完成しました!
2010年10月30日(土) 23:02
夏休みの思い出をとりに…

 この間の日曜日の3時頃、携帯電話が鳴りました。ちょうど1007のタイヤ交換をしていた頃です。見慣れない電話番号でしたが、出ると「道民の森」の管理事務所からでした。

 夏休みにいきなり「道民の森」にキャンプに行った話を、このブログで書きました。そこで陶芸体験をしたわけですが、その時の陶芸が完成したので取りに来て欲しいとのこと。どんな仕組みになっているかというと、そこで粘土をこねて、作品のカタチを作り、それらに塗る釉を指定すると、後に乾燥させて釉を塗り、焼いてくれます。で完成したら取りに来い、という流れです。

 で、何でも「道民の森」は冬季間は営業しておらず、10月いっぱいで今年は終わりです。ですから電話のおねえさんは、今月中までに取りに来て欲しいとのこと。時間は毎日16時まではやってますので…とおっしゃっています。

 …ここで確認。電話をもらったのが10月24日日曜日の午後です。どう考えても、平日取りに行くのは不可能。ちなみに30日土曜日は出勤、31日日曜日は子どもの学芸会…。うーん、連絡遅いよー…。
 ということで、今日仕事を終えた足で、子どもと「道民の森」へ行きました。片道40km程度ですが、それでも仕事から帰ってきたのが、2時近いわけですので、結構ぎりぎりです。途中の森の木々もきれいに紅葉しており、それはそれで目の保養になってます。


Before


 ちなみにこれが、夏休みのキャンプの時に作ったものです。この粘土が匠の技により大きく変化します。


After


 何ということでしょう。娘の作品です。ネコの絵を描いた皿と、ハートの壁かざりです。それと小皿。

 で、こちらは右側のマグカップが私の作品です。左のカップと葉っぱの箸置きは、通称“ねえさん”の作品。
 完成品を見て、「…あれ、こんな色の釉選んだっけ?」というのが率直な感想。一応、色を選ぶ時、サンプルを見たはずでしたが、全く思いもよらない色になっておりました。もっとも、じゃあどんな色を選んだつもりよ?って聞かれると、さっぱり覚えておりませんので何とも言えないところです。
まぁ、陶芸って、土と火と偶然がつくり上げる芸術品ということでまとめてみましたが、いかがなものでしょうかね。
お手軽に作ってみよう!
2010年09月05日(日) 20:32
「あるもの」とはこれです!

 
 昨日のブログに「あるもの」を作ってます的な記事を載せました。それがこれです。…で、何ですか、これは?上にフックのようなものがついております。
 主な材料は2×4材 6フィート1本(約250円程度)、1×4材 6フィート1本(約200円程度)、フック2個(400円程度)以上。際業にかかった時間30分程度。簡単です。

 フックの内側にはこんな加工が必要。この黒いのは、パンクして使い古した自転車のチューブの切れ端を再利用。つまりエコです。

 全長180cmちょいあるこの物体、職場でちょちょいと組みました。で、家に持ち帰るわけですが今日は、訳あってムルではなく、1007。でもコンパクトな1007でもこの通り、積載できます。


 もう、おわかりですね。これは自転車用のスタンドです。自転車が2台になったので、効率的に置きたいと考えてました。


 ほら、こんな感じです。今回30分程度で、約1000円の出費で完成。DIYなんで自己責任で、自転車を吊り下げます。スタンドはしっかり自立しているので、普通に扱えば倒れてくるおそれは、まずなさそうです。お手軽にできますので自転車の置き場に困ってる方は是非作ってみてはいかですか?
 
夏休みの工作!
2010年07月27日(火) 23:07
カウンターを作ろう!!

 夏休みに入り、居間の模様替えを始めています。まずは、窓際にカウンターを作ろうということで、ジョイフルAKへ。そこで木材等を買い込み、早速製作開始。場所はいつもビートが鎮座しているガレージですが、ビートを追い出し作業場と化しました。

 夕食を食べ終わったあと、全体のペーパーがけをした後、ニスを塗ります。塗り終わって気がつけば日付が変わっておりました。

 朝、仕事に行く前に中板を固定して、夕方さらにペーパーがけして、ニス塗りです。

 完成して、居間に置いてみました。すると早速ネコらが登ってきます。

 天気がいい日、空を見ながら、コーヒー片手に読書でもしましょうか。とりあえず製作費は6000円程度。ま、反省は、高くても、もうちょい厚い板にすれば良かったかなぁってとこですかね。
ホワイトアウトの夜
2010年01月22日(金) 23:00
目かくしで走っております…


 この間の大雪の影響で、すっかり道路が狭くなりました。そのため普段快適な通勤ルートでも渋滞が起こっております。そんな中、先日の帰り道…。気温は氷点下10℃前後で、路面は非常の滑ります。私の通勤ルートは距離にして10数kmくらい、周囲が農地や原野の中を走行します。そこに強風が吹き、雪が道路に向ってすごい勢いで舞うのを想像してみてください。

 視界が一瞬にして消失します。しかも、路面はツルツルの状態です。


 この路線は、トラックなどの大型車が多いため、すれ違った時は、さらなる恐怖が待ち構えます。

 道路に積もった雪は、大型車が通行するたびに舞い上がり、もう完全に目かくしをされたような状態となります。どれだけひどいかというと、家に着くまでに、右折しなくてはなりませんが、ホワイトアウトのため、視界を奪われてます。…で結果、気が付くと右折する場所に気がつかず、そのまま直進してしまいました。


北海道の冬の特権!



 ここ数日、メチャクチャ寒かったのですが、文句を言っても仕方ありません。この寒さを逆手にとって、何か遊びましょう。
 用意するものとりあえずは、バケツとお湯のみ。要するにバケツにお湯を入れ、玄関先に出しておきます。何で水ではなくお湯なのかというと、凍る際、その方が気泡ができにくく、より透明度の高い氷を作るためです。
 外気温は−10℃前後です。1〜2日(気温によります。)で完成。バケツを横にして、上からお湯をダバダバァーってかけると、バケツから氷が、カポッて抜けます。さすがにバケツの水が完全凍結には至っておらず、バケツと接した部分のみが凍ります。真ん中のまだ固まって部分の水を抜いて完成。
 冷たい氷が、ロウソクの炎で、何だか温かみが出てきます。現在は早速もう一つ作成中です。


 一転して今日の朝です。気温は低いですが、天気は晴れです。昨夜降った雪が、木々の枝に積もっている姿は、何だかとってもきれいな気がします。
エポック社の仕掛ける罠…
2009年02月15日(日) 18:38
シルバニアの森


 誕生日に『シルバニアファミリー』をもらった娘ですが、早くもバージョンアップしたくて、たまらないようです。ヨドバシカメラで、ウサギの赤ちゃんの人形と、赤ちゃんベッド、そしてキッズテーブルセットを購入。一つひとつの人形や家具等は数百円という手ごろな価格帯なのですが、とにかく膨大に種類があるものですから、慎重に買わざるを得ません。そして、もう一つエポック社の仕掛けた巧妙な罠に気づかされました。

 それは、家具を買うとあっという間に家が狭くなるということです。つまりそうなると、新しいより大きな家を購入、そして引越さなくてはならないということです。家は大体5000円くらいのものから、9000円くらいまであります。これは結構な買い物になります。子供はあれこれ家具を買おうとしております…。ということは、家も…。おそるべき戦略です。金持ち父さんならいざ知らず、貧乏父さんにはこれはボディブローのようにじわじわ効きそうです。しかも、この手のドールハウス風なのはお父さん的にも嫌いではありません。さてどうしたものか…。


 そこで貧乏父さん、お金はありませんがDIYができます。庶民の味方「百均ショップ」でこんなプラスティックの箱と、包装紙、そしてハンカチの3点お買い上げ。合計315円也。


 …包装紙を壁紙にして、ハンカチをカーペット代わりにして、あっという間に「何ちゃって子供部屋」が完成です。


 まだスペースがありますので、まだ家具を買い足しても余裕があります。


 ま、300円で一部屋が完成するなら手頃じゃないでしょうか。大きな家を購入するまでの辛抱のためにも、あと何部屋か増築しなくてはなりませんね。
1/24の世界
2008年11月09日(日) 15:31
スーパーカーを手に入れる…

 スーパーカーブームの洗礼を子供時分に受けた私としては、車のプラモデルというものは憧れの代替となるものでした。金銭感覚のない小学生として(今もないという噂だが…)「大きくなったらポルシェ930を買うぞ!」「じゃあオレはフェラーリ512BBを買って、お前なんかぶっちぎってやる!」などという戯言を本気で吐いておりました。しかし金額がいくらするのか、もしわかってもそれがいかに非現実なものなのかさっぱりわかってませんでした。
 少年時代、スーパーカーに乗るためのバイブルは池沢さとし先生の「サーキットの狼」なものですから、登場するライバルも当たり前にスーパーカーを所有しております。早瀬電気の御曹司早瀬左近、若手プロレーサーの飛鳥ミノルは別格にしても、四国の獅子、北海の龍、潮来のオックス、ハマの黒いヒョウなど、その辺の暴走族のリーダーは、それぞれ「デトマゾ・パンテーラ」「ランチャストラトス」「ランボルギーニ・イオタ(どうやって手に入れた??)」「ランボルギーニ・カウンタックLP400」を駆っています。今読むと、「実は皆、すごいお坊ちゃんなんだねー。」という認識になりますが。
 ですから、スーパーカーを手に入れる代替行為が「プラモデルづくり」でした。今思えば当時買った「マルイ」「ニチモ」のスーパーカーシリーズのレベルの高い事。高い事。憧れのカウンタックを買ったものの、リトラクタブルライト可動(麦球で点灯)ガルウィングドア可動、ボンネット可動、エンジンのハッチ可動、そして12気筒エンジン再現と明らかに小学生中学年の工作能力を超えてました。結局作れなかったり、壊したり、メチャメチャになったり。それでも自分としては誇らしげでした。

大人になって…


 模型作りも、スーパーカーブームの終焉により、自動車を作らなくなり、高学年になるとミリタリーの世界に行きます。「タミヤ」の1/35の戦車シリーズにはまりました。「パンサー」「タイガー?型」「キングタイガー」「ヤクトタイガー」などドイツ軍の戦車の格好いいこと。プラモデルをきれいに仕上げるだけではなく「汚し」を入れるということにもショックを受けました。そうこうするうちに、今度は「ガンダム」シリーズです。アニメで実在しないモビルスーツですが、ミリタリー色が強く、この辺は「戦車」の世界と近いものを感じました。そして、実際免許を取る頃には、また自動車のモデルに戻ってました。

 グンゼの「ロータスエラン」とタミヤの「ロータススーパーセブン」です。どちらも一般的な車ではありませんが、大学生当時(今も)好きだった漫画家の西風氏の「GTロマン」あたりを読んでいた影響でこの2台を作ったようです。


 タミヤはこの後、1/12で「ケータハムスーパーセブン」各種を発売するなど、スーパーセブンに拘わりを見せました。この初期の1/24シリーズもエンジンまで再現するなど、満足な内容でした。できれば、各バリエーション展開をして欲しかったです。





 こちらはご存知「フィアット500」です。タミヤではなくグンゼ製です。コレ作った当時は、「500」といえばグンゼでしかなかったので、是非ともタミヤのチンク作ってみたいですね。ニューチンクってモデル化とかされているんでしょうかね、最近模型店もとんと行ってないのでわかりません。


 カラーリングはやはり「ルパン」をイメージしてイエローで。シンプルですが独特の雰囲気はこのグンゼ製でも出ていると思います。確かこのシリーズで「セイチェント」も出てましたが、当時は「やはりつくるなら“チンク"だろぉ。」と言う事で買わなかった気がします。今ならチンクとセイを二台揃えるんですが…。





 こちらはDTMで大暴れした「アルファロメオ155DTM」(タミヤ製)です。F1で好きだったA.ナニーニがドライブ(腕切断の事故で引退した後、DTMでカムバック)したアルファですので作らない訳にはいきません。


 獰猛かつ美しいスタイリングはまさに「アルファ」です。超ワイド&ローのプロポーションも見事に再現しています。


 マフラーの上にある遮熱板が格好いいです。ドレスアップパーツとしても流行りましたよね。


 お次はラリーカーを。以前スバリストだった私は当然「スバルインプレッサWRX STI」を作ります。セダンで始まったインプレッサのラリーカーですが、最後の方はクーペでの参戦でした。実車でも、こいつのレプリカが限定で発売されましたよね。ノーマルよりもさらにワイドになった前後のフェンダーがただものではない雰囲気をかもし出しております。それにしても、「ソニックブルー」に「ゴールドのホイール」まさに「インプレッサ」ですよね。
 最近は忙しく、作る暇もないのが現状です。部屋にはまだ作っていないプラモデルが何箱かあります…。




momo-cafe Cook



 知り合いから大根を頂いたんで、大根を使った料理を。冷蔵庫にあるキムチもあるし、大根のキムチ煮を作ってみました。


 ごま油で豚肉とキムチを炒め、だし汁と麺つゆで大根を一緒に圧力鍋でグツグツ。ピリ辛ですが身体も温まります。
冬休みの宿題、遅れましたが…
2008年02月03日(日) 19:46
電話台を作ろう!



 居間のパソコンの横にカラーボックス置いてそこに電話を置いていますが、できれば収納量の多く隙間にピタッと収まる台が欲しいという嫁さんの要望で電話台を作ることに。
 設置予定の場所のサイズを計り、製作開始!実はこれ、冬休み中の昨年12月の末の話です。図面はもっと前に引いたんですが、のびのびになっていました。でようやく先日完成。



 何でこんなに時間がかかったかというと、単純に本業が忙しかったのと、下の段の右側のスライド式の扉の加工に手がかかったためです。私の工作や演劇の大道具製作の影の師匠Y氏のアドバイスと技術指導(?)により見事完成しました。Y氏にはこの場を借りてお礼申し上げます。



 この扉に、アルミのレールを取り付けており、一応、雑誌等をディスプレイすることが出来ます。


 パソコンデスクの横に、設置。自作のよい所は、自分の必要なサイズの家具が造れるということでしょうね。

最近気になる車…


 登場した頃は、全く正直ささらなく、むしろ否定的でもあった車が、しばらくして途端にグラッとくることってありませんか?ムルティプラは当面我が家の主力戦闘機(輸送機?)であることは間違いないのですが、そろそろ、我が家の次期支援戦闘機の選定がちらつきはじめています。次の車何がいいかなぁ?と迷って、カタログ眺めている時期が一番楽しいのかもしれません。ウチの支援戦闘機の今回の条件とは、?小柄なボディサイズ。?嫁さんが主に運転するため、子供の乗車が便利なこと。?買い物等の荷物が積める事。?飽きのこないデザイン。?今回はATであること。?でもMT大好きな私も運転するので、走りが楽しい事。?嫁さんの好みに合うこと。この条件を満たしていると思われる車とは?ということで、今日PEUGEOT札幌南に行ってきました。



 はい、ご存知プジョー1007です。



 「106」発売時、かなり欲しかったので、この1007発表当時は、「えぇぇぇえ?!」と思った記憶があります。単純に「106」の後継だと勝手に思ってたんでガッカリ感も大きかったです。後「107」の話を聞き、「これは今までのプジョーのシリーズではないんだぁ。」と少々納得しました。で、ここ最近、道で何台か「1007」とすれ違う機会があり、次第に「いいかも」と思いはじめました。

?いちおう3ナンバーですが、コンパクトなサイズで運転しやすそうです。
?両側電動スライドドアは子供がいると、便利そうです。?シートを折りたたむと結構な収納が!?ピニンファリーナデザインです!とくにドアレールの処理が抜群に格好いいです!?クラッチレスの2ペダルです。?パドルシフトでMT感覚で走れそう。?嫁さんは実はプジョーファンです。条件に唯一合わないのは値段くらいか?ディラーには1.6の試乗車がお安く置いてました。購入時期に、ぜひこのような新古車や、展示車、試乗車等でいい物件があることを願っています。



 帰り道、江別でいつも行列が出来るラーメン屋「らぁめん銀波露(ぎんぱろう)」で夕食を。カリカリにんにくとゴマ、大きなチャーシューが美味しいラーメンが特徴です。中華鍋で野菜を炒める際、激しく立ち上がる炎のパフォーマンスにも注目です。(北海道江別市大麻113-12 電話:011-387-0010 営業時間:11:00〜22:00 定休日:無休)
ようやくつくりました。
2007年09月04日(火) 00:40
衝動買いですが…




 先日の日曜日、久しぶり休みだったので、サッポロビール園の隣の、ショッピングセンター、アリオに家族でいきました。
以前から、家の居間に何か絵かポスターを飾りたいね、という話し市をしていたのですが、本屋の「丸善」で、一枚のポスターを見つけました。
渡辺ひろしさんという作家さんの書いた、うさぎです。他に、青空に動物の形の雲をテーマにいくつかの作品もありました。その中から、嫁さんはこのうさぎを見つけ購入。店員さんも「渡辺ひろしさんの作品は白いフレームで飾るといいですよ。」とアドバイスももらいました。

前からつくろうと思ってましたが…








 以前、和食系の定食屋に行った時出てきたトレイというかプレートを見てて、「いいなー」と思ってました。
大して面倒でもないんで、自分で作ろうと考えてたのですが、なかなか暇がなく(つくろうと思えば、ない訳じゃないんですが…)、材料を用意して、そのままになってましたが、とうとう今日作りました。
板に角材を木工用ボンドで貼り付け、乾いてから電動やすりで表面をやすり、エッジを落として、耐水性と強度を考え、ウレタンニス(透明)で塗装。
とりあえず家族3人分完成です。お店で買ってきたものの方が完成度は高いですが、自分で作ったものというのも味があっていいかなぁって思います。

ちょっとだけ、食事が楽しくなればいいなぁと考えています。


ご先祖様を作ってみよう! 2005/08/27
2005年08月27日(土) 21:59
紙の車




 10年位前に購入したCD-ROM。ペーパークラフトで有名な溝呂木陽氏の「デジタルな紙のクルマ。」
 ミニやチンク、エス、2CV、ビートル、ジュリアにSZ・TZ、カニ目にモーガン、イセッタなどなど非常に濃いラインナップのペーパークラフトが収録されています。本来は本でしたが、実際展開図を見ているだけでも楽しくなるこの本を切り取るのは結構勇気のいる行為。でもCD-ROM ならいくらでもプリントアウト出来るのでそんな心配も無用。しかも、カラーバリエーションも豊富、その気になればグラフィックソフトを使い、自分でオリジナルなカラーリングも可能という優れもの。
ノスタルジックなラインナップに、オリジナルムルティプラも収録されているじゃないですか。そこでプリントアウトし造ってみました。どうでしょう?ミニカーやプラモデルもいいですが、たまにこんなほのぼのしたモデルカーもありではないでしょうか。




 現行の2代目ムルチ(フェイズ1&2)とオリジナルムルチ。40年以上のブランクを経てのモデルチェンジ(?)
当然共通点も見出すことは難しいです。強いて言えば6人乗りということだけ。ただ他の何にも似ていない、一度見たら絶対忘れられないスタイリングにその遺伝子を感じることができるかもしれません。
 いつの日かオリジナルムルチを手に入れ、ガレージに新旧ムルチを並べられたらなどと夢想してしまいます。(この奇妙な2台で12人!運べちゃうんですよね。)

<<BACK   | HOME | 

▲RENAULT LUTECIA3 RS ▲RENAULT Kangoo1 1.4 ▲FIAT MULTIPLA 
▲HONDA BEAT ▲Bianchi ROMA2 ▲Bianchi ALCAVALLO
第1位
最も人気のある記事
CLIO PH1〜2  ルーテシア(クリ...(→続き)
第2位
最も人気のある記事
フレンチベーシック  ルーテシア3が短期...(→続き)
第3位
最も人気のある記事
まずゾロ目を…  2日の事故、まだ話が進んで...(→続き)
第4位
最も人気のある記事
天気のいい日はオープンか?!  こんなに...(→続き)
第5位
最も人気のある記事
JR江別駅前は、日曜日に関わらず人っ子一人歩いて...(→続き)
第6位
最も人気のある記事
この間の日曜日は…  早いもので今日で8...(→続き)
第7位
最も人気のある記事
そろそろタイヤ交換しなきゃ…と思ったら! ...(→続き)
第8位
最も人気のある記事
雪道を走ると…  先日、通勤途中で会ったもの...(→続き)
第9位
最も人気のある記事
よみがえるダイナマイト打線!!  開幕前にこ...(→続き)
第10位
最も人気のある記事
更新サボリがちですが…  ここのところ、...(→続き)

momo-cafe
Special Thanks to 通信制高校

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET