キャンドルをつくろう!
2009年08月23日(日) 19:29
小樽のキャンドル屋さん


 今日はどこにいるかというと…札幌市のお隣の運河の町、小樽です。

 で、何で小樽にいるのかというと、キャンドルの手作り体験をさせてもらえるお店があるからです。ではちょっと行って来ましょう。


 ここは運河通りから、ちょっと奥まった所にある蔦がからまる石造倉庫が、キャンドルのお店『小樽キャンドル工房』(小樽市堺町1−27 0134-24-5880)です。

 1Fには色とりどりなツイストキャンドルや、アロマキャンドル、ゼリーキャンドルなど各種のキャンドルを取り扱っております。2Fにはクリスマスグッズコーナーとカフェ(『Cafe FLAME』)が入っております。


手作り体験スタート!



 今回選んだコースは『ゼリー キャンドル手作り体験』。クリアガラスの中にガラス細工を選んで、ゼリーキャンドルを流し入れて作ります。小学生でも簡単に作れるそうなので子供がチャレンジです。


 まずは、ロウソクの芯をストローに通し、グラスに敷くカラー砂を選びます。

 ロウソクの芯をグラスに固定し、砂を敷き砂に含まれる空気をしっかり抜きます。それから、ガラス細工をトッピングします。でも実はこれは罠です。この体験の基本料金は1300円、しかしトッピングのガラス細工は別料金です。だからあれこれ選ぶと、とんでもない金額になってしまいます。


 選んだガラス細工は、チワワ、ヒヨコ、ミツバチそしてビー玉2個。それをグラスに並べました。いよいよゼリーキャンドルを流し込みます。


 まずは、ガラス細工が隠れる位の量のゼリーキャンドルを流し込みます。そして、固まるのを待つ事1〜2分。
 黒いワイヤーは、芯が曲がらないようにするためのものです。


 それではゼリーキャンドルを上まで流し込みます。あとは、30分間冷蔵庫で冷やして完成。固まる間、店内の商品をあれこれと眺めてます。


 はい、これが完成版です。一応火を灯さない時は、ホコリが付くのを防ぐため、サランラップをかけとくといいそうです。


 こちら、待ってるいるうちに買ってしまったビールジョッキのキャンドル(笑)。


 手前のシュークリームのキャンドルは子供が欲しがったもの。クリームの甘い香りがします。ただかなり香り強いので匂いに弱い私は、ちょっとダメかもです。

 キャンドル作り体験は他にも色々なコースがありますので、子供は機会があればまた来て作ってみたいそうです。
うちも昨夏同様なキャンドル作りましたよ。

無料の飾りばかり選んで安く上げる代わりに敷き砂に凝った際に、欲張って砂を7色に重ねたのは良かったんですが、帰りのムルティプラの振動で見事に砂だけ混ざって7色の層が消滅(泣)
短い虹でしたが今も火は点けぬままかざってあります。
イニシャルMさんへ

7色の虹、残念でしたね、クルマがムルティプラではなくてシトロエンのハイドロのヤツなら無事だったんでしょうね(笑)
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

▲RENAULT LUTECIA3 RS ▲RENAULT Kangoo1 1.4 ▲FIAT MULTIPLA 
▲HONDA BEAT ▲Bianchi ROMA2 ▲Bianchi ALCAVALLO
第1位
最も人気のある記事
納車されました! 2月19日に、やってきた...(→続き)
第2位
最も人気のある記事
思わぬ伏兵…  「世界一醜い車」これがムルテ...(→続き)
第3位
最も人気のある記事
本日納車です!  昨日、PEUGEOT札...(→続き)
第4位
最も人気のある記事
ハマーの売却先は?  GMの破綻を受けて、採...(→続き)
第5位
最も人気のある記事
4桁プジョー  世の中には、邪道と呼ばれるも...(→続き)
第6位
最も人気のある記事
お忙しいとこスミマセン。  5月に一度、職場...(→続き)
第7位
最も人気のある記事
momo-cafe CRAFT  小学生の頃...(→続き)
第8位
最も人気のある記事
FBPプロローグ  9月8日(日)千歳アウト...(→続き)
第9位
最も人気のある記事
 ここ北海道で、輸入車といえばドイツ車を指すことが...(→続き)
第10位
最も人気のある記事
学校に泊まろう!  今年も逃げ出したくなる時...(→続き)

momo-cafe
Special Thanks to 通信制高校

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET