寒い寒い冬の夜は…
2012年01月28日(土) 21:58
美しくも哀しいお話


 最近、買った絵本は『赤い蝋燭と人魚』。皆さんも子供の頃に読んだことがあると思います。

「人魚は、南の方の海にばかり棲んでいるのではありません。

 北の海にも棲んでいたのであります。」という美しい書き出しで始まる小川未明の名作です。それを絵本作家の酒井駒子さんのゾクッとするほど美しい絵描いたこの絵本。ぜひ書店や図書館で手にとって下さい。

 人間の心の闇のような漆黒が印象的な絵本。「よるくま」など子供を可愛らしく描くのに定番のある彼女ですが、美しくも哀しく、おどろおどろした物語は、彼女の絵無くては成立しないかもしれません。おすすめです。


寒い夜にはスパイスで



 久しぶりに風邪をひきました。それもやっかいなのを。やばいなぁと思ったのは、火曜日のこと。「あ、のどが痛いなぁ。」。
 でも商売柄、大声でしゃべり続ける訳ですのでその日が終わると、声がそうとうハスキーになるわけです。火曜日の夜、例の水漏れ事件の件で業者との打ち合わせがありました。こちらは、家の補修は全額火災保険からまかなわれということで、床材張替えとか、壁紙や天井の張替え、照明器具の交換といった内容。さらに損害の家財道具は施工業者の保険でまかなわれるそうです。
 この工事は1週間以内で完了する予定ですが、その間暖房・給湯、水周りを取り外す必要があるため、暖かくならないと出来ないそうで、5月下旬が予定日だそうです。その期間は別の所に住まうかもしれません。まぁそんな打ち合わせも終わり、晩飯を食おうと向かったお店が、何度か登場してますが『Hot Spice』です。


 寒い日に暖かいラーメンというのが定番なのかもしれませんが、私ラーメンがちょっと苦手なのでスープカレーで。のどが痛いですが、スパイスがもしかしたら逆にいいかも…と何の根拠もないのですが、カレー好きなので良しとしましょう。

 オーナーさんは、アンティーク好きなので、店内もそんな雰囲気で一杯です。


 平日の夜なので、静かな雰囲気で、ライス大盛り無料とかコーヒー無料なんてサービスも充実。美味しくいただきました。身体もしっかり温まりました。


 しかし今年の冬はドカ雪か寒い日かという冬らしい冬です。木曜日の朝通勤時の江別で観測しました。この時の外気温は「−22℃」。
なんですか、この寒気。やばくないですか?私の中でこの冬一番の寒さでした。ちなみに翌日の金曜日、とうとう風邪悪化でダウンしてしまいました…。



ムルティプラは名乗らない!



 噂の新型ムルティプラ。フィアット500ベースという噂がありましたが、大体こんな感じなんですね。誰が見ても頭に浮かべるのは、ミニクロスオーバー。フィアット500のMPV…これは売れそうです。チンクじゃやっぱり狭いし…という人にはピッタリです。ツインエアも健在なので燃費もいいでしょうし。

 気になる名前はやはり「ムルティプラ」ではなく「500L(ラージ)」らしいです。もっとも6人乗りじゃなきゃ「ムルティプラ」じゃないですよね。
『しあわせのパン』
2012年01月22日(日) 23:48

 先日の土曜日から北海道先行上映される映画『しあわせのパン』。
「北海道」「パン屋」「大泉洋」「原田知世」「矢野顕子」「忌野清志郎」と いう好きなものの組み合わせな映画。まぁ、脚本が駄目でも何でも観る価値ありかと思い近所の劇場へ。
 到着して、駐車場にクルマを停めて、気がつきました。

「あ、サザエさんだ…。」

そう、思いっきり財布を家に忘れておりました。てなわけで、もう一度やり直し。自宅に戻ります。あぁ、地元の映画館でよかったです。


 主人公の2人。彼らは静かな演技でした。特に原田知世の透明感のある佇まいが素敵です。

 そして、もう一つの主人公のパンやコーヒー、そして料理が本当に美味しそう。


 舞台は北海道の洞爺湖にある月浦という町が舞台。その湖畔にひっそり立つパン屋『マーニ』。そして、春夏秋冬の美しく幻想的な風景も見所。北海道ですがどこか北欧のような雰囲気です。


 カフェの中の、テーブルや、ディスプレー、食器など、注目して観ていたらいろいろな発見があってとても楽しいです。これは、DVD化したら何度も観て楽しめそうです。
 この『マーニ』は月浦に実在する『パン工房 ゴーシュ+CAFE』がロケ地だそうです。雪とけたらブラっとたずねて見たいところです。


 まだ観られていない方も多いと思われるので、多くは語りませんが、見終わった後優しくなれる、そんな映画でした。と同時に、無性にパンが食べたくなったり、パンを焼きたくなったりする映画でもあります。
 是非、時間があれば劇場に足をお運びください。
空気は流れる
2012年01月20日(金) 20:21
ディフューザーのちから


 先日札幌の青ルーテシアRS乗りの“くま朗”さんのブログ(http://minkara.carview.co.jp/userid/344602/blog/25160125/)で、ルーテシアのディフューザーの威力について書かれてました。それを見て、私もこの効果を確認したくなりました。

 ルーテシアのリアは、ハッチバックのためちょっと走ると雪で真っ白になります。しかし、バンパーに取り付けられたディフューザー付近にはほとんど雪がついておりません。


 空気がきちんと流れているのでしょうね。カタログでは時速130km/h以上でダウンフォースを発生するとのこと。ルーテシアRSは空力をかなり考えられているようです。かざりやはったりでないことは、この写真からもよくわかると思います。くま朗さん、無断でブログ参照させてもらいすみませんでした。


今日の仏蘭西さん



 某大手家電量販店にて。初代カングーの1.4です。しかも色はイエロー。私の好きな(欲しい)組み合わせです。現行カングーも好きですが、やはりこのサイズと道具感あふれる初代が好きです。どこかにお安い初代カングーないでしょうかね。


HAPPY BIRTHDAY!



 先日、相方のモモヤナギ嬢の誕生日だったので、仕事帰りにケーキを買ってきました。こちら『morimoto』の冬季限定のケーキ。ラスト2だったので、ついつい買っちゃいました。



RENAULT PRESSE
2012年01月15日(日) 20:22
準備始ってます!


 土曜・日曜と演劇関係の仕事で大通公園近辺へ。
今、大通公園には重機とダンプカーがいます。そして何やら足場が組まれておりますが、これは何だかわかりますよね。
 これから、さっぽろ雪まつりの大雪像製作が始ります。これを見に札幌に来られる方は、雪まつり前日の夜に眺めるときれいな雪像を楽しめます。また、最終日の翌日の午前中が圧巻。大雪像解体ショーを見ることができます。いかがでしょうか?


12の話



 毎月ルノー札幌から定期的に「RENAULT PRESSE」という小冊子が届けられます。それとともに「RENAULT SAPPORO NEWS」というディラー独自のチラシが同封されます。この中にルノーにちなんだネタが紹介されています。今回は「2012年にちなんでRENAULT12」の話です。担当されている営業T野さんは「本当はもっとディープな話を書きたいのですが」とおっしゃってます。どうぞ遠慮なく、思う存分マニアックなネタを書いていただきたいものです。

 ところで12のゴルディーニのストライプはちょっと変わった入り方をしてますよね。
 

 今月のノベリティは「フランスの焼き菓子 Gateaux de Voyage」のガレット&フィナンシェ。「RENAULT PRESSE」では、正月に食べる伝統的なパイ菓子ガレット・デ・ロワのお話が紹介されております。クルマだけではなく、フランスの習慣や文化を知ることで、よりフランス車、ルノー車を楽しんでもらおうという趣向なので、毎月実は楽しみにしております。


 仕事帰り、ルノーに行くと、メガーヌ2RSの「ま」さんが、来ておりました。ダブルRSでパチリと撮影。


おまけ…三連星あらわる!
 


 先日、札幌某所の交差点にて。トヨタプリウスが三台並び、仲良くかどうかわかりませんが、そろって信号待ち。同じクルマ3台横並び、実はそうそうないかなっと。プリウスがとんでもなく売れているという証拠でしょうね。
家族と暮らす家具
2012年01月10日(火) 14:17
東川2日目です

 天人峡パークホテルをチェックアウトして、東川町の道の駅『道草館』で作戦会議。東川には色々なカフェやクラフト工房が数多くあります。どれもこれも魅力的です。

 そんな中、昨日お話したきたムルさんから聞いた『北の住まい設計社』へ行くことに決定。

雪がかなり強く降る中、「クラフト街道」と呼ばれる森林コースをひた走ります。途中クラフト工房や、カフェが点在してます。そして、廃校を再利用した事務所が見え、その奥にショールームがあります。


 到着すると、雪も次第に小降りになりました。それでは、まずはショールームを見てきましょう。


 私もモモヤナギ嬢も家具・雑貨・食器を見るのが大好きな人間ですので、ここのショールームはもう悶絶するほど楽しいです。
 

 広いショールーム、1Fは食器・雑貨を中心としたギャラリー。2Fは天然のムクの木を使った素敵な家具のショールームとなってます。

 木材の乾燥から製作まで全ての工程をここで行っています。この日は祝日なんで工房の見学が出来ませんが、別の日ならそれが出来るそうです(スタッフに声を掛けてくださいとのこと)。

 ちなみに家具製作に有機溶剤が使われていることが多く、その関係で工房の見学はあまりさせているところは少ないそうですが、ここは天然にこだわっているため工場見学が可能なのだと説明されました。

 もちろんここの家具はそりゃあ素敵なお値段ですが、様々な説明を受け、家具を見ると結構納得のお値段に感じます。一生ものどころか、何代か使い継ぐことが出来ることを考えたらむしろ安いのでは?とも思ってくるから不思議です。もちろんそのためにはメンテナンスも必要ですが、逆にそれをするからこそ愛着が沸くというわけです。

 使ううちに風合いも変わり、もし不幸にも傷をつけてしまっても、その傷跡も他の部分と同じく色が変わり、傷も家族の歴史になるわけです。まさに家族と暮らす家具というわけです。2人ともかなり「欲しい」モードになってしましました。


 ここはショールームだけではなく、カフェも隣接しております。またカフェの1Fでは、焼きたてのパンの販売もしております。


 それでは行ってみましょう、


 それにしても、北欧の家具や雑貨も扱っているだけあり、冬に来ると北欧の森林に来たかのようです。


 このカフェ、単に飲食物を扱っているだけではなく、ここの家具の使い勝手や機能を実際手で触れて、チェックするショールームでもあります。


窓から森を眺めながらゆっくりと過ごせる落ち着いたお店。この日は他にお客さんもほとんどおらず、いい雰囲気です。窓辺で店員のおねえさんが、りんごを並べて、撮影してました。お店のブログに使うのでしょうか。ちなみに東川町は写真の町としても有名ですしね。


 お店に入った瞬間、焼きあがるピザのいい匂いがしていました。ですから、メニューにいろいろありましたが、「本日のピザ」を注文。この日のピザは長芋のピザ。カリカリに焼けたピザにシャキシャキ感のある長芋。あぁ幸せです。

 ここで食事した後、再度ショールームを眺め帰路につくとしましょう。他にも行きたいカフェや工房、蕎麦屋さんなどまだまだありますが、次の機会にとっておきます。5月頃新緑の頃がまた素敵だと聞いてますし。

 帰り道、再度「しのぱん」さんに立ち寄り、お土産用に蒸しぱんを購入。


 帰り道、美唄でルーテシアのオドメーターは「22222km」。かなり前からカウントダウンしながら。ちょうどの瞬間、信号で停止したのでばっちり撮影です。
 
 で、まっすぐ帰宅…ではなく、寄り道です。ご存知ルノー札幌。何しに北かと言うと…


ネタは最後にやってくる



 これです。よくわからないかと思いますが、写真の赤い楕円形に注目。塗装が剥げているがわかるでしょう。

 これは…この日の朝まで時間を巻き戻します。天人峡パークホテルでの朝食の時です。ちょうど座った席から、駐車場のルーテシアの姿見えます。ただ、どこかいつもの姿ではありません。…2本のワイパーが天に向かって上がってます。他の車もそうです。北海道の冬にはよく見る当たり前の光景。寒さでワイパーゴムがガラス面に凍結固着するのを避けるためです。

 しかし、道内のルーテシア乗りの方はもうお分かりですよね。

ルーテシアはこれをやると、ボンネットの端に干渉するため、絶対上げてはいけないことになってます。納車の際にもT野さんから、しっかり説明がありました。ま、これはルノーの構造上のミスな気がしますが、そもそも彼の地ではワイパー上げる行為をすることはないのかも知れません。

 夜のうちに雪が降り、旅館の方が気を遣い、クルマの上の雪を下ろしてくれたようです。その時に「親切に」ワイパーをあげてくれたのでしょう。
 
 その結果、見事に塗装が剥がれ落ちてます。悪意は無いんですがね…。

 聞いた話によると、この辺りの旅館で同じく雪下ろししてくれたのはありがたいが、ボディにスクラッチ傷を作られたという事あるそうです。年配のかたは平気で、クルマにつもった雪を“ジョンバ(雪かき用のスコップを年配者はこう呼びます)”でかいたりしますからね…。

 一応、フロントに申し出て塗装費用は旅館持ちですぐに修理して下さいとのお話をしてもらえましので、ルノーにいるのです。てなわけで近日短期入院します。




今日のスズキくん



 帰り道、岩見沢あたりで、黄色いスイフトスポーツと併走状態となりました。先日新型が出ましたので、先代という表現になりますが、私はこいつが好きです。実は初代のスイフトスポーツを買おうとも思ったくらいですので、ホットハッチがやはり好きなんでしょうね。

 で、ルノーの後、某ファミレス系パスタ屋に寄り、食事後帰ってくると横にまたまたスイスポが!形は違いますが、何となくルーテシアRSと雰囲気似てますよね。新型早く試乗したいものです。


 これ、温泉の格安宿泊プランに付いていたおまけのストラップ。この不気味なゆるキャラは「ハゴロモン」だそうです。天人峡にある「羽衣の滝」にちなんだキャラ。うーん、微妙…。コレ買ったら450円くらいです…買わないな。
秘湯樹氷ドライブ〜東川へ行こう!
2012年01月09日(月) 23:27
冬に咲く華


 朝少しだけゆっくり起きると、外は青空。よーく見ると、空気がきらきら輝いています。

「ダイヤモンドダストだ…」

ってことは、めちゃめちゃ寒いということです。でも本当にきれいな朝です。
ちょうど、この日東川町在住のムルティプラ乗り「きたムル」さんの所に、ムルティプラのホイールキャップを届けにいく予定となってます。と同時に、インターネットで東川町にある温泉宿泊を、安く取ったので、のんびりしようという計画です。

 9時前に出発したわけですが、江別市内の街路樹は真っ白。樹氷です。


 もうみるみるうちに外気温が下がり、江別なのに「-19℃」。ってことは、日の出前は-20℃を軽く下回ったってことです。もう青空に、真っ白い木々。この世で最高に美しい風景。


 今年も豪雪な岩見沢にて。江別の隣町ですが、噂通りの積雪量。


 国道12号線を旭川に向かいルーテシアを進めます。砂川辺りの風景ですが、こちらも見事な樹氷。


 青空・白い木々・そして真っ赤な鳥居のコントラストが見事です。青・白・赤で実はトリコロール(笑)。


 美しい風景を楽しみながら、東川町へ。そしてお昼ごろ、きたムルさんの所へ到着。お店「しのぱん」も冬季営業となり、日曜日オープンしています。


 この間、足回りの初期化をされたムルティプラ。見事、可愛らしいお店のアイコンとなっています。

 お宅でコーヒーをご馳走になり、あれやこれやと楽しいお話を。そして気がつけば、あっという間に14時30分となりました。お忙しい中、もうしわけございません。で、きたムルさんから、東川情報をいろいろ仕入れました。この町、本当に楽しい町なんですよ、かなり。


 遅い昼ごはん用に「しのぱん」さんのむしぱんを購入。私は「きんぴら」「たまご」「つぶあん」の3種。ちなみにtwitterでしのぱんさんをフォローすると、お店のむしぱんの在庫状況がリアルタイムでわかります。


天人峡温泉へGO!



 今回の旅のお宿は、天人峡パークホテル。ここは東川の奥にあるんですね。写真を見てわかると思いますが、かなり古い旅館です。トンネルを抜けてすぐに左折なんですが、あまりに突然なんで、ついつい直進しちゃい天人峡グランドホテルに着いちゃいましたw。


 16時15分頃到着。駐車場は先着順とHPに書いてました。ここまできて駐車場がなかったらどうせ、というのでしょう。

 ちなみに、ここは隣の旅館と共用の駐車場ですが、このことが翌朝、笑えない(いや、笑う?)話になるということは、まだ「誰も知らない知られちゃいけーない(デビルマンのED曲に合わせてどうぞ♪)」とこです。

 格安プランの部屋は8畳で、夕食・朝食付き。ちなみに格安だけに、この部屋2階大宴会場の向かいなのですよ…。

 大浴場は(特に大きくないですが)24時間入れるそうですが、露天風呂は冬季間閉鎖だそうです(なんで?)。


 で風呂に行き、しばらくすると部屋食がやってきます。おー、いつもの弾丸ツアーなら、走りっぱなしで、コンビニ飯を運転しながら頂くわけですので、こりゃ、贅沢というものです(格安パックなんですがw)。

 もう部屋でダラダラしてると、おばさまたちのカラオケの熱唱が響くので、NHK大河新番組の「平清盛」なぞを観てました。最近の大河は歴史改ざんが甚だしいので、一応専門家の端くれとしては、あちゃーです。

 ただ今回の、このドラマは、最初からかなりフィクション全開でやってますので逆に安心して見られるので面白そうです。でも松田聖子はないよなぁ。
スポールの香りって?
2012年01月06日(金) 22:31
阪神VS巨人


 某駐車場にて。オレンジのアウディTTとイエローのルーテシア。何だか巨人、阪神みたいですね。色の鮮やかなクルマが並ぶと、ちょっとその場が華やぎます。


ルノー札幌初売りへGO!



 ルノー札幌へ。何故かというと最近、ルーテシアの右フロントスピーカーが職場放棄しがちです。購入時には左スピーカーが職場放棄したので、クレーム保証で交換したわけですが、今回は右です。ですからスピーカー交換をお願いに来たというわけです。


 今年初ルノーですが、ショールームのいつもの定位置にカングーが鎮座しております。しかし、このカングーはマイナーチェンジ後の新色。「マロンショコラ」というとても美味しそうな名称のカラーです。

 スピーカーを注文し、営業T野氏と歓談し、帰ろうと思った時、もう一つの用件を思い出しました。

 実は年末、「おでん」をもらって帰った時、おでんを入れたジップロックに穴が開いていたらしく、ルーテシアのリアシートに、ツユがドドドドっと染み込んでしまいました。気づいて、洗剤をつけたタオルで拭いてみましたが、どうして匂いがとれません。窓開けておいたり、消臭スプレーを使ったりとあれこれしたものの、やはり微かに匂いが残ってます。

 かくなる上は、クルマに別の匂いをつけて、おでん臭を消すしかない。ただ、クルマの芳香剤は個人的には苦手です。ですからカー用品量販店で売られているヤツはできれば、パスしたいわけです。

 そこで、今回相談したのがこれです。 


 はい、ルノーのアクセサリーオプションの「アロマ・ディフューザー」です。フランス車はプジョーもシトロエンもオプションでありますよね。香りにこだわるのもどこかお洒落なフランス車。
 ルノーはシガーソケットに差して使うタイプのものがありました。香りは「シトラス」「フラワー」「スポール」の三種類。

 「シトラス」「フラワー」と言われると、香りのイメージは付きますよね。気になるのは「スポール」。ルノースポールオーナーとしてはこの「スポール」が気になるは必然。

 「T野さん、スポールってどんな香り?」
 「いやぁ、私も知らないんですよね。」
 「スポール…スポーツの匂い…まさか…汗の匂いじゃないですよね。」
 「いや、さすがにそんなわけはないでしょう…。」

残念なことに、ルノー札幌にこの「スポール」の在庫はないようで、お取り寄せになるそうです。興味津々ですが、また今度ですね。ちなみに、ネットで調べると「スポール」はミントの香りだそうです。

 そんなわけで今回は「シトラス」を購入。気になるお値段は3360円。アロマだけなら1575円。


 中身はこんな感じです。RENAULTロゴの上部の黒い部分をズボッと抜き、そこに付いているパッドに、横の小さなビンのアロマを数滴たらして、シガーソケットに装着すると香りが出てきます。スイッチがついており、切り替えると、香りの強弱を調整することが出来ます。

 使ってみて、車内のおでん臭、気にならなくなった…かな?


スバルへもGO!



 元スバルオーナーとしては気になるのが新型インプレッサ。5ドア化したせいでイマイチぱっとしなかった先代(3代目)に変わり、かなり気合を入れてつくったこの4代目。それにしてもスバルににくるの何年ぶりかな。


 ショールームには新型の5ドアが展示されてます。5ドアは「インプレッサSPORT」と銘打ってます。見た目は先代よりも大きく感じますが、全長・全幅・全高・ホイールベースなんかも全く同じ数字だそうです。エッジがビシビシと立ってます。結構いい感じです。


 個人的には気に入らなかった先代のインパネも、オーソドックスなものになってます。後席も広く感じます。この5ドア、ショートワゴンとして使えそうです。

 スバルの営業Tさんが対応してくれました。この方、初めてお会いしましたが、非常に感じの良い方でした。車好きということが伝わってくる人柄の方でした。インプレッサを見ているとすぐに「試乗どうですか?」と声をかけてもらったので、喜んでお願いしました。

 試乗車は「インプレッサG4」と名乗るセダン版。先代は「アネシス」というサブネームで、セダンを途中で急遽投入されました。今回は同時デヴューです。レガシィが大型化してしまった訳ですが、このG4は、まさに5ナンバーだった頃のレガシィB4とほぼ同じくらい。このG4がレガシィB4だったらけっこうスポーティだったはずです。


 乗ると、非常に滑らかで、安定性の高いクルマでした。今回はアイドリングストップやら何やらで燃費向上のエコカーとなってます。アイサイトも装備されてます(怖くて試してませんがw)。

 150psの2.0リッター水平対抗エンジンには好印象。新型インプレッサいい車でしたよ。ターボモデルはないです、というアナウンスですが、間違いなくSTI版が出るでしょうね。ついでに来月、「BRZ」が出ます。スバル初のFR、しかも日本車としては久しぶりのスポーツカー。これも気になりますね。
残念なおはなし2012!
2012年01月03日(火) 10:00

 2012年のお正月、皆様はいかがお過ごしでしょうか?私は自堕落でダラダラゴロゴロな日々を過ごしております。雪もあまり降らないし、とても素敵です。
 しかし、毎朝我が家の玄関とガレージの前に散歩の犬が、おしっこをしていくのが残念な今日この頃です。


 1月1日の夜、江別神社に初詣に行きました。そこで今年最初の運試しを…


 フフフフ…、「大吉」です。私はおみくじ引くと結構「大吉」です。さすが凶運の持ち主…じゃなくて「強運」でした。

 「大吉」だけあって中身は結構いいことが書いてました!ただどこにも必ず「手順を踏み行動を」「手近な小さな事からひとつづつ」「順序の手抜きをしてはいけない」と口を酸っぱいほど書いてます。はい、私は直感で動く人間なんで、それが苦手なんですよね…。気をつけます…。

 ちなみにモモヤナギ嬢のおみくじはといえば…受験生が引いたら、ショックで打ちのめされそうな内容でした。


ここから残念なお話



 ヴィッツに搭載されている「スパイダーマン風」。さすが“風”だけあって、シャープさに欠けるそのフォルム。正月、雑煮を食べすぎてゆるんだ感じです。でも、残念なのはそこではありません。


 スパイダー…蜘蛛なはずですが、彼の背中に描かれたその絵は…

蜘蛛ではなくて…“ダニ”です…。痒そう…。


 もうひとつ残念なのは…「某セルフサービス食堂」の窓に貼られたセールの案内。こりゃあ、春から…


 で、こちらは。郵便局で年賀状を買った時のこと。ノベリティグッズ大好きな私としては「おっ!」と思う逸品。郵便ポストの形をしていたレターオープナーです。これを渡された時の郵便局員の言葉が残念!

「あ、これどうぞ…でも、使い勝手が悪いので…おもちゃとして使って下さい…。」

 歯切れが悪いこと悪いこと。

ちなみに取扱い上の注意には「小さなお子さまの手の届かないところで使用・保管してください」「本体ミゾの中には刃があります。絶対に指などを入れないでください。ケガや思わぬ事故の原因になります」

 これじゃあ、おもちゃになりませんがな!
YEAR OF THE DORAGON!
2012年01月01日(日) 17:47


 早いもんで、2012年のお正月です。昨年はクルマを通じて、多くの方々との出会いの多かった一年でした。今年も、北海道の大地を走りたいと思っております。

 このブログも来月で7年目突入!とはいえ、何だかダラダラと続いております。しかし今年のブログは、フレンチロケット、ルーテシアRSの話題を中心に、冷凍保存中の宇宙船ムルティプラは蘇生するのかっ!?、そして新型の噂が飛び交う、ホンダビートは!?、水漏れ騒動の自宅の顛末は!?そして、さらに衝撃の…!!

 まぁ、どうでもなブログですが、是非コメントでもいれて突っ込みよろしくお願いします。また、路上ではすぐに見つかるクルマにばかり乗ってますので見かけたらよろしくお願いします(何を?w)。

 日本全体を見ると、まだまだ「おめでとう」と素直に言える状況ではありません。しかし、少しでも良い一年になることを、私も期待しています。


“Apres la plule,le beau temps.”

「雨の後には良い日が来る。」

この言葉を信じていきたいものですね。

 | HOME | 

▲RENAULT LUTECIA3 RS ▲RENAULT Kangoo1 1.4 ▲FIAT MULTIPLA 
▲HONDA BEAT ▲Bianchi ROMA2 ▲Bianchi ALCAVALLO
第1位
最も人気のある記事
CLIO PH1〜2  ルーテシア(クリ...(→続き)
第2位
最も人気のある記事
4桁プジョー  世の中には、邪道と呼ばれるも...(→続き)
第3位
最も人気のある記事
フレンチベーシック  ルーテシア3が短期...(→続き)
第4位
最も人気のある記事
ルーテシアって?  このブログの主力戦闘...(→続き)
第5位
最も人気のある記事
契約解除の真相は?  今日仕事から戻ると、株...(→続き)
第6位
最も人気のある記事
支払いに行こう!  今日は午前中、学校祭で作...(→続き)
第7位
最も人気のある記事
まずは合宿から  本業は今、一番忙しいピーク...(→続き)
第8位
最も人気のある記事
走りたい時の道!  天気が良くて予定のな...(→続き)
第9位
最も人気のある記事
気になる進行具合は?  北海道の七夕に入...(→続き)
第10位
最も人気のある記事
袋のネズミ…じゃなくて…  今回のプリンです...(→続き)

momo-cafe
Special Thanks to 通信制高校

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET