ニュータイプへの覚醒
2008年11月01日(土) 19:42
アムロ、ガンダム行きまーす!


 「機動戦士ガンダム」という有名なアニメがあります。年齢的にも私は第一作(通称“ファースト”と呼ぶみたいですね。)をリアルタイムで見ていた世代です。今までのロボットアニメというと、地球征服のため敵が毎週毎週、怪獣みたいなロボットを送り込んで合体ロボットに乗り込む主人公達に倒される、という勧善懲悪な内容でした。その流れから、「戦争」というシチュエーションの中、少年たちの成長を描いたこの作品、子供ながらに「何じゃこりゃ!」と思いました。しかも敵(ジオン軍)の量産機「ザク」のデザインの格好よさ!当時日本で公開された「スターウォーズ」のメカデザインの影響も受けつつも、機能性を追及したデザイン、衝撃的でした。自動車界用語に「ガンダム的デザイン」というものがあり、三菱車(特に歴代のランエボ)はその典型でしょうか。実際、カーデザイナーの中にはガンダム世代の方も多くて、コンセプトカーなどの中には本当に意識をしてデザインされたものもあるようです。

 物語後半から「ニュータイプ」という概念がテーマとなってきました。人類が宇宙で生活をするなかで、眠っていた能力を覚醒させた人々を「ニュータイプ」と呼び、彼らがその能力ゆえに戦争に利用され悲劇が繰り返される…。そういう内容でした。私個人的に「ニュータイプ」という人の革新という概念は実際起こりうることだと思います。車の運転をしていると、勘が鋭くなったり、周囲の車の交通の状況を予期できたりしたことありますよね。別にこれは不思議な現象ではなく、十分起こりうると思います。自動車の走行速度は人間の肉体的な移動速度をはるかに超えています。そうなると人間はその環境にも適応させるため、五感が鋭くなったりするんだと思います。

 過去に私の経験でこんなことがありました。以前自宅とは離れた道路を運転していた時です。私の2台前を走っていた「スバルヴィヴィオ」の後姿を見た瞬間、何故か運転手が誰かわかった事があります。「あ、あのヴィヴィオ、○○○(知人名)だ!」
 ちなみにその知人とは10年以上会っておりませんでした。もちろんその人がどこに住んでいて、何をしていて、どんな車に乗っているかなど知るはずもありません。もっと言うとその知人のことすらその瞬間まですっかり忘れておりました。なのに何故かそう思い、車線変更して、ヴィヴィオに並び、運転席を覗き込みました。「やっぱり!」。向こうも気付き、少し驚きつつも手を振ってくれました。運転中何気なく車線変更したら、前に走っていた車が突然右ウインカーを上げたりすることもよくあるでしょう。F1パイロットが300km/hという速度で、超人的なパファーマンスを見せるのも、こういった感覚が常人よりも、もっともっと鋭いんでしょうね。人間ってまだまだ覚醒しそうです。

シャア専用サターン…。



 新しくオープンしたマクドナルドに娘とビートで行った時発見しました。真紅の機体にジオン軍マークとシャア大佐のパーソナルマークが鮮やかに描かれています。おそらくオーナーさんは、ホンダのTypeR(連邦の白いヤツ)あたりにバトルを仕掛け、「自動車の性能の違いが、戦力の決定的差でないことを、教えてやる!」とクールに言い放つのでしょうか。通常のサターンよりもきっと3倍速い事間違いなさそうです。


イタ車繋がりですね。

あっ!うちのも赤い・・・
イタイ、イタ車乗りにならならないように気をつけます。
この手の痛車でZECTというロゴとマークの入ったワゴンR見たことあります。
中に仮面ライダーでもいるのかな?
Liさんへ
痛車…以前にアニメの女の子がボンネットに描かれたシルビアを見た事あります。うわぁぁあって思いましたが、WRカーのステッカーチューンしたインプレッサなんかも一般人から見たら痛車なんでしょうかね。
yandouさんへ
ZECTバージョンのワゴンRですか…なかなかアツいですね。オーナーがシャレでやってくれてればいいんですが…。このシャア専用サターン、是非フロントガラスの上のルーフに指揮官用アンテナをつけてくれると完璧なんですがね。
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

▲RENAULT LUTECIA3 RS ▲RENAULT Kangoo1 1.4 ▲FIAT MULTIPLA 
▲HONDA BEAT ▲Bianchi ROMA2 ▲Bianchi ALCAVALLO
第1位
最も人気のある記事
CLIO PH1〜2  ルーテシア(クリ...(→続き)
第2位
最も人気のある記事
4桁プジョー  世の中には、邪道と呼ばれるも...(→続き)
第3位
最も人気のある記事
フレンチベーシック  ルーテシア3が短期...(→続き)
第4位
最も人気のある記事
契約解除の真相は?  今日仕事から戻ると、株...(→続き)
第5位
最も人気のある記事
“Blue Ezo-chi”  冬の朝...(→続き)
第6位
最も人気のある記事
話題のup!って? 先日、冬タイヤの件でルノ...(→続き)
第7位
最も人気のある記事
厚別通りでムル発見!  昨日は職場の慰労会で...(→続き)
第8位
最も人気のある記事
蝦夷地名物、ブラックアイスバーン!  雪道運...(→続き)
第9位
最も人気のある記事
アバカン(網走監獄)に行こう!!  前回...(→続き)
第10位
最も人気のある記事
フランスのすごいクルマ  気が付けばFBPか...(→続き)

momo-cafe
Special Thanks to 通信制高校

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET