疵(KIZU)
2011年04月30日(土) 13:56
前厄か…

 
 どうやら、今年厄年だそうです。で今は前厄。まぁあまり良いこともない最近なので、神社にはこだわりをもつ“ねえさん”から「絶対お祓いにいくべき!」と強く言われておりました。「うーん、ま、そのうち」とお茶を濁してきましたが、うーん、なことがありました。

 
 先日、ショッピングセンターの駐車場に車を止め、「ドーナツ氏」でドーナツを買って駐車場に戻ると…。

なんということでしょう。鮮やかなジョン・シリウスのボディカラーに一本の筋が入っているではないでしょうか!もちろんこれは匠の技によるものではないことだけは間違いありません。

 右リアフェンダーです。そう先日、ぶつけられて直したばかりの場所。

しかも、その筋はフェンダー全体に伸びていて、軽く30cmはあるでしょうか。傷の状態から考えると、前から後ろに、鍵のようなものか、バッグや服の金具のようなものでこすったような気がします。しかし、それにしても一体なんでしょう…。

 別に路駐などで迷惑行為をしてたわけでもなく、しいて言えば、そのボディカラーがよく目立つということでしょうか。そういえば過去にパッションブルーマイカという明るいメタリックブルーのレガシィの時にもリアフェンダーの端から端まで鍵か釘のようなもので、ラインを入れられたことがあります。

 とりあえず、一番財布にダメージが少ない方法を尋ねに、ルノー札幌へ。

しかし、何だかいつもと様子が違いました…。


 あちゃー、お休み。GWですもんね。5月5日まで休業ということです。ルノーの皆様ごゆっくりお休みください。
LUTECIA〜パリという名のクルマ〜
2011年04月29日(金) 23:33
ルーテシアって?


 このブログの主力戦闘機のルーテシアRS。RSは「RENAULT SPORT」の略。フランス・ルノーの看板車ルーテシアを、フランス北部、ドーバー海峡に面した小さな港町ディエップの工場で特別に組まれたモデルです。
 このディエップの工場とは、往年のラリーの名車「アルピーヌA110」を生み出した、ご存知「ALPINE」の工場でもあります。

 ところで、日本ではこやつは「ルーテシア」と呼ばれていますが、フランスでは「クリオ(CLIO)」。1990年に登場した初代からこの3代目まで、日本では「ルーテシア」の名で輸入されております。これはご存知、当時ホンダのディラーに「ホンダクリオ」という名称が使われており、商標登録の関係上、「クリオ」が使えなかったようです。そこで、日本では「パリ」の旧名である「LUTETIA(ルテティア)」に由来し「LUTECIA」となったようです。

 さすがに3代20年近く名乗っていると、私はこの名前に違和感があまりなくなってきました。昔シトロエンに「サクソ」というコンパクトカーがありました。しかし、日本では商標登録の関係で「シャンソン」となったのには、苦笑でした。フィアットでも「ブラーヴォ」というクルマが、三菱の軽1BOX「ブラーボ」とかぶるため「ブラヴィッシモ」となり、何だかわからなくなったのも思い出しました。


 夏タイヤに換装してます。ホイールは「OZ ウルトラレッジェーラ」です。正直格好いいです(自画自賛w)。しかし、ルーテシアには社外品ではこれしか履けないといわれており、あまり選択の余地がなかったわけです。それはそうと、いつも自分で交換してますが、今回は油圧ジャッキが壊れており、天気も悪かったため、ずぼらにスタンドで交換してもらいました。しかし、作業受付が終了してから「すみませーん。外車なんで、割り増し料金となります。」とのこと。通常4本分の料金の所、約6本分を請求されました。俺のクルマは「タイレルP34か!」。

 実際、ナットかボルトかが違うだけで、スタンドでの作業は何も変りません。これだけ輸入車が普及してるのに、未だこんな前時代的な料金差別をしているんですね。ちなみにフォード・フォーカスとフォード・フェスティバ(懐かしい!)が同時に入ってきたら、共に割り増し料金なのでしょうか?初代ホンダアコードワゴン(USA HONDAからの逆輸入)は割り増し、2代目は通常料金となるのでしょうか?

 
 エヴォリューションモデルのようなRSですが、内装は実に普通です。とはいっても、小技はピリッと効いております。メーターまわりは通常モデルは、シルバートリムの黒の文字板というオーソドックスなデザインです。しかし、RSはご覧の通り、タコメーターが7500回転までイエローです。しかも瞬時の視認性を高めるために、数字が大きなものになっております。
 そしてスピードメーターは250km/hまで目盛られています。ちなみにタコメーターはシフトアップインジケーターが組み合わされており、レヴまで回すと、“ピピッ”と鳴り、ランプが点灯します。


 トランスミッションは6MT。どうしてもマニュアルのスポーツモデルに乗りたい、という選択肢からルーテシアとなった経緯がありますが、剛性感のあるシフトです。寒い時は少々、渋かったですが温まると問題はありません。以前乗っていたフィアットウーノターボは冬は最初、1速が入らなくて、2速に入れてから1速へ、というふうに使っていたのを思い出しました。
 最初試乗の時は、意外とクラッチ重いかも?と思いましたが今は、そんなことは微塵も感じなくなりました。

 
 足元のペダルはアルミ製です。フットレストがないのが残念ですが、ペダルがしっかりしているのはうれしいもの。ちなみによりスポーティな走りを念頭に、ノーマルのルーテシアとはペダルの取りつけ角度が異なるそうです。ペダルレイアウトにはプジョーほど違和感はありません。


 ノーマルのルーテシアはシルバーの化粧パネルが使われておりますが、RSガングレー。輝度が抑えられており、個人的には好みです。グローブボックスのパネルには「RENAULT SPORT」のロゴがさりげなく(しっかりと?)刻まれております。以前ルーテシアにあった「イニシャル・パリ」の内装はお洒落でしたよね。ウッドもさりげなくて。

 
 そして内装のハイライトは何といっても、シートでしょう。RSのシャシースポールには、社内製のバケットシートが装着されてますが、このシートがいいですよね。実は結構足の硬いRSもこのシートでずいぶん乗り心よく感じているのではないでしょうか。峠道のコーナリングでもしっかり身体をサポートしてくれますし。しかも、何とこのクルマのシートベルトの色は、シートの生地に合わせてシルバー!
 グレーと黒以外国産では見た事ないですよ。ちなみに、メガーヌRSはイエロー、トゥインゴRSはレッド!シートベルトをボディカラーとコーディネートとかできたら、格好いいですよね。是非オプションで選びたいものです。ものの本には、グレーとイエローのバケットにイエローのシートベルトのルーテシアRSもあるようです。そっちの方が、私好みです。


 前席のヘッドレストにも、しっかり「RENAULT SPORT」のロゴをアピール。乗ってしまえば見えないところですがね。
絵本にかこまれて
2011年04月28日(木) 00:29
丘の上の小さなお店


 オドメーターのぞろ目。前回の池田行きで4000kmジャストを撮り逃しました。ですから、今回は4444kmをパチリ。


 今回の目的地は『絵本屋ぽこぺん』。絵本好きな私らが以前から来たかったお店。夕張郡長沼町の丘陵地にある小さな絵本屋さんです。国道274号線から来るとわかりやすいのですが、江別市から行ったため、迷う迷う(笑)。何でナビゲーションがあるのに君は迷うのだい?といわれそうですが、ナビに「ピンポイント検索はできません。」とフラレてしまったからです。それでも何とか無事に到着しました。


 お店は、こんな感じの建物です。もう少し暖かくなると庭の花が咲いてきれいになります。

 このお店は、金曜日〜月曜日まで開店しています。この日は開店日なのですが、何故か、看板は「閉店」です。

 お店の中は、赤ちゃん向け、幼児向け、大人向けや、生命、平和など、ジャンルごとにたくさんの絵本や児童書、教育書が置かれております。お店には店主の飛鳥詩子さんがチョイスしたこだわり絵本でいっぱい。


 もう、絵本好きな人なら一日いても飽きません。新刊から、子どもの頃読んだナツカシの絵本まで幅広く用意されております。
 あれも、これも欲しいという気持ちになりますが、その中からとりあえずお互い一冊をチョイスしました。私が買った本の紹介は、また後ほどに。


田園レストランで…


 ぽこぺんで絵本を見終わった後、近くにあったレストランで昼食です。ここ『里日和(さとびより)』(夕張郡長沼町東7線南3号 TEL 0123-82-5257)は田園の中にあるお店。大きな窓と高い窓が印象的です。

 ランチは、野菜スープ・温野菜のパレット・メイン料理・デザート・ドリンクという構成です。
 温野菜のパレットには、複数のドレッシングから一つを選ぶことができます。ここは基本の白みそベースのドレッシングで頂きます。

 
 選んだ料理は長沼ハンバーグ。おむすびみたいな丸いハンバーグが特徴的です。


 デザートと食後のコーヒーを頂いて、1580円也。おいしかったです。ご馳走様でした。


選んだ絵本は?



 ぽこぺんで私が選んだのは『ルリユールおじさん』(いせ ひでこ作)。いせさんの絵本は以前から興味がありました。なんだかガブリエル・バンサンの絵にも通じる何かを感じておりました。
 店主の飛鳥さんも、いせ ひでこさんをイチオシしてました。

ページをめくると、彼女の作風である、「蒼」がとても印象的です。

 
 まるで、映画を観ているかのような絵本です。パリを舞台としており、一人の少女と老人の交流を描いています。
 大切にしていた植物図鑑が壊れてしまった少女は、本を修繕してくれる職人「ルリユールおじさん」を訪ねます…。

 近頃、電子書籍が発達してきましたが、本好きにはやはり紙の本に惹かれます。いまやフランスにも本を修理できる職人さんがほとんどいない状況も描かれております。読んだあと、心が暖かくなる絵本です。ぜひ機会があったら読んでみて下さい。
春雪ツーリング!
2011年04月25日(月) 23:08
雪の峠をこえて

 
 ご無沙汰しております。momo-cafeです。4月も下旬だというのに、今、目の前の風景は雪が積もってます。で、ここはどこかというと、日勝峠の一合目です。峠の頂上付近では写真を撮ることもままならないくらいの雪です。うーん、一体いつになったら春がくるんでしょう、北海道。


 旅のお供は、ルーテシア・ルノースポール。我が家に来て2ヶ月になりますが、満足度の高いクルマです。現在ムルティプラが冬眠中ですので、このルーテシアが主力戦闘機。乗ると、自分はこのサイズのクルマが好きなんだと実感できます。


ワイン城リターンズ!



 で、どこに行くのかというと、ここ池田町です。以前もこのブログで紹介した場所ですが、再び訪れることとなりました。基本ドライブに目的がないことが多いのですが、今回は、同行した相方“ねえさん”の希望によるドライブです。


 ドリカムの吉田美和を神とも崇める“ねえさん”にとって、吉田美和の出身地である池田町はまさに聖地。


 で、池田町といえば、ワイン城。以前来た時は、アジアンな観光客がわんさかでしたが、この日は災害の影響で、ほとんど客が入っておりません。まぁ、我々としては、ゆっくり見られるのでいいのですが、やはり商売的にはしんどいんでしょうね。


 貯蔵庫に入るとすぐにワインのいい香りが。樽に囲まれて過ごせたら幸せでしょうね。


 ワイン城に併設のDCT。ドリカムのステージ衣装を中心とした資料館。吉田美和の本棚を再現した書棚が面白いです。何だか他人の本棚って興味ありますよね。どんな本を読んでいるのか、あ、この辺の趣味は自分と似てる〜とか。

 そういえば昔、ウーノに乗っていたとき、修理をお願いしていたお店の兄さんが、預かったクルマのまず、CDやカセットをチェックするのが好きだと言ってましたっけ。


そしてパワースポットへ!



 ワイン城の横にある『池田神社』。ドリカムの歌のモチーフにもなっているとのことで、立ち寄ってみましょう。


 来たついでにおみくじを引いてみました。すると、見事大吉!おおー、パチパチ。でも大吉とはうらはらに、結構書いている内容は辛口です(笑)。


 池田町にある、小さなレトロなラーメン屋さん『再来』。実はここも今回の旅の目的。何で?というと、このお店、吉田美和御用達のお店だそうで、店内にもその痕跡多数です。ドリマニアな“ねえさん”は是非とも訪れたいお店だったそうです。


 人気の味噌ラーメンは、懐かしいけどおいしい逸品。雨が降っていたので、あたたかいラーメンが美味しく感じます。


 で、もう一店。帯広柏陽高校時代の吉田美和が通った『高橋まんじゅう屋』。帯広駅前に立派なお店が建っております。ここで、お焼きを購入するも、先ほどのラーメンで満腹ですので、帰り道で頂くとしましょうか。


 ワイン城で購入したお土産。DCTのラベルがついた赤と白のペアワインと、昨年末リリースされた『LOVE CENTRAL』の発売記念ワイン。中身は私、ボトルは“ねえさん”が欲しいというように共生がなされている今日この頃です。この池田行きで走行距離は往復約500kmです。

 | HOME | 

▲RENAULT LUTECIA3 RS ▲RENAULT Kangoo1 1.4 ▲FIAT MULTIPLA 
▲HONDA BEAT ▲Bianchi ROMA2 ▲Bianchi ALCAVALLO
第1位
最も人気のある記事
4桁プジョー  世の中には、邪道と呼ばれるも...(→続き)
第2位
最も人気のある記事
CLIO PH1〜2  ルーテシア(クリ...(→続き)
第3位
最も人気のある記事
フレンチベーシック  ルーテシア3が短期...(→続き)
第4位
最も人気のある記事
契約解除の真相は?  今日仕事から戻ると、株...(→続き)
第5位
最も人気のある記事
実はこのブログ、本日をもちまして…  200...(→続き)
第6位
最も人気のある記事
 クルマを洗うと雨が降る…、これいつものパターンで...(→続き)
第7位
最も人気のある記事
年休とって運動会!  小学生にとって一年の最...(→続き)
第8位
最も人気のある記事
気がついたら…  先日、ビートの幌を上げ、オ...(→続き)
第9位
最も人気のある記事
2台のムルに遭遇!  今日は隣町の北広島市に...(→続き)
第10位
最も人気のある記事
ホンダ復活ゥ?  2014年にエンジンレ...(→続き)

momo-cafe
Special Thanks to 通信制高校

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET