1/24の世界
2008年11月09日(日) 15:31
スーパーカーを手に入れる…

 スーパーカーブームの洗礼を子供時分に受けた私としては、車のプラモデルというものは憧れの代替となるものでした。金銭感覚のない小学生として(今もないという噂だが…)「大きくなったらポルシェ930を買うぞ!」「じゃあオレはフェラーリ512BBを買って、お前なんかぶっちぎってやる!」などという戯言を本気で吐いておりました。しかし金額がいくらするのか、もしわかってもそれがいかに非現実なものなのかさっぱりわかってませんでした。
 少年時代、スーパーカーに乗るためのバイブルは池沢さとし先生の「サーキットの狼」なものですから、登場するライバルも当たり前にスーパーカーを所有しております。早瀬電気の御曹司早瀬左近、若手プロレーサーの飛鳥ミノルは別格にしても、四国の獅子、北海の龍、潮来のオックス、ハマの黒いヒョウなど、その辺の暴走族のリーダーは、それぞれ「デトマゾ・パンテーラ」「ランチャストラトス」「ランボルギーニ・イオタ(どうやって手に入れた??)」「ランボルギーニ・カウンタックLP400」を駆っています。今読むと、「実は皆、すごいお坊ちゃんなんだねー。」という認識になりますが。
 ですから、スーパーカーを手に入れる代替行為が「プラモデルづくり」でした。今思えば当時買った「マルイ」「ニチモ」のスーパーカーシリーズのレベルの高い事。高い事。憧れのカウンタックを買ったものの、リトラクタブルライト可動(麦球で点灯)ガルウィングドア可動、ボンネット可動、エンジンのハッチ可動、そして12気筒エンジン再現と明らかに小学生中学年の工作能力を超えてました。結局作れなかったり、壊したり、メチャメチャになったり。それでも自分としては誇らしげでした。

大人になって…


 模型作りも、スーパーカーブームの終焉により、自動車を作らなくなり、高学年になるとミリタリーの世界に行きます。「タミヤ」の1/35の戦車シリーズにはまりました。「パンサー」「タイガー?型」「キングタイガー」「ヤクトタイガー」などドイツ軍の戦車の格好いいこと。プラモデルをきれいに仕上げるだけではなく「汚し」を入れるということにもショックを受けました。そうこうするうちに、今度は「ガンダム」シリーズです。アニメで実在しないモビルスーツですが、ミリタリー色が強く、この辺は「戦車」の世界と近いものを感じました。そして、実際免許を取る頃には、また自動車のモデルに戻ってました。

 グンゼの「ロータスエラン」とタミヤの「ロータススーパーセブン」です。どちらも一般的な車ではありませんが、大学生当時(今も)好きだった漫画家の西風氏の「GTロマン」あたりを読んでいた影響でこの2台を作ったようです。


 タミヤはこの後、1/12で「ケータハムスーパーセブン」各種を発売するなど、スーパーセブンに拘わりを見せました。この初期の1/24シリーズもエンジンまで再現するなど、満足な内容でした。できれば、各バリエーション展開をして欲しかったです。





 こちらはご存知「フィアット500」です。タミヤではなくグンゼ製です。コレ作った当時は、「500」といえばグンゼでしかなかったので、是非ともタミヤのチンク作ってみたいですね。ニューチンクってモデル化とかされているんでしょうかね、最近模型店もとんと行ってないのでわかりません。


 カラーリングはやはり「ルパン」をイメージしてイエローで。シンプルですが独特の雰囲気はこのグンゼ製でも出ていると思います。確かこのシリーズで「セイチェント」も出てましたが、当時は「やはりつくるなら“チンク"だろぉ。」と言う事で買わなかった気がします。今ならチンクとセイを二台揃えるんですが…。





 こちらはDTMで大暴れした「アルファロメオ155DTM」(タミヤ製)です。F1で好きだったA.ナニーニがドライブ(腕切断の事故で引退した後、DTMでカムバック)したアルファですので作らない訳にはいきません。


 獰猛かつ美しいスタイリングはまさに「アルファ」です。超ワイド&ローのプロポーションも見事に再現しています。


 マフラーの上にある遮熱板が格好いいです。ドレスアップパーツとしても流行りましたよね。


 お次はラリーカーを。以前スバリストだった私は当然「スバルインプレッサWRX STI」を作ります。セダンで始まったインプレッサのラリーカーですが、最後の方はクーペでの参戦でした。実車でも、こいつのレプリカが限定で発売されましたよね。ノーマルよりもさらにワイドになった前後のフェンダーがただものではない雰囲気をかもし出しております。それにしても、「ソニックブルー」に「ゴールドのホイール」まさに「インプレッサ」ですよね。
 最近は忙しく、作る暇もないのが現状です。部屋にはまだ作っていないプラモデルが何箱かあります…。




momo-cafe Cook



 知り合いから大根を頂いたんで、大根を使った料理を。冷蔵庫にあるキムチもあるし、大根のキムチ煮を作ってみました。


 ごま油で豚肉とキムチを炒め、だし汁と麺つゆで大根を一緒に圧力鍋でグツグツ。ピリ辛ですが身体も温まります。
ダイキャストモデルかと思うくらいすごくプラモ作るの上手ですね〜。
最近、おもちゃ屋さん行ってもガンプラは山積みされていますけど車のプラモ置いているところって結構少ないですね。戦闘機や戦艦のプラモなんて皆無に等しいです。悲しい世の中です。
マニアックな模型屋さんも閉店することろが多く、お気に入りのプラモを見つけても塗料を手に入れられないので作りたくてもなかなかプラモを作れないのが現実でねすね。
なので最近はミニカー完成品に心奪われることが多いです。
R47さんへ
 
 確かに車のプラモデル少ないですよね。作る時は一気に完成させないと、何年も完成しなくなります。10年以上昔に買った、1/12のフェラーリのF1、エンジンを組んだ段階でストップしちゃってます…。最近本当つくってないですよ。コペンはモデル化されてますよね。どうですか?
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

▲RENAULT LUTECIA3 RS ▲RENAULT Kangoo1 1.4 ▲FIAT MULTIPLA 
▲HONDA BEAT ▲Bianchi ROMA2 ▲Bianchi ALCAVALLO
第1位
最も人気のある記事
momo-cafe COOK 巷ではハロウ...(→続き)
第2位
最も人気のある記事
 ここ北海道で、輸入車といえばドイツ車を指すことが...(→続き)
第3位
最も人気のある記事
6月生産終了決定  F1撤退、NSX後継開発...(→続き)
第4位
最も人気のある記事
FBPプロローグ  9月8日(日)千歳アウト...(→続き)
第5位
最も人気のある記事
フランスのすごいクルマ  気が付けばFBPか...(→続き)
第6位
最も人気のある記事
アムロ、ガンダム行きまーす!  「機動戦士ガ...(→続き)
第7位
最も人気のある記事
今観ても新鮮!  少し前に授業で、ヘップバー...(→続き)
第8位
最も人気のある記事
不具合は早めにね  今日は午前中、職...(→続き)
第9位
最も人気のある記事
子猫の名前は…  産まれて6日目の猫の赤ちゃ...(→続き)
第10位
最も人気のある記事
聖なる歌の物語  明日は、クリスマス・イヴで...(→続き)

momo-cafe
Special Thanks to 通信制高校

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET