新世代のハツカネズミ 2
2008年03月15日(土) 18:54
新チンク見てきました!

 先日のディラーの案内を見て、仕事帰りチンクを見に行きました。話題のクルマのデビューということで、次々と来客が途切れません。もともと、駐車場の少ない(あることにはあるのだが、中古車展示場と化している)ため、着くと車を停めるスペースがありません。かといって誘導してくれるわけでもないので、とりあえず無理矢理停め、ショールームへ。


 そこには白い「FIAT500 1.2 8v Lounge ss(200台限定)」が展示されております。左ハンドル欧州仕様は11月に見ておりますが、日本仕様はもちろん今回が初めて。新鮮味はないですが、よいデザインだと思います。我が家ではマイナス評価になりましたが、大きさ(小ささ?)も頑張っています。


 インテリアに目を写すと、旧チンクを髣髴させるけど、決して懐古調一本槍とはいえない凝った室内もいいです。ほどよく狭い感じもおそらく狙い通りでしょう。天井にはハメ殺しのサンルーフが装備されており、光を透過させるシェードも装備しております。


 リアビューですが、ここがオリジナルと大きく異なる部分かもしれませんね。オリジナルはRRですが、今回はハッチバックとなり、広くはありませんが、このサイズとしては十分なラゲッジを確保しております。


 日本に導入されたこの「Lounge」なるグレードは名前の通り、上級なグレードで、クロームメッキのモールなどが、オリジナルチンクのイメージと重なります。いいイメージでチンクを現代に甦らせたわけですが、難点は225〜233万円という価格。どうみてもこれじゃ、庶民のアシではないですよね。この辺はディーラー側も困っている点ですが

「やはり日本仕様となると、フル装備のモデルでなければ、買ってもらえないのですよ。」と弁明。

 ただ、この考え方って本当にそうなんでしょうか?
今時エアコンくらいは付いてても構いませんが、フル装備が欲しい人はオプションで付けるだろうし、フル装備以外なら買わない!という人は、おそらくイタリアの小型車は買わないと思いますけど…


 ちなみに、人気のチンクの横でひっそり並ぶのは「panda HP100」という、いわゆる体育会系の筋肉パンダです。私的にはこれ乗って見たいなぁと思いました。


 チンク試乗も出来ました…が


 ディラーに行くと、前回ブレーキパッドの値段を聞きに行った時、1時間くらい待たされ挙句に「わかりません…」と答えられた時のお姉ちゃんが出てきました。(ちなみにこの人が悪いんじゃなく、サービスの人が悪いのです。)で、その彼女に「以前一度いらした事がありましたよね。」と言われたり、支店長にいたってはムルを見て「大変珍しい車にお乗りなんですね。」などと言われる始末…。
 私はこの店で、2台もクルマ買ったいるんですけど、どうしたらいいでしょうね…。しかし「試乗しませんか?」というお誘いは喜んで受けました。
 試乗車のドアをあけると「?」。赤い内装が鮮やかなモデルで、ショールームにあったタイプと違うんですよ。2ペダルのロボタイズドMTを使い、走らせると、エンジンはよく回り、車体も軽く感じました。これ面白いよ!と感心していたら、

「以前乗った1.2のパンダのエンジンと同じとは思えないほど、パワーに余裕ありますね。」
「そうですか、この試乗車、実は1.4のタイプなんですよ。」
「はい?」
「これは、まだ日本導入が決定していない1.4のPOPというグレードです。」
「これは、近々入ってくるの?」
「いやぁ、その辺はよく分からないんですよ。」

同じ1.4でもチンクの走りは、重厚な1007に比べると、軽快で好印象です。おそらく1.2も悪くないはずです。でも1.2しか導入していないのに、1.4を試乗車にして、客に乗せるのって反則じゃないですかね。だって客はそれに乗って買うかどうかの判断するんですからね。

 クルマはよかっただけに、今回気になったことは、どの営業さんもチンクの知識が曖昧(例えばLoungeと限定のLounge ssの違いが説明できなかったり)だったこと。これから売り込む、期待の新車ですから、それなりの商品知識が欲しいです。
 あともうひとつ、狭い駐車場に次々来客したため、駐車場内がつまってしまいました。すると年配の営業さんが大きな声で「○▲□◎○(若手営業クンのフルネーム、呼び捨て)、そこにあるセルシオ(客のクルマです)が通路をふさいで通れない、はやく退かしなさい。○▲□◎○!」怒鳴ってます。まず駐車場が狭いにも関わらず、整理もしないディーラーの不手際と、客に直接言ったのでは無いにせよ「客のクルマが邪魔」ということをショールーム中に響かせる無神経さ、そして社員を客の前で叱り付ける会社の教育方針(ちなみに若手営業は凄い早いペースで退社してしまいます)。100円、200円の商品じゃなく、安くても200万円以上のものを売っている店にしては正直感心しませんでした。


ムル退院しました!



 
二週間の闘病生活を終え、本日ムルが帰ってきました。手術箇所は「Fバンパー交換」「ボンネットの板金」「右Fフェンダー板金」「右Fドア板金」「右Rドアモール調整」「右サイドシルカバー交換」「Rバンパー塗装」。
不思議なもので、2週間もAT生活をしていたら、乗り込んだ一瞬だけ「?」と考えてしまいました。乗るとすぐに、記憶が甦ってきましたが人間の感覚ってひどいもんですね。



 ようやくムルと1007のご対面です。ちょっとだけ濃いラテン新コンビを今後ともごひいきに!

 | HOME | 

▲RENAULT LUTECIA3 RS ▲RENAULT Kangoo1 1.4 ▲FIAT MULTIPLA 
▲HONDA BEAT ▲Bianchi ROMA2 ▲Bianchi ALCAVALLO
第1位
最も人気のある記事
4桁プジョー  世の中には、邪道と呼ばれるも...(→続き)
第2位
最も人気のある記事
納車されました! 2月19日に、やってきた...(→続き)
第3位
最も人気のある記事
寝不足にならない朝  昨夜は睡眠時間が少...(→続き)
第4位
最も人気のある記事
天気がいいので…  最近出番が減っているビー...(→続き)
第5位
最も人気のある記事
 昨日1007を入院させ、日曜の夕方までに修理をす...(→続き)
第6位
最も人気のある記事
天気のいい日はオープンか?!  こんなに...(→続き)
第7位
最も人気のある記事
FBPプロローグ  9月8日(日)千歳アウト...(→続き)
第8位
最も人気のある記事
本当は40,000kmで撮りたかったんですが… ...(→続き)
第9位
最も人気のある記事
バックミラーに映るクルマは?  先日、モ...(→続き)
第10位
最も人気のある記事
キリ番です  ルーテシアRSの走行距離が...(→続き)

momo-cafe
Special Thanks to 通信制高校

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET