうか。

オープン前線北上中?

 ひと月、日記をサボっているうちに、北の大地もすっかり春めいてきました。北海道の春は、雪どけ水で道路がジャブジャブとなり、車が一瞬にして泥だらけになります。気温も平均して5〜8℃前後と日中であれば、屋根を開けてもいいかなという気持ちになります。ただ気を付けなければならないのは、先ほどの雪どけ水。これが曲者です。下手に屋根を開けようものなら、頭の上から泥水がバシャーっと滝のよう降ってくる危険性が大なのです。天気予報の桜前線をにらみながら屋根を開けるタイミングを見計らっております。
といいながら、結局開けちゃいました。




 路面が乾燥しているのを確認し、思わず開けちゃいました。まだ気温は低いのですが、幌を上げると今までこもっていたエンジン音も、乾いて澄んだ音がします。信号待ちは肌寒いですが、走り出すと風を巻き込まないので、寒くはありません。もう少し気温が上がるのを楽しみにまちます。

 | HOME | 

▲RENAULT LUTECIA3 RS ▲RENAULT Kangoo1 1.4 ▲FIAT MULTIPLA 
▲HONDA BEAT ▲Bianchi ROMA2 ▲Bianchi ALCAVALLO
第1位
最も人気のある記事
フレンチベーシック  ルーテシア3が短期...(→続き)
第2位
最も人気のある記事
4桁プジョー  世の中には、邪道と呼ばれるも...(→続き)
第3位
最も人気のある記事
CLIO PH1〜2  ルーテシア(クリ...(→続き)
第4位
最も人気のある記事
 ここ北海道で、輸入車といえばドイツ車を指すことが...(→続き)
第5位
最も人気のある記事
花見がしたい…  ここ北海道もすっかり桜がき...(→続き)
第6位
最も人気のある記事
小雨になったぜ!  風と雨にやられて、全...(→続き)
第7位
最も人気のある記事
タクシーのお話…  といっても、普段自分で運...(→続き)
第8位
最も人気のある記事
仏蘭西から来た男 FBPネタ第三弾です。今回...(→続き)
第9位
最も人気のある記事
蝦夷地名物、ブラックアイスバーン!  雪道運...(→続き)
第10位
最も人気のある記事
 1007もご帰還 ということで、ちょっと遅くな...(→続き)

momo-cafe
Special Thanks to 通信制高校

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET