ちょっとだけヒヤッとしました…
2007年08月26日(日) 22:21
ガソリンスタンドでビックリ…




 ムルティプラの給油口はボディ側のフタが、国産車のように運転席の足元のレバーを引いて開けるタイプではありません。そのまま手で開閉します。しかし、給油キャップは国産のようにひねって外すのではなく、鍵をさしてひねらないと開きません(お国柄でしょうか?)。
この当たりは、多くの輸入車と共通なのではないでしょうか。給油中は、この鍵付きの給油キャップを、フタについているフックにひっかけるようになっています。たいていセルフのスタンドで給油しているので、問題がなかったのですが、前回キャンプに行く時、札幌の『某○ダ石油新道店』で給油しました。久しぶりにセルフではないスタンドでの給油でした。
アルバイトのお兄ちゃんは、他の店員と話しながら、適当な態度で給油。
 給油キャップはコード状のストラップが付いており、国産のように、取り外せないようになっています。大抵の店員はフタのフックに気付いて引っ掛けてくれるのですが、そのバイト君は鍵をキャップにさしたまま、ダラリとぶら下げたまま。キーホルダーなどの金属部が、平気でリアフェンダーにあたっており、風が吹くたびカチャカチャとなっています。
さすがに車から降りて、自分で引っ掛けました。給油が終わり、支払いを済ませて帰ってきて、その時はキャンプに行きました。

 今日、食材等の買出しの為、郊外の大型店に向かいました。途中、ガソリンがなかったので、セルフスタンドに立ち寄り、給油口のフタを開けて、びっくりです。


給油キャップ、ただささってるだけです。



どういうことかといえば、通常、開けた給油キャップを挿し、回すとカチカチカチという音がします。その状態で鍵を閉め、手で給油キャップが締まったか確認をしてフタを閉め完了です。

なのに、今日給油しようとしたら、鍵がかかってません。そのままキャップを引っ張ればとれます。つまりキャップとしての機能がまるで働いていない状態でした。要するに、前回給油した『某モ○石油新道店』のアルバイト君がキャップを閉めず、ただ給油口に『置いた!』状態で全てを完了したということです。
 何事もなかったから良かったのですが、万が一事故を起していたら、ガソリンがこぼれて、最悪この間の中華航空機のようになったかもしれません。
ガソリンにバカ高いお金を払わされているのですから、アルバイトといえども最低限の仕事をしてもらいたいです。
マニアックなビール園の楽しみ方?
2007年08月25日(土) 19:12
こんなところに…



 
 先日、職場の飲み会で『サッポロビール園』に行って来ました。
そこに一台の古いトラクターが展示しており、一見、何の変哲もないオレンジのトラクター。
地元民も観光客も、このトラクターの前を素通り…。しかし私はこれを見逃しませんでした!なぜならこのトラクターは…




もうおわかりですね。この古いトラック、何とフィアット製なんですよ。
イタリアのトラクターといえば、ランボルギーニが有名ですが、流石はイタリア国民の自動車会社。しかも昭和44年式ということは、私と同い年です。
本州のフィアット乗りの方々、札幌にいらした時は、是非美味しいビールと料理そしてこのフィアットに会いにサッポロビール園におこし下さい!

遅ればせながら見て来ました…





スバルの世界戦略車インプレッサがフルモデルチェンジで3代目となり、近頃路上でもチラホラ見かけてきました。セダンやクーペから今回はハッチバックとなり、マニア向けの車ではなく一般の人に愛してもらおうというコンセプトなのがよくわかります。従来のWRXに相当する、S−GT。STIが出るまでは最強バージョンですが、これまた全体的にマイルドです。剛性は高いし、エンジンも静かで滑らか。ターボもでしゃばらない感じで脚もしなやか。
何だか出来のいい欧州ハッチに乗っている感じです。後席も今までより足元に余裕があり、文句のつけようがないいい車…なんですが、個人的にエクステリアの細部の仕上げや、インテリアのメタル風プラスティックパネルの質感のなさに、少々興ざめ。もう少し頑張って欲しいです。




 おそらく多くの人達はSTIの発売を見てからどうしようか購入を考えることでしょう。何だかんだいって、スバルの好きな人は洗練されたインプレッサより、どこか尖がってこだわりいっぱいのインプレッサを欲しがってますよ。
来春が楽しみです
2007年08月18日(土) 21:23
久々ぶりに欲しい車…



 2004年のジュネーヴショーに登場した一台のコンセプトカー『トレピウーノ』。名前の由来は「3人+1人」という独自のパッケージングからきています。トレピウーノという名前だけど、誰が見てもこれはチンクチェントですよね。でフィアットからは当初2008年市販のアナウンスが。
当時雑誌を見て、「4年も待つの?」っ思いましたが、あの偉大なヌォーヴァ500生誕50周年にちなんで、正式発売日も2007年7月4日に決定。
コンセプトカーのイメージに近いカタチでとうとう先月、イタリアで発売されました。



 各雑誌でも早速、この新チンクの特集が組まれており、各紙評判も良い見たいですね。我が家のネイキッドの次の車検の時、時期支援戦闘機購入のことを視野に入れると、この新チンクが候補になってきます。
日本導入は来春あたりだと聞いています。
普段、全く音信普通のディラーからもダイレクトメールが届いたくらいですから、フィアットの気合が感じられます。



本国では1.4と1.2と1.3のディーゼルターボの三種類。ということは、日本には1.4と1.2が導入でしょうか。グレードは廉価版の「POP」、スポーティバージョンの「Sport」、上級版の「lounge」。そして「POP」よりさらに廉価な「NAKED」も登場予定。是非日本版にも「NAKED」を導入してもらいたいですね。おそらく我が家で導入するとしたら、この「NAKED」が候補になりそうです。


キャンプに行こう2
2007年08月15日(水) 01:10
椅子を取り外せば…

 近頃蒸し暑く、夕方になるとスコールのような雨が降るのが日課となった最近の札幌。地球温暖化により、亜寒帯の北海道もどうやら熱帯の仲間入りでいきたようです。昨年に引き続き、12日から三石にキャンプに行ってきました。






名前の通り多目的なムルは4m(ホンダモビリオとほとんど一緒)の全長からは想像できないくらい、収納力があります…もちろん2列目は取り外しですが。




椅子3つは車庫にお留守番です。ちなみにもう一人お留守番なのは…







ウサギのシフォンも家を空ける関係上、近所の『パンダ動物病院』にお預かりです。初めて車に乗せられて、着いたらプルプル震えてます。2泊3日で4700円でした

12時レ・コード館集合(努力目標)

 義父のカルタスワゴンと義妹家族のステップワゴンとムルの3台で行くわけですが、義父から、12時新冠町の道の駅『レ・コード館』に集合との指令。義父はうちの娘を車に乗っけて9時ころ出発しました。で9時半ころシフォンを預けて、ムルも出発。北広島市あたりで義妹家族がまだ江別にいると連絡を受け、早くお出でと伝え、千歳市に入った頃、義父から電話が。
「お前らどこにいるのよ?」「千歳だよ。そっちは?」「まだ江別だ。買い物してた。」そのころ、時計は11時頃。12時、新冠町集合じゃ…。少なくても、2時間以上かかります。江別から新冠まで…。

新冠到着





着きました。途中寄り道して、1時頃到着。ムルの顔に虫が体当たりして、ひどい状態だったんで、道の駅の横のスタンドで洗車。
そうこうするうちに皆さん集合です(結局誰も12時には間に合わず…)





新冠町はサラブレッドの産地として有名。それにちなんで道の駅には昭和の名馬「ハイセイコ−」の銅像が立ってます。

三石でキャンプ





 今回は、三石の道の駅に敷設している海浜公園キャンプ場の横の砂浜にテントを張ります。昨年は斜面をよじ登って道路を渡ってトイレ…ということで、子供らを連れて行くのに難儀しました。その点今年は、駐車場内に公衆トイレもあり、車で2分くらいの道の駅には、温泉もあり利便性は昨年よりいいはず…。




世の中そんなに甘くはないです…


 駐車場の公衆トイレ…当然のことですが、きれいなわけないですよね。女性陣や子供には無理な汚さです。ということで、トイレのたびに道の駅まで車を走らせることに。とういうことで、ノンアルコールです。
写真は道の駅にあった、よくある顔だして記念撮影するパネル。どういうわけか、うちの子、これ大好きなんですよね。
「サラブレッド」に乗る、「コンブマン」。
三石はサラブレッドと昆布が有名。

…でも、コンブマンって、マフラーの代わりに昆布を首に巻いています。想像するとちょっと気味悪いです。

この地方、夜空は星がきれいで、まるでプラネタリウムです。江別もきれいですが、全然レベルが違います。
北斗七星のそばの小さな星まで見えそうです(死兆星?)
流れ星も次々見えます。一瞬なんで、もちろん願い事をする暇はありません。

キャンプ中は30度を越す猛暑。
エアコンが装備されたムルティプラですが、ロボットのような吹き出し口のせいなのか、異常に大きなガラス類のせいなのか、あまり車内は冷えません。エアコンによるパワーロスの方が気になるのであまり使わず、窓を開けての走行が中心となります。

帰り道、道はそこそこに混んでいました。
登坂車線では、どうしてか皆さん右の追い越し車線で走行しています。あきらかに渋滞の原因を作っている走るシケインのような車ですら右です。
左の遅い車線はがら空きになるので、そこから一気に抜くことにしていますが、何か間違っていますよね。道民は左を走る事をプライドが許さないのでしょうか?

で釧路ナンバーの黒いトレノが私の前を走っています。カップルで安全運転なのはかまいません。ただこのミスター安全運転は、前の車と常に2台分くらい車間距離がないと気が済まないようです。全てのカーブの手前でブレーキを踏みたいようです。しまいには、信号も何もない直線道路でも軽いブレーキングを披露してくれます。後ろの私としては、ブレーキランプが切れてないことをお知らせしてあげたくなる位、何度も何度もブレーキングです。このミスター安全運転のお陰で、こっちが安全に走れなくなってきます。




鵡川の道の駅『四季の館』で、『流葉』という地酒を購入。鵡川名産のししゃもによく合うそうです。飲むのが楽しみです。…あ、ししゃも、買うの忘れた…。











Read more>>

ひっこし中です…
2007年08月04日(土) 16:01
実は…

 ひっこし中です…といっても、自宅の引越しではなく、ブログの引越し中です。
 今まで、「Vivid Car.com」という輸入車を扱っていたポータルサイトの中の「Vivid Garage」というところで2005年の2月15日からブログを書き始めていました。主に家にある3台の車についての内容が中心でした。
 しかし、先日突然メールが届いて、7月末を持ちまして「Vivid Garage」を閉鎖するとのこと…。ということは、今までの記録が消えてしますということです。誰かに読んでもらうというよりは、自分の覚書のような役割だったんで、少しづつ過去記事をこちらに引越しさせてもらっています。

この七月は本業が忙しく、なかなかブログの更新もできませんでしたので、まとめて書いてみましょう。

タコスってすっぱいの?


 七月の末は学校祭。うちのクラスでは「タコス」を作って販売することに、なりました。担任としては、カレーライスの方が楽じゃないかと提案したのですが、生徒達は何故か「タコス」に決定。
 で、翌日生徒らは、「先生、タコスってどんな味?」「すっぱいんでしょ。」「タコ入ってるんだよね。」
お前ら、何も知らんで決めやがったんかい…。ということは、当然つくり方も知らないんだろう。結局私が、レシピを伝授。3回料理教室を開催することになりました。





朝早くから、みんなで生地をこね、妙に本格的なタコスとなりました。おかげさまで当日は大繁盛。売り上げも全校一となりました。ちなみに私も、今の仕事クビになったらタコス屋さんになれそうです…。

潮まつりに行こう!


 7月28日(土)の夜、家族で小樽に行ってきました。またかい、っていう感じですが、またです。この時期の小樽は、潮まつりの時期です。







で、小樽にきたので帰りにPRESSに寄りました。





祭りの期間中なんで、混んでるかなぁって思っていったのですが、空いていました。翌日の花火大会の夜は混むみたいです。ちょうどよい時にこられました。



実はこのお店、私の嫁さんだけでなく、娘も密かに気にいっております。

 | HOME | 

▲RENAULT LUTECIA3 RS ▲RENAULT Kangoo1 1.4 ▲FIAT MULTIPLA 
▲HONDA BEAT ▲Bianchi ROMA2 ▲Bianchi ALCAVALLO
第1位
最も人気のある記事
CLIO PH1〜2  ルーテシア(クリ...(→続き)
第2位
最も人気のある記事
フレンチベーシック  ルーテシア3が短期...(→続き)
第3位
最も人気のある記事
4桁プジョー  世の中には、邪道と呼ばれるも...(→続き)
第4位
最も人気のある記事
契約解除の真相は?  今日仕事から戻ると、株...(→続き)
第5位
最も人気のある記事
ルーテシアって?  このブログの主力戦闘...(→続き)
第6位
最も人気のある記事
実はこのブログ、本日をもちまして…  200...(→続き)
第7位
最も人気のある記事
momo-cafe COOK この写真...(→続き)
第8位
最も人気のある記事
カングー受難  皆さんは、インパネに警告灯が...(→続き)
第9位
最も人気のある記事
SWEETS 1007  先日の初雪の時の1...(→続き)
第10位
最も人気のある記事
夏が来た!  夢の25連勤が終わりようや...(→続き)

momo-cafe
Special Thanks to 通信制高校

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET