シャッター街を走る!!
2010年05月25日(火) 00:02

JR江別駅前は、日曜日に関わらず人っ子一人歩いておりません。この写真は朝早くのものではなく、日曜日の午後のものです。商店は軒並みシャッターを閉めております。
 ですから通称“シャッター街”とも呼ばれております。そんな駅前周辺をゆるゆると自転車で流してみます。





 ここは、『アートスペース 外輪船』。江別駅周辺は昔、石狩川の水運が盛んだった地域。ですからその周辺には倉庫群が立ち並んだと言われております。その一つの『岡田倉庫』を改装して市民の術・文化の発信基地として平成17年に生まれ変わりました。


 主に劇団の稽古場として、また各種イベントや会議でも利用されております。静かな昭和の風情のある庭に立つと何とも不思議な感覚に襲われます。


 『外輪船』の向かいには、素敵なcafeがあります。『OLD−e#』(江別市2条2丁目会社通り)…大正9年に建造された旧第十二銀行を改装したCAFE&REST BAR-LOUNGE。江別産の食材にとどまらず食器にも地元の作家の作品を使用するこだわりの店です。以前はちょこちょこと利用したことがありましたが、最近はちょっと御無沙汰しております。店内には当時の看板や、地図や資料などがディスプレされており、雰囲気の良いお店です。


 『OLD−e#』の側にあるレトロな雰囲気な『ビューティーサロン 毛内(もない)』。カラフルな玄関の上のテントが良い味を出しています。美容室としての評判は良くわかりませんが、不思議な雰囲気を醸し出しております。


 石造りの倉庫に併設された『木村書店』。郊外型の書店の風ではなく、古くて懐かしい本屋さんです。中学生のころ教科書などを買いに行ったのを思い出しました。


 駅前から少々離れたところにある教会。『江別カトリック教会』。亡くなった母親が洗礼を受けたのも、葬儀をあげたのもこの教会でした。最近忙しくて、不義理にしていましたんで、時間をつくって教会に礼拝に行かなきゃなぁと改めて思いました。


 自宅付近の住宅地を自転車で散策。そうすると、結構味わい深い車を発見する事が出来ます。『フィアットパンダ100HP』。1.4リッター 100馬力 6MTというスペックは車好きには刺さります。カラーも白黒でまさに“パンダ”。何とうらやましい車です。

他にも、ポルシェを中心にVWを数台持ってる素敵な家族がいたりと、自転車なら普段の車の生活で見落としがちの風景に出会えますよね。
フィアットパンダ100HP、東京でも見かけた事が無いです。
札幌近郊って趣味の車が多いようで楽しそうですね。
石造りの倉庫を利用した商店、レトロで温かみがあります。
江別は江別文化と言われる江別式土器が有名だそうですね。
町並みに、大昔からの文化を感じます。

フィアットパンダ100HP、普通のパンダと違って精悍なスタイルですね。日本に何台入って来たのでしょうか。
カトリック教会?に反応してしまいました。
お母様がカトリックの信者さんだったとは!
なんというか、日本のクリスチャンは1%以下なので、ほんと、びっくりです。

北海道は古い教会が多いところですね。内村鑑三の札幌バンドですものね。


良い色のパンダ100HPですね。
同じマンションの住人に黒/グレー、だったと思いますが、ツートンのオーナーがいます。クルマ談義をしてみたいのですが、近所づきあいが薄いマンションなので実現せずです。黒もやる気あふれるたたずまいで、いい感じですよ。

愛知・岐阜は古くからのショップが何軒かあって、がんばってますのでイタ・フラ率が高いですよ。しかも小型車が。でも、岐阜で100HPを見かけたのは、主治医のところ以外ではその一台だけです。
らしくんさんへ

北海道は雪があるので、なかなか趣味のクルマを選びにくい環境ではないでしょうか。ただ土地代が安いので、趣味クルマをガレージにしまって、4WDを普段使いにするって人も確かに多いかもしれませんね。春になると、けっこう楽しそうなクルマが走り始めますから。
ののさんへ

江別式土器や江別文化をご存知とはなかなかの博学ですね。レトロな商店街ですがレトロすぎて心配になります。最近若い人達を中心に、レトロな建造物をお洒落にいかす取り組みが、少しずつ始まってはいます。パンダ100HPは以前限定で入ってきて最近また入ってきたかと思います。この白黒の個体は最近の輸入の物ではないのかと想像します。
ヒロっちさんへ

そういえばヒロっちさんもクリスチャンでしたよね。母親が長い闘病中に心の支えとして、入信し洗礼を受けていました。田舎の教会で、こじんまりとしていますが、あたたかく趣のある教会です。私は幼稚園の時、キリスト教の幼稚園だったせいか、教会にはとても懐かしいものを感じます。真剣に、また通いたいなぁと思い始めております。

北海道は、ディラーが◎×※@なので、イタ車は未だ普及しておりません。また個人のショップも十分ではありません。ですから北海道では輸入車といえばドイツ車とミニを指すような状況ではないでしょうか。
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

▲RENAULT LUTECIA3 RS ▲RENAULT Kangoo1 1.4 ▲FIAT MULTIPLA 
▲HONDA BEAT ▲Bianchi ROMA2 ▲Bianchi ALCAVALLO
第1位
最も人気のある記事
これは…まさか…  いきなり心臓に悪いト...(→続き)
第2位
最も人気のある記事
久しぶりの晴天!  今日の札幌は最高気温31...(→続き)
第3位
最も人気のある記事
週末のお仕事  本業の方は、新年度が始ま...(→続き)
第4位
最も人気のある記事
ユルクテモイイジャン  車格の上では、我が家...(→続き)
第5位
最も人気のある記事
現実逃避…?  例年、この時期、演劇の大会で...(→続き)
第6位
最も人気のある記事
6月生産終了決定  F1撤退、NSX後継開発...(→続き)
第7位
最も人気のある記事
困るんですよね…。  ブログをやっていて...(→続き)
第8位
最も人気のある記事
来週から雪が降るそうです  しばらくお休...(→続き)
第9位
最も人気のある記事
自転車のチェーン、直して下さい。  7月とい...(→続き)
第10位
最も人気のある記事
 昨日1007を入院させ、日曜の夕方までに修理をす...(→続き)

momo-cafe
Special Thanks to 通信制高校

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET