一難去って、また一難
2013年08月03日(土) 23:17
カングー受難

 皆さんは、インパネに警告灯が点灯したらどう思われますか?しかもこのエンジンマークの警告灯ってけっこうヤバそうですよね。マニュアルにも、即ディーラーへ、みたいにアドバイスがされております。

そう本日、カングーに見事点灯!

イタフラばかりに乗っていると、警告灯点灯=やばい!とはならないんですよね。クルマを走らせて、違和感がなければ、まずは、警告灯自体の誤作動とかを疑ってみます。

 そこで「誤作動だろうが何だろうが、点灯するなんてありえない、最低!」と思ってしまう人は、国産車を選ぶんでしょうね。
 「誤作動だった、ラッキー。修理しなくてもよかったし!」と思えるなら、イタフラを選んでもやって行けそうな人ですよね。

とりあえず、再起動を何度かしても警告灯は消える気配もなし。ただ走らせて、そんなにおかしな状況でもありません。…ていうことは、やはり誤作動の疑いは強いわけです。でも一応、テスターにかけてみて診断してもらうため、急遽ルノー札幌へ。あ、ちなみにカングーのメーターって「JAEGER製」なんですね。

 ルノーでの診断の結果、エラーが出ない、つまり警告灯の誤作動のようです。やっぱり。

とりあえず、一安心。そして、このあと仕事で行かなくてはならない場所があるので、帰路を急ぎます。心なしか、カングーの調子も良いみたい。そういえば昨年の今頃、オートマッチクを修理して、翌日調子がいいね。と思ったら、いきなりタイベルが逝ったことを思い出しました。

…デジャヴ?

 そんな予感が見事的中しました。家の近所まで来て、いきなりガギュギュギュギュルギュリギュルギュルルルルルゥ〜という異音が!

「え、誰?」と思ったら、どう考えてもうちのカングーです。ステアリングにガギュガギュギュって感じの振動が伝わり、最初間違いなく、タイヤ1本パンクしている!と思いました。思わずクルマを停めて確認しますが、タイヤは4輪とも無事。じゃあ何?っていうと。

 まずはフロントバンパーのこの部分が思いっきり落ちています。

 さらにここも垂れ下がっておりました。どうやらこの部分が地面についたり、タイヤと干渉して先ほどの異音となったようです。プラスチック樹脂の部分があちこち溶けています。さっきルノーにいたんだから、壊れるならその時に壊れてよ!と言いたくなってます。とりあえずは裏からガムテープ止めで応急処置です。後日またルノー札幌へ行かなくてはならなくなりました。



Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

▲RENAULT LUTECIA3 RS ▲RENAULT Kangoo1 1.4 ▲FIAT MULTIPLA 
▲HONDA BEAT ▲Bianchi ROMA2 ▲Bianchi ALCAVALLO
第1位
最も人気のある記事
CLIO PH1〜2  ルーテシア(クリ...(→続き)
第2位
最も人気のある記事
4桁プジョー  世の中には、邪道と呼ばれるも...(→続き)
第3位
最も人気のある記事
フレンチベーシック  ルーテシア3が短期...(→続き)
第4位
最も人気のある記事
大会終わる!  長いようで短いような(いや、...(→続き)
第5位
最も人気のある記事
ラリージャパン終わる…    先日、札幌を...(→続き)
第6位
最も人気のある記事
れんがのまち  商圏が他地域に移り、...(→続き)
第7位
最も人気のある記事
“Blue Ezo-chi”  冬の朝...(→続き)
第8位
最も人気のある記事
ガレージ床のシミ  ビートをガレージから動か...(→続き)
第9位
最も人気のある記事
まずは7万キロ!  ムルティプラは本日の出勤...(→続き)
第10位
最も人気のある記事
ニューシネマ・パラダイスを観よう!  先...(→続き)

momo-cafe
Special Thanks to 通信制高校

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET