ハロウィーン化計画
2011年09月29日(木) 23:35
そろそろ、いい頃


 毎年、いつごろから準備していいのか、悩むのがハロウィーン。クリスマスと違って、最近街のあちこちで見るようになったイベントなわけで、まだまだ私も、はっきりいつから飾るか決めかねます。
 まぁ、それでも一ヶ月くらい前からでOKとしておきましょう。


 すでに演劇の大会が始まり、けっこうヘロヘロなんで、現実逃避したい気分です。


 そんな訳で、ちょこちょこグッズを見つけては、飾ってみましょう。


 大会が終わったら、えこりん村にでも足を運んで、グッズを漁りたいなぁと画策中。


 まぁ、そんな楽しい事でも考えながら、この時期を乗り切りたいなぁと思っております。はい。
パンがなければルマンドをお食べ。
2011年09月25日(日) 22:30
久しぶりの悪いヤツラ


 朝、出勤する時、こんな風にヤツらはお見送りしてくれます。しかし、わー可愛い!などと思わないで下さい。どうです、見てください、ヤツらの悪い面構えを。きっと私が出勤して家を留守にしたことを確認し、やりたい放題悪事を働くつもりでしょう。


畏敬の念を持ってレジに向かう!



 先日、某安売り系スーパーの陳列棚で見かけ、ついつい手にとってしまったお菓子です。昭和な方々にはお馴染みなお菓子じゃないでしょうか。
そう、『ブルボン ルマンド』。私はお菓子に弱いのです。あ、別に大好きとかじゃないんです。ただ、このお菓子に何故か畏敬の念を持ってしまうんですよね。

 発売は昭和49年。私はまだ幼稚園児でした。ある日、お友達の家に遊びに行った時、そこのお母さんが出してくれたおやつがまさにこれでした。
 もう、正直頭を金槌でガツーンと殴られたような衝撃といいますか、もうただただ魂を揺さぶられたんですよ。え、何がって?

 この薄紫のパッケージ、もう高貴な雰囲気が漂ってますよね。しかも、一本一本包装されそこに、何だかわかりませんが、豪奢な装飾模様が施され、金文字で「ルマンド」と刻印されてるではないでしょうか。そして、袋を開ける際、力加減を間違えると粉々に砕け散り、食べづらい所なんか、貴族的な世界がぷんぷんしてるじゃないですか!

 更に、「ブルボン」というどこか、フランス的な社名に「ルマンド」という高級そうな商品名。我が家で食べる「カルビー」の「サッポロポテト」とは雲泥の差です。たとえそれが「BQ味」というサブタイトルがついてもとても太刀打ちできません。

 ルマンド…その時の衝撃のせいで今でもお菓子売り場で見かけると、つい気後れしてしまいます。冷静になると、今の子達は見向きもしないお菓子かもしれないわけですが…。

 でも、高校で世界史を勉強して、「ブルボン王朝」なる言葉を習った時、幼き日に感じたルマンドへの畏敬の念は、間違いではなかったと確信しました。だからこそ、「プチシリーズ」などをラインナップの主力に据えてる今のブルボンに「おまえ、本当にそれでいいのか?小さくまとまってないか?」と声をかけたくなります。


遭遇!ムルティプラ



 先日、札幌中央区某所で、ウェイブルーのムルティプラに遭遇。確かに異様なたたずまい。でもいいなぁ。
家族連れの若いお父さんだった気がします。またムルに乗りたくなった瞬間です。
SERVICE DUE SOON
2011年09月23日(金) 20:56
先週のお話なんですが…


 ちょっと忙しくて、ブログ更新がままなりません。FBP以降のルーテシアについてのお話です。ルーテシアの3回目のオイル交換が近づいております。2回目はたしか7月末、きたむるさんに会いに東川に行く前に行いました。 


 15000km達成!9月14日の話です。ということでそろそろオイル交換かなぁと思っていたら…。


 「サービスに来いや!」とルーテシアにいわれました。
じゃあ、行きましょか。


 9月19日、仕事の後、ルノー札幌へ。入り口には、今回のFBPに参加したルノー車の写真パネルが飾られてます。ちなみに上の段の真ん中のルーテシアがうちのです。

 オイル交換。店内にはマーチに乗った若い夫婦がやってきてカングーをチェックしておりました。うんうん、セレナよりも、絶対楽しいクルマですよ、カングー。


 今回キャンペーンだったので、オイルエレメントは無料。といっても、前回エレメントを交換しているので、次回用に現物をもらって帰りました。それともう一つ。メモホルダーもおまけです。


 メモホールダーはアクリル製で中に何かの液体が入ってます。その液体の海の上にA110。可愛いですよね。


 今回ルノー札幌に訪れたもう一つの目的がこれ。最近、ステアリング10時15分の所の表皮がピリピリリと剥がれ始めました。さすがにいつも手に触れる場所なんで、かなり気になる気になる。T野さんに相談すると、どうやら保証期間なので、大丈夫との事。一安心です。実は、1007も保証期間中にステアリングが剥がれてきたんですよ。もしかしたら私の手のひらからモノを溶かす物質が分泌されているのでしょうか?(バオー・メルテッディン・バルム・フェノメノンでしょうか? by荒木飛呂彦)


 キャリアカーで搬送されそうなルーテシアですが大丈夫。コンビニ前に停めたら前がキャリアカーだっただけです。


 “天ぷらや”さんが、北見のお土産に持ってきてくれた、清月の“アップルクーヘン”。昔からいつも頂きますが、本当おいしいんですよね。いつもごちそうさまです。


 
合宿してました…
2011年09月19日(月) 22:27
やばいです…失踪したいです…


 毎年この時期になると、すべてを投げ打って失踪したくなります。なんでって?もう演劇の大会が間近だからです。全然間に合わないので、とりあえず連休で合宿をしてました。合宿といっても金をかけず校内で夜中までひたすら練習するわけです。


 高校演劇は、普通は上演時間60分以内というレギュレーションがあります。今回の脚本は夏休み前の学校祭の時(バージョン2)には、かなりゆっくり演じて30分台。しかし、今現在(バージョン6)で57〜59分台とちょっと危うい状況です。何とかコンスタントに55分台にしたいんですよ。 


 大道具も間に合ってない系です。合宿前から、外で作っていると、何故か蚊が大量発生。もう全身20箇所以上被弾してしまいました。いまだに痒いこと痒いこと。


 とりあえず、練習が終わったのが夜の2時過ぎ。で、生徒は寝ろといっても、なかなか寝ないわけで、結局見回り等で、私が寝た(?)のは3時近く…。7時起床。で、8時から練習開始。


 4時過ぎに解散する予定が、結局6時に。眠いです…。


 今回の芝居は、アレン・セイの絵本『紙しばい屋さん』(ほるぷ出版)を、脚色したもの。まずいことに、今回、今時点で軍資金が尽きています。ということは、この後は領収書のない買い物をしなくてはいけないという、恐ろしい状況でしょう。いったい、持ち出しが幾らになるのやら?


 上演日は10月1日(土)です。これが終わると、もう幸せな気持ちになれます。とりあえず舞台の幕が無事開けば、もう満足です。
 開いてしまえば、後はもう幕が降りるだけですから。


 明日、劇場でスタッフの方々と打ち合わせ。まだ完成していない大道具を、さも、あるように語り打ち合わせる状況。当日までには完成させなきゃ…。


 今年も、森の小人が現れるのを待ちましょう。寝ている間に、大道具を作ってくれる事を念じておきましょう。…はぁぁあ…。
F.B.P2011…其の五
2011年09月18日(日) 19:57
ルノー編(3)


 フレンチブルーピクニック2011の最終回です。フレンチブルーピクニックの楽しみ方のもう一つは抽選会でしょう。本部でまずステッカーを買いましょう。そうすると、抽選券をもらえます。午前と午後の2回行われます。もちろん、一等賞にルノー札幌からカングーが提供されるというわけではありません。もちろん、パリ旅行がペアで当たったりもしませんので、安心しながら抽選を楽しめます。景品は協賛各社からのノベリティが中心です。


 ルノー編第三回目。ルノー8です。いやいや格好いいです。旧車と暮らす生活って車好きなら憧れる生活ですよね。


 コレオスです。しかもラゲッジには、ルノーのロードバイクが積載されております。しかもマイルドセブン・ルノー時代のカラーリングです。ルノーのバイクは「じてんしゃ本舗」で買われたみたいです。そういえば、そこのHPにこのこのバイクが載ってました。


 おおお、な一台はやはり、アルピーヌA110。皆さんはプジョー206CCと2台で参戦した頂きたいという声が圧倒的でした(笑)。


 そしてこちらも、おおお、なアルピーヌV6です。私のルーテシアRSもディエップ製ですが、やはり格が違いますね。


 本当は前回枠のクルマでしたが、スペースの関係上、今回へ。ルーテシア2フェイズ1です。この顔なんだか癒されますよね。


 で、こちらルーテシア2フェイズ2。並べてみると、フェイズ1とはかなり顔つきが違うもんですね。この時期のルノー車のデザインはとても好きです。


 ミニカーなど出展していたルーテシアオーナーさん。気合の入った仕様です。そういえばルーテシア3RSフェイズ2の1/43のミニカーって、なかなかないんですよね(ネットで探すといくつかはあるんですが…)


 このリースは、カングーの手作りクラフトのお店で購入したもの。何だか秋らしいので飾ってみました。


 こちらが、冒頭で紹介したフレンチブルーピクニックの今年のステッカー。昨年のステッカーは1007ともに売られてしまいました。
街中で、このステッカーを貼った仏蘭西車を見かけたらテンションがあがりそうです。
F.B.P2011!…其の四
2011年09月17日(土) 20:21
ルノー編(2)


 台風の影響で延期された関係で、今回はルノー札幌さんが会場に来ておりません。なんでも週末はNew カングーフェアだからです。
 マイナーチェンジのカングーはモールがボディ同色になったんですね。(黄色をのぞき)。で、何で黄色は黒モールかというと、本国ではこの黄色がカタログ落ちしている関係だそうです。だから、黄色だけ無塗装のブラックモール。なるほどね。でもカングーは黒モールがいいんですよね。

 フレンチブルーの楽しみ方はやはり、同じような車種に乗っているオーナーさんからいろいろお話を伺うのが一番ではないでしょうか。ということで、今回は“同じような車種”特集です。


 まずは、パンプキン・トゥインゴ号のDAHLIAさん。ホワイト化が進み、とりあえず最終形態ではないでしょうか。ルーテシア・ゴルディーニを参考にノーズが白く塗られております。会うたびに、白い箇所が増えているような…。会場の女性客から「かわいい」と声があげられておりましたよ。


 これはうちにルーテシアRS。リアハッチにDAHLIAさんによる悪戯が貼られております。黄色に黄色のパンプキンなんで目立ちませんが、2つ貼られております。1つは今回、参加できずの”ねえさん”のヴィッツに貼る用だそうです。


 赤いルーテシアはMeさん。ブログでは交流して頂いてますが、実際お会いするのは初めてでした、いや、ディーラーで会ったことがきっとあるはず?
 ジョン・シリウスが2台並ぶ光景は、まず偶然にはありえないかもしれません。


 黒いルーテシアは“つばさっち”さんです。仏蘭西のラリーイベントに参加している車輌のような風情で格好いいですよね。


 こちらのトゥインゴは、FBPの前日、ディラーでお目にかかった車です。


 ルーテシアRSの“にくきゅう”さん。ジョン・シリウスです。ナンバープレートのフレームにオプションのがついておりました。昨年はルーテシア3フェイズ1で参加されていたとのこと。カッティングシートでドレスアップされていた個体でしたので、よく覚えております。


 こちらは、もう一台のRS。やはりジョン・シリウス。今回は三台のルーテシアRS全てがジョン・シリウスでした。こちらのオーナーさんは、来てすぐに帰られたみたいで、お話を聞くことが出来ませんでした。


 さきほどの“にくきゅう”さんとの2ショット。何だか鏡に映ったみたいですね。黒いホイールのが私のです。


 RSの輸入停止の話になって、元凶のエンジンを見せて説明の図。Meさんもそれに合わし、ボンネットを開けてくれました。


 フェイズ2のルーテシア。このグリーンはいい色ですよね。カラーの名称も日本語で“青リンゴ”ですから、なるほど!な色です。

 その奥には、赤いサンクが見えます。ルーテシアのご先祖様ですもんね。


 そして、“ま”さんのメガーネRSフェイズ2の5ドアです。グリ・マカハのボディ色が精悍な感じです。5ドアのRShレアですよね。
 今回、いろいろお話をさせてもらい、最後にはちょこっとメガーヌの試乗までさせてもらいました。本当いい車ですよね。


 少し遅れて、帯広ナンバーの青いメガーヌRSフェイズ1の5ドアがやってきました。“bleuartic”さんでした。同じメガーヌでもフェイズ1と2では細かい所の変更なされているのが判りました。写真では写ってないのが残念ですが、とても素敵なホイールを履いているのですよ。とても元気な可愛い娘さんに一同、癒やされましたし(w)。

 今回は、ルノーオーナーさんといろいろお話出来て楽しかったです。どの方々も気さくで、いい人ばかり。今まで出会った仏蘭西車オーナーみなさん、親切で優しいという共通点がありますよね。ぜひ私も見習いたいと思っております。で、ようやく次回最終回となります。1週間も引っ張ってますがご勘弁を。このイベント未参加な仏蘭西車オーナーさんに、「こんな感じのイベントなのかぁ。」という空気が少しでも伝わればいいなぁと思ってます。それではまた。
F.B.P2011!…其の三
2011年09月14日(水) 23:10
ルノー編(1)


 フレンチブルーピクニックネタで、こんなにダラダラと引っ張る人もそういないでしょうが、写真をパシャパシャとかなり撮ってしまってますので、まだまだお付き合いを…。
 で、ルノー編の第一回目は、FBPの一番参加率が高い車種から…。


 フレンチブルーピクニックの顔ともいえるのは“ルノーカングー”。新旧ともにたくさん参加しております。

 このカングーは、奥様の手作りクラフトを販売していました。カングーはこんな使い方がよく似合いますよね。私もドライフラワーのリースを買わせていただきました。


 こちらは、本年度のフライヤーのモデルにもなったオーナーさんのカングーです。今年も可愛いディスプレーで、楽しそうです。


 ずらりと並んだカングーですが、一週間の延期の影響か参加台数も昨年よりも少なめな気がしました。


 そんな中、会場の注目を集めたのがローズのクルール。通称“ピングー”。おそらく北海道には、この一台しかいないんじゃないでしょうか。


 日本限定の色ですが、ルノーの職人さんに「日本人はクレイジーだよ。」とコメントされた一台です。もちろん、このクレージーは褒め言葉だと思ってます。


 他にもクルールは“ミカングー”もおります。


 そして、グリーンのクルールも。来年のクルールはどんな色がくるんでしょうか。楽しみです。

 カングーのオーナーさんたちは、みな楽しそうです。ほのぼのとした空気が流れております。どうもカングーが気になって、帰ってから中古車相場やオークションなどをチェックし始めている自分がいました(苦笑)。どなたか、格安で譲って頂けないでしょうか(笑)。初代の1.4が好みです。


キャトルが素敵



 シトロエンでは2CVがいい雰囲気を作ってましたが、ルノーはキャトルが素敵でした。正直こんなゆっくりキャトルを眺めたことはなかった気がします。


 こちらのキャトルのオーナーさんと、あれこれお話させていただきましたが、お名前を伺うのを忘れておりました。しかし、長年乗られているキャトルがとても似合っている素敵なオーナーさんでした。何でも白い初代カングーも所有されているとか。うーん、どうもカングーが気になりますね〜。

 ルノー編、まだまだ続くんですよ、これが。フゥ〜。
F.B.P2011!…其のニ
2011年09月12日(月) 20:19
シトロエン編


 仏蘭西車のテイストが濃いのは、やはりシトロエン。レラのショッピングモール内に展示されたこちらの2CV。昨年も感じましたが、本当にオシャレだなぁ。一般のお客さんの中には、ディスプレー用で、実際走っていないと勘違いしている人がいたくらいです。


 会場内にも多くの2CVがやって来ておりました。それでいて皆さんオシャレに乗られております。


 2CVって絵になるクルマで、そこにいるだけで北海道がフランスになったかのごとくです。


 こちらの2CVは釧路ナンバーでした。遠路はるばるの参加、おつかれさまです。でも、快適な乗り心地で長距離も楽しいんでしょうね。


 こちらもきれいなGSパラス。何ともいえない風情があります。このころのシトロエンって、本当に素敵ですが、なかなか私のような軟弱者には敷居が高そうです(笑)。素直に眺めて「格好いい!」と感激してます。


 こちらはBX。出た頃は「シトロエンらしくない」という声もあったそうですが、今見るとどこから見てもシトロエンですよね。しかも黒(ノワール)なボディカラーが精悍ですよね。窓の外から座り心地の良いシートを眺めていました。ヘッドレストがフカフカに見えました。うーん、座って見たい。


 こちら、会場の子どもたちに大人気のBX。ボンネットに並べられたポケモンたちを、サンルーフから釣り上げます。FBPは子どもたちも楽しめるイベントということを実践されておりました。


 若いオーナーさんも来ておりました。C2は私も好きなシトロエンです。これでワインディングを走らせたら楽しそうだなぁ。こんなコンパクトなハッチバックを出してもらいたいです。


 こちらのC2は“武闘派”な感じですね。全身からやる気のオーラーが出ております。


 後姿も何とも勇ましいです。このC2に抜かれて、この後姿を見せられると「おおお!!」とちょっと嬉しくなりそうです。


 こちらはC4ピカソの2ショットという、スーパーの駐車場などではまず見られない光景でしょう。右側の金色のピカソのドライバーシートに座らせてもらいましたが、何とも贅沢な空間でした。ムルティプラオーナーとしては気になるクルマですが、やはり車格はもっと上でした(笑)。


 写真には撮れませんでしたが、新旧のC5やエグザンティアや新C3などの参加がありました。写真右のC5は実行委員長のCoogyさんの愛車です。当日も会全体司会や、各関係方面との調整で、動き回っておりました。本当におつかれさまです。

 とりあえず次回はルノー編ですが、自分の乗っているメイクスなので、写真が半端なく撮ってしまってます。もしかしたら前編・後編になるかもしれませんが、お付き合いの方、よろしくお願いします。それでは。
F.B.P2011!…其の一
2011年09月11日(日) 22:22
いよいよ本日開催!!


 本来であれば、先週の9月4日の日曜日に開催されるはずだったフレンチブルーピクニック2011。しかし、台風の上陸によって本日に延期となりました。
 私はたまたま今週休みだったので、参加できましたが、延期で来られない人、そして延期だからこそ来られる人がいると思います。しかし、一年に一度のフランス車の祭典ですので、楽しんで来たいと思います。


 本日仕事で参加できなかった“ねえさん”を会社に送り、その足で千歳のレラへ向かいます。9時過ぎに到着しましたがこの時は実行委員の方々が忙しそうにセッティングなど準備を進めております。おつかれさまです。

 …と、ここで、フレンチブルーピクニックとは何ぞや?という人のため、その趣旨を公式HPから引用して書かせてもらいます。

(1)北海道唯一のフランス車イベントです。
(2)オーナーさんだけではなく、ご家族カップルで楽しんで頂けるイベント
   です。
(3)クルマにディープな方々だけではなく、オシャレなイメージだけで乗っ
   ていらっしゃる女性にも参加頂けるようなイベントです。
(4)将来はクルマだけではなく、文化的なコトにも接するコトが出来るイベ
   ントを目指しています。
(5)FBPには金銭的スポンサーは一切ありません。
(6)フランス車だけではなく、他の輸入車イベント開催のモデルとなり、経
   験からお金を掛けなくても十分開催出来るノウハウを提供できればと思
   います。
(7)他は…皆さんの価値観でオリジナルのFBPを探してくださいね。

 …という訳で、普段あまり見るコトのないフランス車を眺めながら、写真などを撮りつつ、オーナーさんと思われる方に話しかけ、いろいろ交流しつつ、抽選会などで、グッズをゲットしましょうなイベントだと思います。当日飛び入り、出入り自由な自由なイベントなので、私は好きですね。

まずはPEUGEOTから…



 今日はかなりの枚数の写真を撮ってますので、1回では終わる気がありません。ですからしばらくFBPネタが続きますのでお付き合い願います。

 昨年のFBPは私はプジョーオーナーとして参戦しましたので、やはりプジョーは気になります。


 206RC…やはりいつ見ても格好いいです!何といってもこのウイングがいいですよね。


 こちらは“マクロス”な406。


 やはり気になる1007!こちらは1.6リッター版です。シルバーって非常にすっきりしていてクールです。うーん、1007って良いですね。


 106も私は好きなクルマです。昔、欲しくて欲しくて、初期型のデビュー時にディラーに見に行ったっけ。


 207CC。今日はちょっと曇り空でしたが、オープンって楽しいですよね。


 今日は、たくさんあるクルマの中で、いいなぁと思った一台。505です。オーナーさんとお話ができましたが、この505とは新車購入以来の付き合いだそうで、今年で25年になるとのこと。四半世紀、このライオンと過ごしたなんて素敵ですよね。とても25年という時間を感じさせないきれいなクルマでした。「当時は砂利道も多くて、フロントにいくつか飛び石で塗装が剥げたとこもあるんだよ。」と笑ってらっしゃました。そんな傷もオーナーさんに一つ一つ愛しいんだろうなぁ、と想像します。そんな風なクルマとの付き合い方をただただ羨ましいなぁと思ってお話を聞かせて頂きました。

 それでは、この続きは次回にしたいと思います。
明日は晴れるかな?
2011年09月10日(土) 19:53
久しぶりの更新です…


 ここの所、本業が忙しくなり、更新を滞っておりました。まぁ、そんなうちに北海道はすっかり寒くなって来まして、秋の気配です。今週初めの台風では、河川が増水しまして、今だその痕跡を見る事ができます。


 午前中、冷蔵庫の野菜がなくなってきたので、地元の野幌の「のっぽろやさい直売所」へ。ここでは地元の野菜を安く手に入れる事が出来ます。
 店頭に並ぶ野菜も、すっかり秋めいたものになっております。収穫の秋ですので、旬の食べ物が美味しくなる季節です。


 で、その後、ルノー札幌へ。どうも右のモールが浮いてきていますので、それを直してもらうのと、今週末のカングーフェアのノベリティを頂きに訪れました。明日に延期されたのFBPには、残念ながらこのフェアの関係で、ルノー札幌の出店が出来なくなったみたいです。

 ルノーに着くと、ちょうどFBPのCoogyさんが帰るところでした。その後、モールを直してもらって、T野さんとお話をして、そろそろ我々も帰りましょうかというタイミングで、ジャイアント号で颯爽とDAHLIAさんが登場。そして、プジョー307の髭さん(お初にお目にかかりました、今後ともよろしくお願いします。)、プジョー307SWのじゅんさん(ブログ上ではお世話になってます。お会いするのは初めてです、今後ともよろしくお願いします。)もやって来まして、色々お話をさせていただきました。明日のFBPが楽しみです。天気だけ心配ですが、晴れたらいいなぁ。


 これが今回のノベリティ。カングーのシリコン型です。これで、お菓子を作ったり、カングーの氷なんてのも作れそうです。カングーオーナーじゃなくても嬉しいアイテム。カングーオーナーならもっと嬉しいでしょうね。


 そういえば、昨日から札幌市内、やたらお巡りさんが立っています。何で〜?と思ったら、札幌で行われる国際微生物学会に、何と天皇陛下が来られるんですね。そりゃ、厳重なわけだ。明日お帰りになるそうなので、千歳までの道のりが、大変なことになるかもです。

 ルノーの帰り、ちょっち遅い昼食です。『カレー食堂 心』。昼ならば混んでますが、ちょうど、時間がずれていたのでお客はいませんでした。


 季節の野菜カレーを食べつつ、汗がたらりと流れます。満腹ですね。


最近買ったDVD



 スマートフォンの「Amazon」のアプリ、結構重宝しています。忙しいとお店に買いに行くこともままならない時、スマートフォンでタタって買うことができます。DVDなんかだと、新作は売ってますが、古いのになるとなかなか手に入れづらいですよね。そんな時はホント助かります。

 で、今回届いたのは…『ミスター ルーキー』。長嶋一茂主演の野球映画です。もうずいぶん前なので、今更ですが阪神ファンとしては揃えときたいアイテムです。もう話は荒唐無稽というか、これはファンタジー映画です。ですからいちいち突っ込んではいけません。

 見所はやはり、甲子園球場での撮影なんで、甲子園の裏側もカメラが入っております。それと、最終戦のみ突如現れる阪神タイガースの選手たち(広沢・矢野・藪・桧山)、そして解説者のOBや観客に混じっているOB。そしてあのランディ・バースも出演し、豪快なアーチを披露しております。

 すごいことに、現在の阪神のエース能見が、入団前にも関わらず、阪神の投手役で出演。背番号も現在と同じ14です。これはエキストラとして関西の社会人チームが撮影に参加しており、当時大阪ガスの能見が抜擢されているのも、ファンとしては見逃せません(横浜ベイスターズ風のチームにメッタ打ちされる役ですが…)。

 最後の胴上げのシーン、藪や桧山らがリアルにめっちゃ嬉しそうなのも笑えます。現実ではあり得ないので、せめて映画で疑似体験…って感じでした。

 | HOME |   NEXT>>

▲RENAULT LUTECIA3 RS ▲RENAULT Kangoo1 1.4 ▲FIAT MULTIPLA 
▲HONDA BEAT ▲Bianchi ROMA2 ▲Bianchi ALCAVALLO
第1位
最も人気のある記事
4桁プジョー  世の中には、邪道と呼ばれるも...(→続き)
第2位
最も人気のある記事
CLIO PH1〜2  ルーテシア(クリ...(→続き)
第3位
最も人気のある記事
フレンチベーシック  ルーテシア3が短期...(→続き)
第4位
最も人気のある記事
契約解除の真相は?  今日仕事から戻ると、株...(→続き)
第5位
最も人気のある記事
実はこのブログ、本日をもちまして…  200...(→続き)
第6位
最も人気のある記事
 クルマを洗うと雨が降る…、これいつものパターンで...(→続き)
第7位
最も人気のある記事
年休とって運動会!  小学生にとって一年の最...(→続き)
第8位
最も人気のある記事
気がついたら…  先日、ビートの幌を上げ、オ...(→続き)
第9位
最も人気のある記事
2台のムルに遭遇!  今日は隣町の北広島市に...(→続き)
第10位
最も人気のある記事
ホンダ復活ゥ?  2014年にエンジンレ...(→続き)

momo-cafe
Special Thanks to 通信制高校

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET