ルーテシア短期入院
2013年06月10日(月) 21:27
ルーテシア3→2


 うちのルーテシア、シートのサイドサポートのフレームの溶接が外れていてどうにもこうにも身体をしっかりホールドできておりません。しかもこのフレーム、キャキュキョキョキョと鳴くので運転中けっこう気になってました。

 そして再発した、ステアリング表皮剥がれ病がどんどん侵攻中。

そんなこんなでルノー札幌で交換となりました。そこで気になるのは代車でしょう。
今回は以前にもお借りしたルノールーテシア2の1.4。いつものうちのルーテシアよりも一回り小ぶりなクルマです。


 クルマを預けて、帰宅。ほぼ同じ世代の我が家のカングーと2ショット。


 それにしてもこのルーテシア2ってすごいクルマだとあらためて実感。特別手の込んだスペシャルなクルマではなく、どちらかというとごく普通の実用車。なのに、なのに何でこんな気持ちいいんでしょう。
まずドアを開けてシートに腰を落とすだけでけっこう幸せになれます。しっかり身体をホールドしつつ、ふんわり包み込むシート。中折れヘッドレストの感触だけでも感動ものです。

足もほんわかしながらも、ルノー特有な路面に吸い付くような感覚。普段気にならないのですが、うちのRSの足、これと比べるとやっぱり固い部類にはいるんだな、と実感。この小さなハッチバックで十分ことは足りるような気がしました。

 万人には媚をうらないこの時期のルノーらしいデザインなので、刺さらない人は多いかもしれません。そしてこの昆虫顔に拒否感が起こる人も多いでしょう。

でも、でもいいクルマ。乗らなきゃわからない、言葉で伝えられないクルマってあるんですよ。ちなみに私、ルーテシア4よりルーテシア2の方が所有したい気になってます。後ろのアングルから見ると何とも魅力的なデザインですよね。ちょっとそのカタチをイメージしてカメラをパチリと撮ってみました。


Befor After



 忙しいと、無性に…、また始まりました。いつものパターンです。
我が家の階段ですが、どうしても重々しく、そして暗い。まさか光を取り込む天窓を付けるわけにもいきませんので、簡単に明るくしてみたいと思い挑戦。どうするかって?


 なんという事でしょう。

階段の蹴込みの部分を白くペイントされているではないでしょうか。


たったこれだけで、ずいぶん印象が変わりますよね。





演劇小道具・大道具



 先週末、久しぶりに真夏のような気温がつづいたここ札幌。『さっぽろ高校生演劇合同ワークショップ』がいよいよ今週末に迫ってきました。つきましては大道具チームも最終決戦です。昨日製作したのが、まずこいつ。ネズミの芝居なのでもちろんお約束のチーズ。穴が開いている、いわゆるトムとジェリーのようなチーズです。


つづいてトウモロコシ。ちなみに道民は“とうきび”と発音します。部分的にトウモロコシの粒が取外せます。


そして、ようやく大物である、“捨てられた靴”が完成。靴の下にキャスターを付けております。

舞台は6月15日・16日に『北方圏学術センター ポルトでの上演となります。皆さま、こんな小道具大道具も登場する芝居です。是非お誘いあわせの上、足をお運びください。
いや〜
いいですわ。メガーヌRS。
マイカーバカ発言ですみません。(笑)
3週間ぶりだったもので・・・
代車のルーテシア2のグレー系ってコレだけでしたっけ?
前にフェイズ1を借りた事があった様な無い様な・・・
ま さんへ
よくわかります。やっぱり自分のクルマがいいってことを。3週間も乗れないんじゃストレスたまりそうです。

ルーテシア2フェイズ1の代車は自分は知りません。でもフェイズ1って気になるクルマですよね。
 ウチのでよければいつでもどうぞ(笑) ほんと、しみじみと、イイクルマなんですよね。
派手さもギミックなものない、でも基本を押さえているフランス実用車が売れる・・・日本もそういう成熟したマーケットだと嬉しいですが・・・
価格の問題もあるし、難しいのかな。(弱気w)
かつて乗っていたtwingoなんかは、デザインも可愛いとかありましたが、基本性能が素晴らしかったな。。。。懐かしやフランス車のイス・・・
bleuarticさんへ
bleuartic さんが大切にしているのがよくわかります。
国産も新車当時はよく出来ていると感じるものもありますが、10年後しゃっきりしているのは輸入車なんですよね。
ルーテシアは皆が驚く機構があるわけでもないのに、この完成度は何?って感じです。これを知らないのはもったいないと思います。
きたムルさんへ
このルーテシア、後ろの窓はオートではなく懐かしの手回し式。そんな割り切りの良さがカッコいいわけですですが、シートは本当びっくり。なぜ当たりまえのコンパクトカーにこんな椅子が!って感じ。ただ仏蘭西車はどうしても「おしゃれ」「小粋」などのよくわからない心地よい言葉で説明され、その本質が今一つ伝わらないのもメジャーになれない要因かもしれませんね。
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

▲RENAULT LUTECIA3 RS ▲RENAULT Kangoo1 1.4 ▲FIAT MULTIPLA 
▲HONDA BEAT ▲Bianchi ROMA2 ▲Bianchi ALCAVALLO
第1位
最も人気のある記事
CLIO PH1〜2  ルーテシア(クリ...(→続き)
第2位
最も人気のある記事
4桁プジョー  世の中には、邪道と呼ばれるも...(→続き)
第3位
最も人気のある記事
フレンチベーシック  ルーテシア3が短期...(→続き)
第4位
最も人気のある記事
大会終わる!  長いようで短いような(いや、...(→続き)
第5位
最も人気のある記事
ラリージャパン終わる…    先日、札幌を...(→続き)
第6位
最も人気のある記事
れんがのまち  商圏が他地域に移り、...(→続き)
第7位
最も人気のある記事
“Blue Ezo-chi”  冬の朝...(→続き)
第8位
最も人気のある記事
ガレージ床のシミ  ビートをガレージから動か...(→続き)
第9位
最も人気のある記事
まずは7万キロ!  ムルティプラは本日の出勤...(→続き)
第10位
最も人気のある記事
ニューシネマ・パラダイスを観よう!  先...(→続き)

momo-cafe
Special Thanks to 通信制高校

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET